バレエ治療院|ダンサーの鍼灸治療,コンディショニング,バレエ解剖学講座,ジュニアのコンクール・留学準備,フィギュア・新体操ジュニアの昇級テスト対策,新宿,代々木|鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院、ダンサーのためのバレエ鍼灸、バレエ整体、コンディショニング、バレエ解剖学講座、バレエジュニア・フィギュア、新体操ジュニアのトレーニング。バレエ治療院鍼灸スペースあんじゅ@東京代々木

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

エクササイズ動画ページ

スムースに前後スプリッツにいく方法

スムースに前後スプリッツをする方法を紹介します~

写真の方は、よくあるパターンですね。
脚を前後に開いて上から体重をかけていく。

このやり方で開いていく人もいますが、股関節の柔軟性が充分にない場合や、骨盤がしっかりたっていない人の場合は、上から体重をかけていくとハムストリングや股関節を痛める危険性があります。
 
正しくは、骨盤から脚の骨を引き離していくのです。
こうすると、左右開脚から自然に前後スプリッツになっていけます。

まず最初は、足から股関節まで脚を一本にして骨盤から脚を外へ外へを伸ばしていくイメージでスプリッツをしていきましょう。
その時、骨盤はしっかり立てて、脊柱は上へ上へ伸びていきます。
まず、できる角度から始めるのがコツ。ポイントは、骨盤をたてているところから始めること。そして、前のめりにならないこと。

骨盤と脊柱、骨盤と大腿の骨、これを外~に引き離していくのです。
動画を用意しました。参考にしてみてください。
 

あわせて解説編をみてみると、よりイメージがしやすくなりますよ~
バレエの骨盤のゆがみチェックリスト解説編⑤ 前後スプリッツができない理由