バレエ治療院|ダンサーの鍼灸治療,コンディショニング,バレエ解剖学講座,ジュニアのコンクール・留学準備,フィギュア・新体操ジュニアの昇級テスト対策,新宿,代々木|鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院、ダンサーのためのバレエ鍼灸、バレエ整体、コンディショニング、バレエ解剖学講座、バレエジュニア・フィギュア、新体操ジュニアのトレーニング。バレエ治療院鍼灸スペースあんじゅ@東京代々木

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

ダンサーズ症例ケース

ダンサーが悩むケガの症例と治療について紹介しています。
【テーマ】
■■O脚■■
■■アキレス腱■■
■■膝痛・半月板■■
■■腰痛、ぎっくり腰、ヘルニア■■
■■股関節痛■■
■■側湾■■
■■肉離れ■■
■■有痛性外脛骨・三角骨■■
■■種子骨■■
■■肋骨の痛み■■
■■ターンアウトforプロ■■
■■ダンサーの甲■■
■■バレエ留学への道■■
■■バレエ整体■■
■■過去のケガの再発■■
■■冷え性による血流障害■■

テーマ:「側湾」の記事一覧

4歳から始めたのにいつまで経ってもカエルができない、小学4年生になるのにスプリッツや開脚が苦手。
そういうジュニアに多いのが姿勢のゆがみ。
一目見て分かるのは、頭部や両肩のズレです。

立っている時に、腕を後ろに組んでいたり、両腕は脇に置かれていても肩先が内に入っていたり、両肩が上がって頭部が前にずれてしまっていたり、このような姿勢が日常になっていると、バレエのレッスンをしても基本的テクニックが身につきません。

その結果、トウシューズを履く頃になって、立てない、膝が伸びない、腰が引ける、などの悩みを抱えることになります。又、無理をして頑張ってしまった結果、背中に側弯がでてしまったり、O脚が加速する、又、骨盤のラインがずれたまま成長したりするケースもあります。

カラダは成長していくために、本来、筋肉や腱、靱帯、骨は柔らかいのが普通です。けれど、その柔らかさが逆にカエルや開脚をやりづらくさせてしまう場合があります。

その底辺にあるのが、近年のジュニアの一般的な運動量の不足。バレエのお稽古だけでなく、全身をつかって動く量が減っているのは指摘されていますが、他に、日本人特有のカラダの構造も関係しています。

カエル・スプリッツ・開脚が苦手なジュニアは、多くが体幹(胴体)が薄い傾向にあります。海外でドレスを買って着てみると、デコルテのラインがガパガパで着られなかったと言うことが少なくないように、元々、日本人の骨格は西洋人の厚い胸郭と比べると平ぺったい傾向にあります。

もちろん個人差はありますが、上記ストレッチが苦手なジュニアのほとんどが体幹が薄いため、腕がなかなか体幹とつながらず、前に伸びようとしても肩がすくんで上がってしまったり、お尻がポコンとあがってしまう傾向が強いのです。

4,5歳の頃からストレッチを毎日やれば改善すると、顔を真っ赤にしてがんばるジュニアもいました。子供なりにどうしても自分もできるようになりたいと、一生懸命になる状態、ここに落とし穴があったりするのです。

頑張ればかんばる程、完成しない時、カラダでは何が起きているかというと、意志の力で筋肉自体が緊張しすぎてしまって。ストレッチで伸びるどころが逆にストレッチを阻害してしまうことが起きてしまうのです。

大切なのは、頑張る方向を引っ張ったり力を入れたりするのではなく、するっと抜けるポイントを探して姿勢を整えてからおこなうことなのです。
あんじゅでは、カエルストレッチ、スプリッツ・開脚が苦手なジュニアのトレーニングをサポートしています。これらのストレッチができたからバレエが一足飛びに上手くなるのか?と言うと違うのですが、これらができるようになることは、姿勢が整っている証でもあるのです。その状態からレッスンと積むことが、テクニックを習得する上で大切なのです。

カエル、開脚、スプリッツ改善
 
 
Posted at 14:26
 

先日、始めてバレエ整体で伺わせていただきましたTと申します。

素晴らしい施術に感激いたしました。感謝いたします。

是非、次はターンアッププラスで伺わせていただきたいと思います。

T・Yさまのお母様より

 一生懸命レッスンしてきたのに上手く行かないことがある、このような場合、その原因は、カラダの歪みだったりします。例えば、右脚は上がるのに、左脚はあがりづらい、 左パッセは立っていられるのに、右パッセは保たない、など左右差があるケース。 
 
 特に、成長期でカラダ自体は柔らかいジュニアの場合、無理な力の入れ方が姿勢や骨格の変調や変化につながったりすることもあるので、注意が必要です。
 
 長座前屈で背中を少し丸めた時、左右の筋肉に差がでている時には、なるべく早い段階で修正することが大切です。
 
バレエ整体では、色々なケースに対応しています。股関節の動きに左右差が出ている時は、骨盤周囲筋だけでなく肩関節の動きも調整していきます。更に、左右差が深層筋のコリの場合は、バレエ鍼灸に移行することもあります。
 
今回のケースでは、10代の柔軟性のあるカラダであることから、整体からトレーニングメニュー、【ターンアウトアップ+プラス】で左右差をコントロールしていくことになりました。
 
バレエのステップができない、だけでなく、左右差が気になる場合は、その原因をしっかり見つけて修正していくことで、ジュニアであれば骨格に歪みを作らずに踊っていくこともできます。
 
 
Posted at 10:11
ダンサーの側湾 Ⅲ  [2016年09月11日]
他にある後天的な側湾は成長過程で発生するものです。
 
先天的なものとの違いは、元々側湾がなかったという点です。しかし、カラダの使い方が間違っていると、その結果歪みが定着しまい、側湾を作ってしまう、これがオーバーユースによる側湾です。
10代のバレエジュニアの場合、アラベスクで上げやすい脚の方ばかり練習したり、スプリッツで苦手な方はあまりやらないということがあったりします。上げやすい右軸のアラベスクばかりやっていた結果、二十歳過ぎて気がついたら、側湾になっていて、腰に強いツッパリがいつもあるということが実際に起きるのです。
 
この件については、別のコラムでもう少し書いて行こうと思います。
 
また、滑り症やヘルニアから脊柱の並びがずれてしまって結果一箇所だけ側湾になっているケースもあります。通常の側湾は横にもS字ができるのですが、このような場合では湾曲しているのは一箇所だけ。このようなケースでも脊柱起立筋の筋バランスを整えることがポイントです。
 
両方とも、先天的な側湾同様、背中のカーブが治るケースは少ないです。というのも、カラダの使い方のクセは簡単に治らないからです。そのため、踊るたびに腰に違和感や痛みを感じる場合は、定期的なメンテナンスをしばらく続け、脊柱起立筋のバランスを整えることがポイントです。更に、このようなケースでは、脊柱のコントロールを身につけることが重要になります。
 
これまで診てきた側湾症ですが、先天性のものと一過性のものを除き、使い方で側湾を作らないようにすること、これが大切なです。特に成長期にあるバレエジュニアは、高く脚をあげたいと上げることばかりに目が行きがちですが、キチンとした姿勢をつくることで結果脚は上がっていきます。
 
Posted at 13:14
ダンサーの側湾 II  [2016年09月09日]
一方の後天的な側湾は、成長後に起きる症状です。
 
一番多いのは一過性の側湾。
これは、脊柱起立筋のバランスが崩れて強い筋性防御が発生した時に起こります。主訴として、腰の痛み、背中が突っ張り、場合によっては股関節痛や頸椎周囲のコリを訴えるケースが多く、よく診ると側湾になっているというタイプです。
 
例えば、肩甲骨の内側の左に強い筋性防御がある時、脊柱は左にひっぱられるため、結果その下の腰椎が右に湾曲してしまいます。本人は、腰が重いのが解消されないと思っていてもその背景に側湾が潜んでいたりします。
 
このような一過性のケースで重要なのは、筋性防御を緩めて脊柱起立筋のバランスを取り戻すこと。これには、施灸が効果的です。場合によっては、深層から腰椎周りに筋肉をほぐすところから始めることもあります。
一過性の場合、筋バランスが戻ると治療前にあった側湾は解消します。
 
一過性の側湾以外の後天的な側湾症があります。次回はそちらを見ていきます。
Posted at 11:12
ダンサーの側湾 I  [2016年09月06日]
左、もしくは右に強いコリと痛みを訴えて来院するケースが多々あります。このような場合、筋膜性腰痛末梢性の座骨神経痛であるケースもあるのですが、もう一つ見逃せないのが、側湾です。
 
 
脊柱は元々縦にS字の形をしているのですが、横にもS字を描いているのが簡単に言うと側湾症です。
 
 
 ダンサーの側湾 ばれえ治療院あんじゅ
 
この側湾症には二つあり、先天的なものと後天的なものがあります。
先天的なタイプは、ホルモンの関係で女性に多く、思春期頃に発生することがほとんどで、ダンサーの中には軽い側湾を持っている方も少なくありません。先天的なものなので、側湾がなくなることはありません。
 
 
けれど、湾曲が強いタイプでなければ、クラシックのテクニックは左右均等に使うことが土台にあるので、テクニックを身につけていく段階で側湾による筋バランスの違いが気にならなくなってきます。
 
 
先天性の側湾の場合、ホルモンのバランスが変わる生理と連動して強いコリが出たり痛みがでるケースが多々あり、数ヶ月定期的なメンテナンスを行い、ホルモンバランスを整えながらコリがたまらないカラダに整えていくことがポイントです。バレエ鍼灸で治療したのち、整体、場合によってはターンアウトアップ+プラスで側湾のコリをためないトレーニングをするのもオススメです。
 
 
 
 
次回は、後天的な側湾を診ていきます。
Posted at 21:09
<< 前のページへ
|
次のページへ >>