バレエ鍼灸、バレエ整体、ターンアウト改善、解剖学講師兼フロアバレエ資格者による施術、アキレス腱痛、足首の捻挫、三角骨障害、股関節痛、膝痛、アラベスクラインの修正、フィギュア、新体操、シンクロジュニアの開脚改善、東京、代々木、バレエ治療院、鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

バレエライフを続けるために

現在、移行中のサイトですが、新サイトにプログラムミスが発生しており、ご迷惑をおかけしています。
当座の処置として、旧サイトを表示させております。

新サイトの表示は今しばらくお待ちください。

変更後)https://www.ange-acucare.com/

※ご予約の受付は、変わらず行なっていますので、ご連絡ください。

新サイトへの移行準備中です

 
 
バレエ治療院あんじゅのホームページは、現在新サイトへの移行準備にはいっています。
長らくつかってきたサイトですが、
より高い安全性を確保するため、全SSL化されているhttpsアドレスに変更することになりました。

変更前)http://www.acuare-ange.com/

変更後)https://www.ange-acucare.com/
 
予定では、3月21日には、新サイトへの移行がスタートすることになります。

バレリーナが知っておきたいこと

日々踊っていると骨盤のゆがみが気になることはありませんか。たとえば『脚が腰からはがれないような感じ』。そういう感じがある時、皆さんはどうしていますか?

そういう時って、ハムストリングがつっぱっていたり、股関節のつけ根がコキコキなったり、ある角度にすると痛みもでたり…そんな感じかあったりしますよね。そういう時、皆さんはどうしていますか?

ストレッチをしてもマッサージをしてもとれなくて…気になってはいるけれどそのまま踊り続けてしまうことも多かったりしませんか。

なぜかというと、どこへ行ったらいいか分からないから、だったりするのです。では、なぜ、どこへ行けばいいのかが、分からないのでしょうか。

それをたどっていって気づいた理由、それはバレエライフをおくっている人のためのセラピーを見つけることができないから、というシンプルな理由だったのです。

踊っている方は"これ"に気づいていない場合が少なくないのですね。

これとは、踊っている方のライフスタイルは、踊っていない方のライフスタイルとは違っている、ということです。

踊ることが生活にあるということ

踊っている人のライフスタイルがどんなかは、実は踊っている人はあまり気づかないんです。それは、踊ることが毎日の生活の中に自然に組み込まれているから。子供の頃から続けている人ならなおのこと踊らない生活のことは分からないかもしれません。

たとえばお正月やゴールデンウィークをどんな風にすごしたりしていますか?いつものお稽古場はお休みだけど、ほかに出稽古に行ったりしませんか?2、3日旅行をするときもお風呂の後にストレッチしたりしませんか?

レッスンがないときでも、気がついたらその時できることをやってたりする。そういう人は自分では気づかずにバレエライフをおくっているのです。いざ、いつものレッスンに戻った時に困るし…やっぱりすぐ動けるようにしておきたいし~
程度の差はあるでしょうが、プロでもアマでも考えることってあまり変わらないのです。


でもふつうの人はそういう風に考えることはほとんどないのですよ。だってそれは、毎日の生活の土台に踊ることがはいっていないからなんです。

ダンサーが困る時とは

毎日の生活に踊りがある人も、ケガをすることがあります。リハーサルが詰まっていたり、新しいヴァリエーションに挑戦していたり、日々のレッスンの疲れがとりきれないまま踊り続けたり。

ケガや不調の原因はさまざまですが、この段階までくると骨盤はとってもゆがんでいます。そしていろんなところに支障がきてしまっています。で、この時始めて困った…と思うのです。なぜって、どこに行けばいいのか分からなかったりするからです。

近所の整体や接骨院、整形外科にいってみたけれど、言われるのは『痛いなら休みなさい』『しばらく動かさないようにしてください』そういう言葉ばかり。

なぜなんでしょうか?それは、彼らが診ているのは一般の生活をしている人がほとんどだから。そして、見方、考え方が全く違っているのです。

ケガを治す医者やセラピスト達は、ケガを治すことが仕事なので、ケガを治すためなのだから、やめなさい、休みなさい、になる。バレエライフをおくる私たちとは全く違った考え方をするのです。

続けたいからきてるのに、続けるにはどうすればいいのを教えてほしいのに…同じ思いを私も沢山味わってきました。バレエを踊っているライフスタイルにあったセラピーがあればいいのに、の想いがあんじゅのセラピーを始めた理由でもあります。

そして、バレエのための骨盤矯正を始めたのも同じ想いから発しているのです。

バレエライフをおくる人のための骨盤矯正があればいい

骨盤矯正という言葉もいろんな所で見かけるようになりましたよね。骨盤はカラダの中心にあって、動きの中心でもあります。リハビリ技術をもっているセラピストや整体技術 をもつセラピストが骨盤のコントロールを語ることも少なくありませんよね。

でも一般のセラピーが対象としているのは、一般のライフスタイルおくっている人で、踊っている方ではないのです。

たとえば、よく言われる骨盤のゆがみに脚の長さの違いがありますね。この左右の脚の長さの違いですが、緊張している筋肉をほぐして調えていけば、両方の脚の長さを同じにすることはどのセラピストでもできたりすることなんです。

でも、ここで少し考えてみてくださいね。バレエで骨盤にゆがみででている場合も同じでいいのでしょう

普通に歩いたり座ったりもしているけれど、踊っていますよね。それも一ヶ月に1回とかではなく一週間に何回も。普通に生活をおくっている人は片足を高く上げたり(バットマン)、そのままキープしたり(ディヴェロペ)、周りたり(ロンデジャンブ)という動きをやることはないのです。


同じ骨盤矯正でもバレエの解剖学・運動学の視点にたったセラピーを受けた後のイメージと一般のセラピーとでは同じに感じますか、違いますよね。


セラピーを受けるだけじゃなく、解剖学の本を読んだ方もいらっしゃると思います。どうしてその本を手に取ったのかを思い出してみてください。セラピーを受けるのも、解剖学の本を読んだりするのも、ゆがまないでもっときれいにスッキリ踊りたいという気持ちがあるからではないでしょうか。


教えをされている先生の場合だと、生徒さんのラインをもっと美しくしてあげたい、その想いがあるからこそその本を手にとったのですよね。

クロワゼにクロスされたバレエ特有の美しいラインに近づきたい、その想いを実現するのなら、バレエの解剖学・運動学の視点にたったセラピーの方がより近道になるそう感じますよね。


バレエライフをおくる方のためのセラピーが大切なんです

ここ数年、日常生活にバレエ・ダンスがあるライフスタイルをおくっている方がとても増えてきました。以前は、子供の頃にバレエを習う子供はさほど多くはなく、限られた子供のうち極わずかな何人かがダンサーになっていった、バレエの先生になっていった、そういう時代でした。

けれど、今は、幼い頃から習う子供達以外にも、たくさんの方がバレエを踊る時代なのです。

子供の頃に習っていたけれど途中で止めたバレエを再開する方、社会人になってあこがれていたバレエを習 う方、違う仕事をやってみた後でバレエの先生になる方、子育てが終わってからバレエ復帰する方、更に50代60代になって初めてバレエに挑戦する方まで、ダンサーの卵やダンサー以外に様々な方がバレエを踊ってる、それが今の日本の現状です。最初は趣味で始めた人がその魅力にはまって、週1回のレッスンが週4回・5回通うようになる 、毎年パフォーマンスに出るようになる、大人から初めてもパ・ドゥ・ドゥを踊るようにまでなる、

バレエが日常生活の一部になっていく、そういうライフスタイルをおくっている人が増えてきているのです。バレエライフをおくっている立場でみると、バレエのための骨盤矯正だけじゃなくて、同じライフスタイルをおくった経験に基づいたセラピーがあればより安心だと思いますよね。


バレエライフをおくっていて気になるのは骨盤のゆがみだけではないですもの。

女性ならではの生理前症候群やお顔や背中のにきびはカラダのバランスの崩れ。これも一つのゆがみになります。次の舞台を前にメンタルがアップしないという状態も、同じくゆがみのひとつです。心のバランスが崩れている状態はカラダにもゆがみをもたらすのです。

そんな時に同じライフスタイルをおくっているセラピストのアドバイスがあれはどうでしょうか。


それぞれのライフスタイルにあったサービスが求められている時代。だからこそ、あんじゅはバレエライフをおくっている方のためのセラピーを提案しています。

あなたにあったバレエライフを続けていくために

いまのままでいいと言う方は、いまはそのままで、、、、、でも、でも、

ナチュラルなアンドゥオールを育てていきたい方
美しいラインで踊りたい方
踊っている毎日をより気持ちよくすごしていきたい方

ゆがみを解消するバレエセラピーの扉をたたいてみませんか~


あんじゅのバレエセラピー メニュー