バレエ鍼灸、バレエ整体、ターンアウト改善、解剖学講師兼フロアバレエ資格者による施術、アキレス腱痛、足首の捻挫、三角骨障害、股関節痛、膝痛、アラベスクラインの修正、フィギュア、新体操、シンクロジュニアの開脚改善、東京、代々木、バレエ治療院、鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

ダンサーズ症例ケース

テーマ:「ダンサーの甲」の記事一覧

足が痛い、、、
レッスン後、リハーサル途中、教え中にも、つま先を伸ばそうとするとなんか変、プリエをするとズキンとくる、痛くてポワントで立てない、、、という時ありますね。
 
バレエの3大障害、足首、膝、股関節。中でも、足首、足部の障害を見ていきます。
 
症状で診ると
 
捻挫、
腱や滑液胞の炎症、
神経圧迫、
骨変性、
 
などがあり、ケースによって治癒に時間がかかることもあります。
例えば、大腿四頭筋に大表される筋肉はタンパク質の成分が多く、血流も多いため比較的治りが早いのですが、足部に多い靭帯や腱はコラーゲン線維が多く、治癒に時間がかかることも少なくありません。
 
では
 
場所で診てみましょう
 
 
 アキレス腱・三角骨・外脛骨・外反母趾、バレエ治療院あんじゅ
足首周囲
①前距腓靭帯(捻挫)
②伸筋支帯 (捻挫)
③長趾伸筋炎 (腱鞘炎)
④アキレス腱炎 (腱鞘炎)
⑤アキレス腱周囲炎
(長腓骨筋腱炎・後脛骨筋腱炎・長母趾屈筋炎)(腱鞘炎)
⑥三角骨炎(三角骨分離)(骨折・骨変性)
 
足部
⑦有痛性外脛骨、(腱鞘炎の一種)
⑧モートン症候群、(神経圧迫)
⑨ショパール関節炎、(関節炎炎)
⑩足首の滑液胞炎、(滑液胞の炎症)
 
指=趾
⑪外反母趾、(骨変性)
⑫内反小趾、(骨変性)
 
 
Ballet Cllinic Ange
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スネの前から外側にある筋肉で7つ、スネの後から内側にかけてある筋肉で6つ、足部には13の筋肉があり、とても複雑かつ精緻な造りをしています。
指へ行く腱が走っている甲側はコラーゲン線維が多く、足底は、脂肪組織もあり甲側と比べると筋肉成分が多くなります。
そして、足部には、指の骨(第1〜第5趾)、足部の骨(中足骨・楔状骨など足根骨・踵骨、距骨)と細かい骨があり、たくさんの腱が付着しています。
 
プリエやジャンプ、ポーズでカラダを支える一番の土台である足部。
そのため、着地時の衝撃や捻り、リノに引っかかる、他のダンサーのカラダの一部との衝突など、思わぬ負担がかかることが少なくなく、足部のケガが少なくないのです。
 
甲側を走っている腱やくるぶし周りの靭帯などコラーゲン線維が多い組織は、マッサージの刺激では簡単には柔かくなりにくい。
 
セルフケアとして、指を含め、足部の関節を緩めること、そして踊った直後は衝撃を受けた熱をとりのぞくために、冷水をかけるなどアイシングをすることが大切です。
 
筋肉成分の多い足底は、ボールなどをゴロゴロさせて柔らかくほぐしておくのはオススメです。。けれど、ボールの固さには気をつけましょう。日本では、未だ、ぎゅうぎゅうするマッサージや強い指圧が少なくありませんが、筋肉や筋膜が柔らかいダンサーのカラダにはtoo muchな刺激。逆に足底の筋肉が疲弊していまいます。これは海外の理学療法の先生方は10年も前から提唱していますよ。
 
そして、痛みが長引く時、触ってヒリヒリする炎症が出ている箇所には適切な治療が必要です。
超音波なども効果が出ていますが、消炎鎮痛剤やロキソニンテープだけでは対処しきれないのが足部のケガ。
バレエ鍼灸のお灸が炎症は、靭帯、腱の炎症だけでなく、三角骨による痛み、滑液胞にできた炎症にも高い効果をもたらします。
 
 
 
>>>電話:090-9362-0080
 
 
運動学的に構造的に、足部には大きな負担がかかりやすいため、ケガも多いのですが、実はそれだけが原因ではないことが、バレエ鍼灸10年の臨床で分かっています。
 
それについては、新たにコラムで紹介します。
Posted at 12:07
甲が痛い ダンサー症例集  [2017年03月24日]
足部の甲が痛くてポワントで立てないと言う時、何が起こっているのでしょうか?


■骨がどうにかなっちゃったの?
■痛い時と痛くない時があったりするのってどうしてなの?
■このままずっとポワントで立てないの?

こんな風に不安になったりしますね。

一つひとつ診ていきましょう。

■骨がどうにかなっちゃったの?

バレエシューズと違って、ポワントをはくと足の自由が利き難くなります。本来ポワントは足部やシューズそのもので立つものではありませんが、レッスン量やリハーサル量が多かったりすれば、その分足部にも負担はかかります。

甲の部分は、筋肉が薄いため、人によっては骨が痛いのかと勘違いするケースが少なくありません。もちろん骨折というケースもありますが、その場合は歩く時にも痛いはず。バレエの甲の痛みは、ほとんどのケースで甲の軟部組織(筋肉・筋膜・靱帯・腱など)に傷ができたため感じる痛みです。


■このままポワントでずっと立てないの?
甲に痛みを生じやすいのは、足ゆびの力が強いタイプが少なくありません。子供の頃、ポワントで直ぐたててしまったタイプ。そして足が強いので、ジャンプが得意なタイプ。骨折だと復帰には2~3ヶ月かかりますが、炎症による痛みの場合、適切な治療を終えれば、ポワントで踊れるようになります。
 
 
では、ここで、甲の構造から診ていきましょう。
 
 
ダンサーの足の甲,ケガ,痛み
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

皮膚の下に、血管やリンパ管が走っています。
そして、足のゆびさきに届く筋肉のスジが走っています。
そしてそれぞれの骨の間にも細くて細かい筋肉があります。
筋肉は筋膜に包まれていて、靱帯や腱で骨に固定されています。
その下が骨なのです。
 

足のゆびが強いタイプは、この甲を走っている筋肉・腱の力が強い。つま先を伸ばそうとゆびの力でぐいっと引っ張ってばかりいると筋肉や腱の組織に大きな負担をかけて踊っていることになるのです。その繰り返しが、踊る量がカラダのコンディション、年齢による筋肉の衰えなどがあって、カラダのコントロールが利かなくなった瞬間にケガにつながっていくのです。
 
 

■痛い時とそうでない時があったりするのってどうしてなの?

骨折の場合、痛覚が常に刺激されることになるので、ほとんどが常に痛みを抱えることになります。足の骨はとても小さいので、鋭い痛みというより違和感だったり、ツンとする感じ、重い感じだったりします。

筋肉・腱や靱帯などの軟部組織に傷がある時も痛覚が刺激されますが、手に傷をつくった後と似たように痛かったりそうでなかったりします。ほとんどのケースで痛みがマックスの時は、上半身の引き上げが足りていない時です。特にポワントからアテールに下りてくる時のアプロンが足りていないと、足部には何倍もの体重がかかりやすくなります。そのために、傷のある部分が刺激されて思わぬ痛みを感じるのです。

ポイントは、どこかに痛みがある時は、カラダの捻れがあるということ。
捻れがあるため、引き上げが足りずカラダのパーツに負担がかかり、それが痛みになっているのです。傷ができてしまっているとその痛みをほっておくと、他の部位への負担が増えます。よくあるのは、膝が痛くてかばっていたら腰が痛くなった、はこの典型例です。

 
【ダンサーの甲の痛みの治療法】

治療について言うと甲の痛みは、灸と鍼で炎症を抑えることが第一になります。更に、甲に走っているスネの筋肉を緩めること、又、骨盤周囲筋の筋肉の緊張があれば、そこも緩めることが大切です。甲の炎症を抑えただけだと、最終的には又直ぐ痛くなるケースが少なくないからです。

後大切なのは、セルフケア、足ゆびをほぐす、スネから以下の筋肉を緩める、そしてきちんと使えるつま先をつくるエクササイズも欠かせません。
甲の痛みがある時は、先ず足部のくるぶし以下はアイシングしておきましょう。そして適切な治療を受けることが大切です。
 
甲の痛みの治療については、こちらをご覧ください。
 
 
>>>電話:090-9362-0080
 
 
Posted at 14:20
厚みのある足を育てるエクササイズ
さて、この最終回では実際にやっているところの画像をつかって解説していきますね。

まず*フレックス

壁に向かって長座して、↓の画像のように壁に足の裏を付けてみましょう。このときのポイント足の裏を緊張させないこと

バレエセラピーあんじゅ


































そして 次指の力をぬきつつ、ゆっくりフレックスしていきましょう。このときのポイントは、甲側の指の筋を緊張させないこと意識したいのは、足底にむかって走っていく指の筋肉なのです。片方の手で足の指を手前に引いてくる時に抵抗を感じたら、それは甲側の筋肉をつかっている証拠。指はあくまでリラックスさせてフレックスさせましょう。


バレエセラピーあんじゅ



































************************************************

次は*ポワント です。
まず、ボールの上に足をのせます。
このとき意識するのは内くるぶし・外くるぶし。
このときのポイントは、甲や足首をリラックスさせておくこと

バレエセラピーあんじゅ



































次は、足裏の凹むところを指で確認しながら意識してみましょう。ここは足をポワンテにする時に凹むところでもあります。このときのポイントは 両方のくるぶしが平行になっているこ小指側や親指側に傾いたりしないことです。


バレエセラピーあんじゅ



































そして、二つのくるぶしと足裏の凹みをつなげるように前に伸ばしていきましょう。
この時のポイントは、甲側の指はリラックスさせておくこと



バレエセラピーあんじゅ

































特に意識したい場所に●がついています


そして、下のような形になっていたら、甲側の指に力がはいっていることになります。


バレエセラピーあんじゅ



































いかがでしょうか。画像があると少しはイメージしやすいと思います。あんじゅでは、一つ一つ場所や筋肉を確認しながらやってもらっているので、より実感しやすいという声が上がっています。画像を見ながらの場合も同じように、上のチェックポイントを一つ一つ確認しながら進めてみて欲しいです。


このエクササイズを今回、掲載したのには、訳があるんです。一般的によく紹介されている甲だしのエクササイズ。これは気をつけないと、アキレス腱をつめてしまうエクササイズになりかねないのです。

形だけまねてしまうとどうしても、甲側の指の筋肉に力が入り、結果的にアキレス腱を固めてしまうのです。。。。沢山のクライアントさんにやってみてもらったのですが、やっぱりアキレス側を固めている。。。



『え~。。。そんな。。。逆に固めてたなんて知らなかった』という方は、
実際にはもっと多いのでは、ということで、
今回このエクササイズをご紹介しました。
是非参考にしてみてください。


甲がでない ポワントで立ちきれない①
 
 
Posted at 20:51
前回前々回で、バレエにおける甲の話しを書いてきました。
今回は先ず簡単におさらいから。

◆バレリーナの甲とポワントで立つ、ことについて
◇ひとり一人骨格が違う
◇ポワントで立つために大切なのは甲ではなくて、アライメント
◇甲の土台となるのは距骨から楔状骨までのライン
◇甲の厚みをつくっているのは骨だけではなく、足底の筋肉
◇脛骨と距骨の角度が一般的なのにポワントでたちきれないのは、
足底の筋肉不足の場合が大きい

では、私の足ってどうなのかしら?気になるところですよね。
ここで、簡単にできるチェックをお教えします。


◆セルフチェック
・普段はいている靴の幅が広い場合…甲薄
・たくさん歩くと足裏がつりそうになる…甲薄

な方が多いです。

逆に
・普段の靴は幅狭…甲高
・ヒールをはくと足がでてしまいそうな感じ…甲高

なタイプであることが多いです。



どうですか?
甲高・甲薄、その中間の方もいるでしょう。実は・・・・


甲があればポワントがはける、というのではなくて、アライメントとそれを支える筋肉たちが大切だ、ということなんです。


だからプリエから始まってタンジュ・デガジェと続く毎日のレッスンがあるのですね。床を感じて、床を滑らせて、床を掘るようにと言われるのは、この足底を支える筋肉を育てるためにとっても大切なのです。


Angeが提唱するのは『甲を育てる』こと。そのために、大切なのは、普段のレッスン。しっかり足裏をつかう意識を持つことです。

そして
少しずつ甲を支えている筋肉たちを育てていく、しっかり立てるアライメントを育てていく。これがポワントで立つ、コツなのです。

このコツ、コツと言っても
『じゃあ、どうすればいいんですか?』
『レッスン以外、何か方法はないのですか?』

という質問も出てきますよね。よくこの質問が出てくるのです。


なので

今回はこちらをお伝えします~


◆甲を育てる足づくり
-きちんとしたフレックス・ポワントができるようになるために-

*フレックス
①壁に向かって長座する
②壁に足の裏を付ける
③壁を押して足底筋を感じる
④指の力をぬきつつ、ゆっくりフレックスしていく

ポイント
フレックスをしたいばかりに、表側の指の筋肉を
つかっていると指の力が抜けません。
指の力をぬいたところでフレックスができるのが
ポイント!!

*ポワント
①ボールの上に足を載せる
②内くるぶし・外くるぶしを意識する
③足裏の凹むところを意識する
④二つのくるぶしと足裏の凹みをつなげるように
前に伸ばしていく

ポイント
甲をのばしたいばかりに、表側の指の筋肉で伸ばしていかないこと。足裏の筋肉でボールを包むように丸くなっていくのがポイント!!

つまり、二つとも基本は同じなのです。足の表側ではなく、足裏の筋肉が大切ということなのです。


さて、
ここまで、甲について、ポワントで立つことについて書いてきました。
そして
甲をい育てていくエクササイズも紹介しましたが・・・

やはり、根底となっている解剖学的視点やエクササイズの写真などがあった方がより具体的に分かっていただけますよね~


ということで、
連載をもう一回増やして、次回その解説をしていきますね~


甲がでない ポワントで立ちきれない①
 
 
 



クライアントボイスなうでは
『ポワントエクササイズ』にトライされたお二人の感想がみられます。

>>>ポワントエクササイズ ハッピーボイス
Posted at 14:45
甲についてバレエセラピストから診た、バレエ解剖学講師から診た内容を紹介しています。
今回はその第2回目。

医学的な解剖学の視点で診る『甲』とは?バレエの解剖学・バレエアナトミーから診るとどうなのか?について書いていきますね。


◆解剖学的視点
足の甲を構成しているのは、足部でいうと距骨から舟状骨、楔状骨までの部分です。距骨は、下肢の骨(脛骨と腓骨)の下にあり、足首が回転する時の軸になっています。この距骨の形にはヴァリエーションがあります。

この距骨から楔状骨までのラインが、出っ張ったようにが並んでいる、そういうラインだと、しなやかに反って甲が出ていると見えるのです。


足の甲




















で、
先ほど、骨の形は一人ひとり違っていて、ヴァリエーションがある、と言いました。そうなんです。誰ひとり同じ形をしている訳ではないんです。そして一人の個人をとっても左右違ってたりする。

ひとり一人のカラダの構造、骨の形、並びはそれそれ違っているので、甲の形も違ってきますよね!

でも、ここでおきる疑問もあります。

Q ダンサーさんは、皆さん足がすっとのびて甲が出てきれいに見えます。
これは、どういうことなんですか?



彼女たち・彼らに共通しているところは何なのでしょうか?どこなのでしょうか?
バレエの解剖学的に診てみましょう。



◆バレエの解剖学・バレエアナトミーの視点
先ほども言いましたが、プロのダンサーさんの甲は、『豊な足』の結果なのです。男女変わらずどのダンサーさんもとても『分厚い足』をしています。そしてそれはバレエ学校に在籍し主役をやるようなバレリーナの卵達にも共通しています。

こちらの写真を見てみましょう。
100年に一人と言われたダンサー S・ギエムの足です。
ラインの美しさがパッと目にはいると思いますが、注意して見て欲しいのは、足の厚み。すごくないですか?
大リーグのイチロー選手もそうですが、優れたスポーツ選手の足部も厚みがあります。



ダンサーの甲




















 
 
 
 
 
 
 
この厚み、何でできているか?

そう、それが主に足から足底に走っている筋肉なのです。長年のレッスンで鍛えられた筋肉は、足底からググッと骨を持ち上げて足を支えている。だから足に厚みが出てくる。足底からしっかり持ち上げられているので、甲に高さが出てくるのです。

そして子供の頃から足部を鍛えていくと、それぞれの足の骨も太く成長していくのです。ダンサーさんの足の骨の特徴は、一本一本に厚みがある。これがダンサーに共通する甲・足のラインなのです。足が豊なので、ラインも美しく見えるのです。


甲をつくる足の筋肉は↓

甲を支える筋肉たち













 
 
 
 





足の後ろから、内くるぶし・外くるぶしの外を通って足裏にいく筋肉達、これがとても大切なのです!!!

◆鑑別のポイント
さて、一回目に出てきた脛骨と距骨。この角度はだいたい150度くらいあるのですが、稀にこの角度が狭い場合もあります。

そうするとポワントをはきこなすのは少し難しいかもしれません。実際にどうなのかは、動かしたりなどして診てみないと分かりませんが、こういう場合は、更に足部から上に向かう引き上げ=アプロンで立つことが大切になってきます

でも、そうでないのに、足首が硬いという場合は、骨の問題というより、筋肉やカラダの使い方の問題ということが多いのです。つまり、足の裏足底の筋肉が使えていないということ。

ということは、何を意味するか?
それは、レッスン、トレーニングを積んで足を豊かにしていく、つまり、甲をしっかり支える筋肉を育てていくことが、バレリーナの美しい足部をつくっていくことになる、のです。


第2回目はここまで。次回、最終回では、じゃあどうすればいいのか?について書いていきますね。



甲がでない ポワントで立ちきれない①
 
 
Posted at 13:27
◆よくいただくお問い合せ
よくいただく疑問・質問の一つに『甲』の話があります。

きれいな甲のあるダンサーになりたい
もっと甲が出てるといいんだけれどな…
甲がないので、ポワントで立ちきれない…
というものがあります

クラシックバレエを習っていると気になってしまう甲。


確かに、『白鳥の湖』の第3幕、ジークフリードを誘惑しようと登場したオディール役の
バレリーナが脚を出すシーン。スッと伸びたダンサーの甲はとても魅力的ですね。


◆実際の声
トゥシューズ(ポワントシューズ)をはき始めて、最初はとても喜んでいたんですが、そのうち足が痛いと言いだして。ストレッチとかするのですが、あまり変わらず。これはどうにかならないのでしょうか?




 
 
 
 



このようなお問い合せをよくお母様からいただきます。

また

うまくのりきれなくて、ふくらはぎがパンパンになってしまうのです。
トウシューズをはく度に甲がないのが気になって…
 
このような声は趣味で踊っていらっしゃる大人の方からよくいただきます。


お教室の先生方からは

甲が伸びきらなくて、膝が曲がってしまう子がいるんです・・・・





とお聞きします。
実際にどうなのでしょうか?


Q甲があればポワントにのれるのでしょうか?
Qストレッチをすれば甲が出るのでしょうか?


◆バレエ的な視点
バレエ的な視点で診ると、答えはいずれもノン・イイエです

確かに甲の出ているダンサーの足はラインがとても美しい。
けれど、実際に甲の出ているダンサーからよく聞くのは、『重心が前にいきすぎてしまうから、
逆に上に引き上げてなくちゃいけないのよね』という声なのです。

そしてストレッチを欠かさないプロのダンサーさん達全員が、誰もがあこがれる
シルビー・ギエムやスヴェトラーナ・ザハロワのような甲をもっているのか?
というとどうでしょうか?
ひとり一人のカラダの構造が違っているのですから、甲の形も違ってくるのは当然ですよね


バレエ的な視点で大切なのは、しっかりポワントで立てること。
ポワントで立たせてもらっているのではダメなのです。
そのために大切なのはアライメント。腰から足部へのラインがずれて腰が引けたままの状態では
アテールではなんとかタンルヴェできてもポワントでは立てないのです。


では、ポワントで立つにはどうすればいいのでしょうか?何が違うのでしょうか?

プロのダンサーさんの大きな違いは、甲の形ではなく『足の厚み』
厚みのある足から上へ、アライメントががしっかりしているので、
ポワントワークが安定しているのです。これは大きな意味があります。



今回は内容が盛りだくさん。3回に分けてご紹介していきますね。

甲がでない ポワントで立ちきれない②
 
 
 
 
Posted at 14:59
<< 前のページへ
|
次のページへ >>