バレエ鍼灸、バレエ整体、ターンアウト改善、解剖学講師兼フロアバレエ資格者による施術、アキレス腱痛、足首の捻挫、三角骨障害、股関節痛、膝痛、アラベスクラインの修正、フィギュア、新体操、シンクロジュニアの開脚改善、東京、代々木、バレエ治療院、鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

【テーマ】
■■骨で踊ろう■■
■■クライアントボイス・なう■■
■■バレエジュニアのカラダづくり■■
■■講習会・出張講座■■
■■バレエ鍼灸ヒストリー■■
■■コンクール・ヴァリエーション■■
■■バレエ留学■■
■■バレエ・ダンス考察■■

テーマ:「バレエ鍼灸ヒストリー」の記事一覧

バレエ鍼灸ヒストリーⅥ  [2016年10月07日]
バレエのケガを治療するために作った治療法、それがバレエ鍼灸です​。
開院したのは、2008年4月。四谷で治療院を開いている先生の場を借りてのスタートだったのですが、スタートして間もなくから様々な出会いがありました。
 
フランス国立カンパニーのサンダーさんを治療したのは2008年5月のこと。
年間を通じて舞台数の多いカンパニーにいるとどうしても踊る量が多く、そのため以前のケガからどこか治った感じがないとのことでした。
 
お稽古場で、普段から元ダンサーや現役のダンサーに接することはありましたが、先生として接していた場とは違い、その時の印象はとても鮮烈でした。
先ず、部屋に入っていらした時の雰囲気が全然違うのです。でも、そのたたずまいはとても穏やかで静かな。一流を極めた方はこう言う雰囲気なのだと思ったのですが、その後出会うダンサーの方々は少なからず同じような雰囲気を持っています。

カラダの違いにも驚かされました。
当然と言えば当然なのですが、均整のとれたフォルムは無駄なものがまったくありません。国立カンパニーの場合、学校に入学する時点で体型チェックがあるとは言え、スラリとしたカラダのライン、そして訓練の行き届いた柔らかでしなやかな筋肉は、その後治療で出会ったプロのカンパニーダンサーに共通しており、プロ度が上がれば上がるほど、そのラインも研ぎ澄まされ感がすばらしいのです。

特にその足部。バレエ的にとても美しい足。
これも海外にダンサーさん、また海外で踊ってきたダンサーさんに共通なのですが、分厚くとても豊かな足をしているのです。この足があるから、高いジャンプや軽やかなポワントワークが可能なんです。

このような足を初っぱなに診てしまったため、その後あんじゅでは『大切なのは甲出しではありません。豊かな足部を育てることが甲を作ってくのです』と語っているのですが、それほど印象に残る美しい足をしていました。

日本では、甲があることが最優先のように考えられがちですが、甲があるのは鍛えあげられたこの充実した足部があるからこそ。甲が欲しいと思うなら、タンジュをはじめ基本的なレッスンをもう一度見直し、足部だけでなく踊るカラダを育てることが必要だと痛感しています。

治療に関しては、初めて受ける鍼灸に驚くというよりとても協力的でした。レントゲン写真を持ってくれていて、触診も併せて診てみると治りきらない箇所には、炎症が残っていました。この時、治療に使ったのがあの【お灸】。
 
このお灸を含めバレエ鍼灸は、その後の症例でも大きな効果を発揮してくれました。又何より、どのダンサーさんもプリエに始まり、クペからアティテュード、バッチュ、エポールマンなどバレエのカラダの使い方を説明する必要なく理解して治療が進んでいることに安心感を抱いてくれていました。更に、何より、どのダンサーもバランスを取り戻すための東洋医学をベースにした全身治療にとても満足してくれたのです。
 
西洋文化圏の方は「東洋医学」は珍しい&興味があるもののようで、別のダンサーさんからは、『どこで修行したのか?それは何のためにやるのか?ツボとはどうものなの?』といろいろ質問されたこともありました。中には、鍼の治療にとても慣れているダンサーさんもいて、聞いてみると本国でも中国人の鍼を受けた方だったりもしました。

海外のダンサーさんの場合は、治療院に来てもらうこともありますが、楽屋やリハーサル室で施術をすることもあり、その後、彼らのステージを観ることも少くありませんでした。治療の時は、一見穏やかで静かなたたずまいに見受けられたのに、舞台ではまた全然違うのです。音楽を語る物語を語る表現者そのもの。特に音楽との調和はすばらしいものがあります。

当時から10年近く経た今、コンクールが増え、ヴァリエーションを踊る機会が格段に増えた状況を受け、あんじゅでもパーソナルセッション『ターンアウトアップ+プラス』の枠でヴァリエーションの補習をおこなうことが増えましたが、この音楽的に踊ること、物語を表現することがきちんと伝わっていないと感じます。一概に成人したプロのダンサーと10代のジュニアを比べるものではありませんが、ダンサーになりたいとヴァリエーションを練習してもそれでは先につながらないのです。

足部を含め、ダンサーとしてあるべきカラダのラインをどう育てていくか、自分のカラダで音楽や作品をどう表現していくか、普段のお稽古からこのようなことも合わせて身につけていくことがとても重要なのです。
 

ダンサーの人生はとても過酷です。

どのダンサーさんも幼少からずっとバレエ・ダンスを続けており、プロになってからは、レッスン・リハーサル、本番の舞台、人によっては教えも含め、ずっとカラダをつかってばかりの人生です。鍛え続けられたカラダとは言え、日常生活では全く必要のない動きをいかにも自然に見えるよう動けなれば、求められる踊りにはならないのがダンサーの日常です。訓練をし続けてきても、質量とも多ければケガや不調に陥ることも少なくありません

これはスポーツ選手も同じ環境ですが、彼らのケガや不調に詳しい治療院や病院は数多くあります。スポーツ整形やスポーツマッサージはその典型例。ランナー専門院を見たこともあります。けれど、以前より格段にポピュラーになり、プロも増え、習っている人口も増えているのに、きちんとバレエ・ダンスの動きや解剖学的機序を理解した上で治療出来る人が少なすぎるのが現状です。

鍼灸スペースあんじゅは、そのことを考えバレエ専門、ダンサーのための治療院としてスタートしました。今では、鍼灸以外に、整体やトレーニングメニュー、解剖学の講座や出張レッスンまで含めるとメニューは多彩になっていますが、来年開業10年目、再来年には10周年を迎えようとする今、治療の土台となっているテクニックを解剖学的要素を含め、伝えていく段階に来ているのではないかと考えるようになってきています。
どのような形になっていくか、今はまだ思案中ですが、常に基本は変わりません。
 

バレエボディ、踊るカラダ。
そのカラダでいるためにはバランスが不可欠。そのバランスを取り戻すためのスペース、それがバレエ治療院鍼灸スペースあんじゅです。
Posted at 15:12
バレエ鍼灸ヒストリー V  [2016年08月21日]
伝統医学研修センターでの日々はとても刺激的でした。基礎的な学科の知識を土台に東洋医学的にはどのように分析し、西洋医学的な手法も合わせて治療を組み立てていくことをここで身につけました。学校では決して出てこなかった症例や授業だけでは得られない臨床現場での体験が、今の大きな土台となっていて、今でも当時のノートを振り返ることがあります。
 
どこに大きな違いがあったかと言うと、例えば、腰痛を例にとってみると、学校や接骨院では、腰が痛い患者さんには腰痛のツボに針をする、又は、腰回りに電気をかけたり、マッサージをしたりする、これが一般的なのですが、研修センターでは、全く違っていたのです。
 
先ず、カラダの使い方や男女の違いで出てくる症状が違っていることを学び、その視点で患者さんを診ること触れて確認すること、そしてそれぞれの症状にあわせて、鍼をする場所を変えること、炎症がある場合にはそれを先に収めること、などが大切だと識りました。
 
言葉で書くとあっさり見えますが、学科的履修内容だけでなく、実際の治療は、とても奥が深かったです。結果、その通り治療すると、ぎっくり腰当日にいらした患者さんや寝違えで苦しそうだった患者さんが、すっかり良くなって帰っていくのです。接骨院でやっていた内容と治療結果とでは余りにも大きな差があり、鍼と灸というシンプルなツールにこれほどの力があるのかと驚くほどでした。
 
そして、単に鍼を置いておく、又は電気をかけるだけしかないと思っていた治療技術のほかにいろいろな方法があり、それらを実際に治療しながら修得していきました。そんな中でも、大きな出会いとなったのが、二つの手技。動きの調整をする鍼の手法、炎症を抑えるお灸の手法です。
 
これに出会った時、火花がスパークするかのような閃きがありました。
「このお灸、バレエの治療につかえるじゃない!あの鍼のやり方なら、バレエのケガが治せるじゃない‼︎!」
その段階まで、ほぼ婦人科疾患や内臓疾患を治療する方向に行くつもりだった私に、突然、バレエのケガを確実に治すための治療法が閃いたのです。
 
これがバレエ鍼灸誕生の最初の瞬間でした。
 
その後、思い切って実際の治療に踏み切る決心をさせてくれたのも、これらの手法なら絶対に治せる、という確信があったからです。
 
インターネット情報が少なかった当時、いろいろ検索した結果、「バレエ」と「鍼灸」を合わせた名前を治療院のメニューにしたのが2008年4月。鍼灸スペースあんじゅがスタートして来年で10年目になります。
 
他にも、「バレエ鍼灸」がダンサーのケガやメンテナンスに役立つ手法だと実感させてくれる大きな出会いがこの2008年にはありました。バレエ鍼灸ヒストリーの最終回となる次回は、そのことをご紹介します。
Posted at 21:58
<< 前のページへ
|
次のページへ >>