バレエ治療院|ダンサーの鍼灸治療,コンディショニング,バレエ解剖学講座,ジュニアのコンクール・留学準備,フィギュア・新体操ジュニアの昇級テスト対策,新宿,代々木|鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院、ダンサーのためのバレエ鍼灸、バレエ整体、コンディショニング、バレエ解剖学講座、バレエジュニア・フィギュア、新体操ジュニアのトレーニング。バレエ治療院鍼灸スペースあんじゅ@東京代々木

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

フィギュア・新体操ジュニア

フィギュア・新体操ジュニアのためのパーソナルセッション

年少、年長から続けているのに必要な技がうまくできなくて飛びたいジャンプが飛べない、昇級テストに合格するか心配。
このようなフィギュア、新体操ジュニアが抱えている問題は、実は柔軟性の不足だけではありません。
 
力を入れて反る、飛ぶ、開くを続けた結果、膝、股関節を痛めて競技を休む、止める、そうならないためのカラダの使い方をサポートする、それがフィギュア、新体操ジュニアのためのパーソナルセッションです。

こんなことはありませんか?

フィギュア
 
ビールマンスピンなどを診ていると、反って足を持とうとする腕が思わぬところからにゅぅっとでてくる。
 
 
新体操
 
あごや額など、頭の一部だけで、むりやり後ろに反ろうとしてグラグラしてしまう。
 

何が起きているのでしょうか?
 

 
単にカラダが硬いのではない、充分柔らかいのにつっかえる、姿勢がぐにゃぐにゃしているのに技になると動ける、反面、肩、腰、足など細かい部分がうまく動かせないためカラダ全体としてはつっぱって見える。
 
 
このようなことがなぜ起きるのか?これまで、診てきた症例から
 
 
バレエと違っている点
バレエとは違い動きによりスピードと重量がかかっているため着地やジャンプなどで、脚や体幹の大きな筋肉の力も必要である
バレエ同様に開脚やそってなどでは、180度以上開く柔軟性が求められる
バレエシューズやポワントとは違い、ほとんど素足に近い状態で競技をする。練習する床の状態がとても固いことがほとんど。
ジャンプならジャンプを何周も繰り返し練習する
 
 セッションでの気づき
年少、年長からの練習歴で、全体的な身体力(筋力、瞬発力)が鍛えられている
きちんと診ると柔軟性はあるのに、動くと左右差や歪みがあってうまくカラダを使いこなせていない
逆に、半端ないくらいの瞬発力があることが、逆に細かく柔らかくつかうことを阻害している
 
何が必要か?
 
カラダは筋肉だけでできているのではなく、途中とちゅうに関節があります。その関節のつながりを無視して力で解決しようとするとカラダは反発して逆に硬く感じるのです。それが技の習得を阻害していることが少なくありません。
 
技の土台になるカラダのつながりをきちんと見直すこと、それが、ビールマンスピンやMGバランスを代表とする規定項目をクリアするステップとなります。
 
 
これまでの対応
日常の練習で行なっている基礎トレーニングから、どこがつっかえるのか?その原因を診ていきます。
体幹の支えが足りない、腕の力が足りない、つま先の伸ばし方に力が入りすぎているなど、部分部分を修正していきます
 
ビールマンスピンやMGバランスなどの動きを基本的なポーズに分解して、各部分を個別に練習していきます。
 

技が完成されていくその根拠

1. 開業以前1998年からつづく解剖学への取り組み
ふんばってまわそうとしていまう原因の一つは具体的な場所があいまいだからです。プリエで使いたい膝はどの部分か、骨盤はどこを意識したら平らになるのか?解剖学の講義内容から必要な要素をピックアップしてエクササイズを解説していくので具体的でわかりやすいのです。

2.のべ6、000件の治療経験からくるフィードバック
バレエだけでなく、モダンダンス・ジャズダンス・ベリーダンス、ラテンダンス、社交、スパニッシュダンスに加え、ミュージカル俳優などのカラダを診てきた鍼灸スペースあんじゅ。これまでに、フィギュアスケート、新体操ジュニアのカラダも診てきました。開業10年、治療学からのフィードバックを加え、力の抜き方やカラダの支え方、足指の使い方など、具体的に伝えています

3.Barre au Sol (バー・オソル)のアスティエメソッドの資格
フランス人の元カンパニーダンサーでありバレエ教師であるアラン・アスティエ氏が確立したバレエエクササイズ、バー・アスティエは徹底したバレエの解剖学を元に構築されています。このアスティエメソッドのエクササイズ、そしてその教授法を加え、ふんばらないでアンドゥオールしていくカラダの使い方を伝えています。
 
4.徹底したオーダーメード
通常のレッスンは少なくとも10人以上の生徒が一緒に学ぶスタイルです。スゴン・タンジュに出した足がバナナになっていても、ひとりに10分かけてカラダ全体のアプロンから直していくということはできませんね。レッスンというスタイルではつかみきれない部分をみる、それができるのがパーソナルセッションの特徴です。
元々、日本には一対一でおこなう「稽古」の伝統がありました。一人ひとりのカラダは全て同じではない、だからこそ、パーソナルでやることに意義があるのです。

セッションの内容

最初に、カラダの歪みを診ていきます。そして自分自身でもどうゆがんでいるかを感じてもらいます。これがスタート地点です。

セッションの内容は、以下4つのポイントが軸になっています。

アンドゥオールしていくための4つのポイント

1)太ももの力をぬきターンアウト筋を意識して使えるようになる

2)ディヴェロッペ筋を効果的に働かせるようになる


3)肩甲骨と骨盤のコーディネーションでトルソを安定させる


4)エカルテ・4番アラベスクなど、バレエ的なひねりをつくっていく



バー・アスティエのエクササイズに加え、一人ひとりのカラダは目的やカラダの特徴を考慮し、最大限の効果をだせるよう、エクササイズをくんでいます。

 
ボール・エクササイズやセラバンド・エクササイズも本や動画などを見て自己流にやると全く違う筋肉を使ってしまう危険性があります。これらのエクササイズに関してもバレエの解剖学的に正しい使い方を伝えています。
 
その他、セッションの内容は、こちらからご覧ください。
 

メニューの流れ

バレエ治療院として実績

こちらでは、主にバレエ治療における成果をご紹介します
 
2013年
イン横浜バレエコンクール 赤い靴賞
 
2015年
新国立劇場バレエ研修所予科生合格
フラップバレエコンクール B 優秀賞2名   
第5回川崎全国バレエコンクール 6位
埼玉県全国舞踏コンクール 奨励賞
ティアラジュニアバレエAクラス 合格
 
2016年
AMスチューデンツ 合格 2名
Kバレエユース 合格 1名
海外留学生サポート(露・独) 3名
 
2017年
ロイヤルウイニペグバレエ サマーコース ビデオオーディション合格 1名
ロイヤルウイニペグバレエ TTPコース合格 1名
 
 
ターンアウトアップ 成果1
 O脚がすっきりしたラインに変わる
ターンアウトアップ成果
カエルのポーズ完成(子供)

よくあるご質問

Q バレエではなく、フィギュアスケートを滑っているのですが、このメニューは受けられますか?
A
 ターンアウトアップ+プラスではこれまでも、フィギュアスケート、新体操ジュニアのサポートをしてきました。

また、バーアスティエ協会のアラン理事、坂東理事とも、フィギュアスケートの強化選手、新体操フェアリージャパンのトレーニング講師をされています。それは=バー・アスティエがバレエをベースに様々なムーブメントに対応するバーオソルである証拠でもあります。
 
Q バー・アスティエはどんなエクササイズですか?
A フランス人の元カンパニーダンサーでありバレエ教師であるアラン・アスティエ氏が確立したバレエエクササイズです。一般的な解剖学を基礎とする整体の理論やリハビリテーションが元であるピラティスとは土台自体が異なっており、エクササイズの組み合わせ発展が振り付けになるダンスムーブメントでもあります。
 
Q 今、ピラティスをうけているのですが、それとの違いは何ですか?
A 現在世界のバレエ学校においてもピラティスが授業として取り入れられているのは、エクササイズのジャンルとして共通点があるからです。しかし、ピラティスの理論は全てバレエの解剖学に基づいているのではないため、テクニック向上のためにピラティスを受けるのであれば、バレエダンサーやバレエ教師でピラティスの資格を持っている方のクラスを受けるのがベストです。
また、ケガの裏には、必ずと言っていいほど関節のゆがみが存在します。このことから診て、踊る方には、関節の方向を考えておこなうマシーンによるピラティスをオススメします。
 
Q 持ち物は、何が必要ですか?
A お子さんの場合は、レオタードとタイツ持参でいらしてください。
 
Q どのくらいのペースで受ければいいのですか?
A フィギュアスケート、新体操ジュニアは、練習そのものがバレエとは異なり、かなりの筋肉トレーニングを積んでいます。手脚、背中体幹のパーツを動かす支えるコツがつかめると、ビールマンスピンやMGバランスなどが比較的早くできるようになっていきます。ジュニア一人ひとりのカラダの個性が違いますので、必要な回数などは初診時に診てからお話致します。

フィギュアスケート・新体操ジュニアサポート メニュー詳細

ずっとがんばって練習しているのに技が習得できないのは、柔軟性だけの問題ではありません。
カラダは筋肉だけでできているのではなく、途中とちゅうに関節があります。この関節のつながりを無視せずにカラダをコントロールする。これが分かることで、飛びたいジャンプや大技ができるようになっていきます。
 

初回 90分 ¥12,000   
2回目以降 60分 ¥8,000





初回は以下の内容が含まれます。
 
○現在の悩みや状況を書いていただく時間
○姿勢やカラダのゆがみのチェック
○具体的なエクササイズや技につながる運動の指導
○他、質問等あればお答えしています
 
初回のプログラム時間は90分ですが、インからアウトまで約100分~120分の時間をみてご予約ください。
 
ご予約方法 ①メールフォーム ②お電話
 
近々の予約状況は、今月の予約状況(ニュース欄)をご確認の上、ご連絡ください。
それ以降の日程を希望する場合は、診療日、時間を確認の上、ご連絡ください。
 
 
 鍼灸スペースあんじゅ診療時間
 
 
 
 
最終受付19:00

メール フィギュアスケート・新体操ジュニアのカラダ作りご予約フォーム
 
電話  090-9362-0080