バレエ治療院|ダンサーの鍼灸治療,コンディショニング,バレエ解剖学講座,ジュニアのコンクール・留学準備,フィギュア・新体操ジュニアの昇級テスト対策,新宿,代々木|鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院、ダンサーのためのバレエ鍼灸、バレエ整体、コンディショニング、バレエ解剖学講座、バレエジュニア・フィギュア、新体操ジュニアのトレーニング。バレエ治療院鍼灸スペースあんじゅ@東京代々木

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

バレエのためのセルフケア

バレエのためのセルフケア

踊るためのセルフケア、皆さんはどうしていますか?

「セルフケアって?」
踊ることには一生懸命だけど、自分のカラダは案外ほったらかし、足の皮膚はかさかさ、痛いところがあっても続けてしまう。。。こんな人もいるのでは?

あんじゅで治療を受けた後、「自分では何をすればいいですか?」と聞かれることがあります。自分のカラダに真剣にむけあっているからこそ、次に良いパフォーマンスが生まれるのです。

踊るカラダは楽器と同じ。
楽器は定期的にメンテナンスしないと、ちゃんとした音が出ない。
バレエ・ダンスを踊っていくにもメンテナンスが大切なのです。
 

メンテナンスは大きく分けて、二つあります。
一つは、治療院にきて受ける治療、定期メンテナンス
 
膝痛、肉離れ、アキレス腱炎症、股関節痛などバレエ・ダンスのケガが治ってからメンテナンスをする理由、それは、カラダを常に踊るバランスに戻してあげるため、なのです。

そして、もう一つあるのが、自分でするセルフケア、です。

疲れがたまっていて、稽古場にいくのもダラダラ…なんて時も、着替えてバーについて音楽がかかると動けてしまう、こんな感じってよくありますよね。で、踊っているとだんだんエンジンがかかってきて、終わると、ハイ大丈夫、とそのままタイトなスケジュールを続けてしまう。移動中も音楽聞きながら振りの確認をしたりして、カラダも音楽に合わせて微妙に動いている。そうやって、動けてしまうから案外気づくのが遅くなる。。。直ぐ治療院に行きたくても、スケジュールが詰まっていていけない…治療院の予約が取れないこともあります。そうやって後のばしてしていると、本当のケガになってしまうのです。

だからこそ、日々の終わりに、又レッスンの切れ目にセルフケアをいれていく、これが自分でするメンテナンス、セルフケアです。

この二つが踊り続けるには、大切なポイント。
そしてこのコーナーでは、自宅で自分で出来るセルフケアについて紹介します。