バレエ治療院|ダンサーの鍼灸治療,コンディショニング,バレエ解剖学講座,ジュニアのコンクール・留学準備,フィギュア・新体操ジュニアの昇級テスト対策,新宿,代々木|鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院、ダンサーのためのバレエ鍼灸、バレエ整体、コンディショニング、バレエ解剖学講座、バレエジュニア・フィギュア、新体操ジュニアのトレーニング。バレエ治療院鍼灸スペースあんじゅ@東京代々木

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

ダンサーズ症例ケース

ダンサーが悩むケガの症例と治療について紹介しています。
【テーマ】
■■O脚■■
■■アキレス腱■■
■■膝痛・半月板■■
■■腰痛、ぎっくり腰、ヘルニア■■
■■股関節痛■■
■■側湾■■
■■肉離れ■■
■■有痛性外脛骨・三角骨■■
■■種子骨■■
■■肋骨の痛み■■
■■ターンアウトforプロ■■
■■ダンサーの甲■■
■■バレエ留学への道■■
■■バレエ整体■■
■■過去のケガの再発■■
■■冷え性による血流障害■■

足首の痛みがとれないと来院されたKさん。最初はバネ指から始まったそうです。内果、外果周囲、伸筋肢帯にも炎症が出ていました。
 
足首の症例はこの前にも挙げましたが、多くはアキレス腱や靭帯、伸筋支帯などに炎症が出ているケースで、バレエ鍼灸で炎症を取り除き、足首の可動域を調整することで治っていくのですが、この方のケースは少し違いました。
 
Kさんの場合、治療後に調整をしても、どうしても今一つの部分があったのです。
その原因は足首よりもっと前、足指でした。
 
痛めた側の指に故障箇所があり、自由に曲げ伸ばしがしにくくなっていたのです。整形外科の先生は、この部分についてはあまり注目されなかったそうでしたが、足首の症状としてはそうなるのでしょう。
 
ただ、ことバレエでは小さな関節一つでもズレるとアプロンやラインに影響が及びやすいムーブメント。指の一つが自由に曲げ伸ばしできないということは、=足裏全体でしっかり床をつかみにくい状態をもたらしかねません。
 
足裏で床がつかみにくいのですから、当然、その上のカラダ、関節も安定しませんよね。その状態でも全身のコーディネーションがあるから踊ってこれたのですが、プロになるとこなさなければならない量は格段に増えます。足首はその結果だったのです。
 
一つの関節におきたケガは、その後その一つ上や下の関節にも影響を及ぼしやすい。
以前にも紹介しましたが、このようなことがバレエやダンスではおきるのです。(足首の痛みが膝痛に繋がる)
もちろんこれは、どのスポーツでも同じなのですが、こと、最小限の力でジャンプやステップをこなさなければならない女性ダンサーの場合は、大きな影響をもたらすことになりかねないのです。
 
治療は、炎症を抑えること、関係のある筋肉の緊張をとること、そして、指の治療も行いました。関東ではなく、遠方からお越しになったので、滞在期間中、複数回治療を行い、指については、かかりつけの先生に話すようにお伝えしました。
 
バレエの足首のケガについては
Posted at 10:21
緩い膝蓋骨と膝痛  [2018年06月15日]
膝に痛みを抱えるダンサーの中に、膝のお皿=膝蓋骨がゆるい人が少なからずいます。
 
膝がゆるいとは、どういうことかというと、自分の膝のお皿を軽く左右からつまんでから、内側や外側に動かしてみると判ります。
大概の人は、外へも内へもさほど動かないのですが、ゆるいタイプの方は、膝蓋骨をつまんで動かすとグニュっと移動するのです。もちろんリラックスした状態でやるからこそなのですが、膝蓋骨がゆるいと、立っていても踊っていても負荷がかかりやすいという危険性が潜んでいるのです。
 
 
 
特にカラダが柔らかいダンサーさんは膝がゆるみやすい傾向にあります。他、ホルモンのバランスの影響を受けやすいタイプの人が、生理周期によって膝がゆるみやすかったりします。
 
膝関節は、曲げたり伸ばしたりが多い関節なので、この膝蓋骨が衝撃から守ってくれている訳です。この骨が動きやすいということは、つまり、膝関節周囲への負担が大きくなりやすいということを意味します。
この膝がゆるいタイプに加え、X脚が合わさると、更に膝関節への負担は増してしまいやすい。
 
バレエやダンスでは柔らかいプリエが重要と言われますが、大切なのはプリエの後、しっかり膝が伸びること。きっちり膝が伸びた脚では、膝下と膝上、つまり下腿と大腿が一本になるので(この時膝蓋骨は上に上がっています)アンドゥオールもしやすく、ジャンプの着地の負担も吸収してくれます。
 
けれど、膝がゆるいタイプは、膝蓋骨がきっちりあがりきらない時期があり、その時の負荷がダイレクトに膝関節周囲に及びやすいのです。気がつかないうちに膝が重くなって腫れてくる場合は、まず第一に炎症を取り除くことが最優先です。
 
炎症を抑えると同時に大切なのが、周辺筋肉の硬さを緩めること。炎症がある部分の組織を守ろうと硬くなっている筋肉では膝蓋骨は上がりきれないのです。
 
他に、レッスンだけでなく日常生活でも気をつけたこと、それが膝押し。立位の体重をにがすためツイツイ膝押し立ちをしやすいのですが、膝に炎症がある時はなおさら注意が必要です。レッスンでは気をつけても、日常生活では意識が抜けやすくなります。膝がゆるいタイプだと気付いた方は、日頃の姿勢チェックも大切です。
 
バレエの膝痛の治療は
テーマ:膝痛・半月板 
Posted at 10:19
背中の硬さは腕との関係  [2018年06月09日]
助教をしているSさん、特に背中が硬くなったことが悩みでした。
どれだけ硬いのか?と思って診ると、カンブレなどは問題はないのです。アラベスクやアティチュードの時に、どうしても背中が伸びないのだそうです。
 
子供の頃、難なくブリッジやバク転などができる柔軟性は、成長すると減ってしまいます。元々関節がフレキシブルで成長後も超柔らかい人もいますが、全てのダンサーがそうという訳ではありません。
 
出産後に超、背中が硬くなったという先生もいますし、逆に、背中を反って腕をアンオーでキープする柔軟、ずっと大人になってからコツが分かってできちゃった、と言ったダンサーもいます。
つまり、背中の柔軟性は、カラダの元々の特性だけではない、ということ。
 
背中の柔軟性のポイントは、解剖学講座バレエアナトミーでも最初にとりあげる【腕と体幹のつながり】です。
 
Sさんも、腕に捻れが出ているのに気づかず、結果、腕と体幹がしっかりつながっていなかったのです。そうなると、若干肩は内巻きに傾きやすい。内に入った肩では、どうしても胸郭は上を向きにくいですよね。それが、背中の硬さとなって出ていたのです。
 
ケガややり難さの原因は、直接のその場所というより、他に原因があることがほとんど。彼女の施術は、上半身のラインを整えることを中心に進めていきました。
 
最初は、肩の可動域を広げる手技をすると首に影響が出ていたのですが、3回ほどで治ってきました。すると、背中のラインがスッと立ってくるようになり、反るのも楽になったのです。
 
その後、しばらく空いたのですが、舞台でドンキのPDDを踊ることになり再び来院。ドンキは、ご存知の通り、反るポーズが多く、ジャンプも沢山あるPDD。前にでていた背中のコリが再び出てきたそうです。
 
踊るものによって、カラダはどうしても影響を受けてしまうもの。キトリのヴァリエーションのことも考え、腕、肩、首のラインに加え、膝から下、脚のラインに捻れがでないように施術を行います。あんじゅの整体では、ベッドに寝てもらいながら、アラベスクやアティチュードのラインを調整する手技を取り入れており、リフトで抱えてあげられる時に負担がかかりやすい背中からハムストリングのラインを調整してきました。
 
その後、無事、ドンキのPDDを踊り終えたとご連絡いただきました。
 
背中が伸びない、反りにくい時、どうしても背中ばかりをみてしまいがちなのですが、踊るカラダは、カラダのパーツで考えると逆にコリをつくってしまいがち。大切なのは、全体性。バレエボディーの調整には、バレエの解剖学が土台のバレエ整体+アロマ、がオススメです。
 
 
バレエ整体
タグ:バレエ整体 
テーマ:バレエ整体 
Posted at 10:18
 
 
コンテンポラリーやモダン、ジャスダンスのダンサーさん達の中には、柔軟性が十分にあってカラダのキレも良く、アップしないでも踊れてしまうタイプがいます。
この系のダンサーさんは、関節や筋肉自体は柔らかいのに、太もも前が奥までぎゅっと固まっていたり、お尻にコリコリの筋肉があったりします。
 
Yさんもそういうタイプでした。来院した時は、急性腰痛が起きた直後で、動くのも大変という状況でした。
 
診てみると腸骨稜ラインと仙骨の筋膜に炎症があり、骨盤周囲の筋肉が筋性防御でガチガチ。胸椎から腰椎まで一過性の側弯までできていました。まずは、炎症を抑え、固まっている筋肉をほぐすことが優先。その治療の間、何をどうしてもこうなってのかの経緯を聞きました。
 
すると。。。
『ヘルニアがあって、腰の筋肉をが固まりやすいので、伸ばそうとぶら下がって腰を引っ張るストレッチをよくやるのです』ということ。今回の急性腰痛発症前もそのストレッチを繰り返していたそうなのです。そして、一年に一度は同じような腰痛を発症していたそうです。
 
分からないではないです。骨盤周囲の筋肉が固まってくるととても踊りにくくてスゴくもどかしい。けれど、固まっているものに力を入れ引っ張って伸ばそうとすると、筋肉は逆に縮まろうとします。これを反作用と言います。
力で引っ張る系のストレッチでは、大きな筋肉が主に引き伸ばされ、内側のある小さかったり細かったりする筋肉は、引きずられてしまい、本来の働きができなくなってしまいます。
 
治療の合い間、筋肉の特性と現状何が起きているかとお話しして、腰を引っ張って伸ばすストレッチは今後やらないようにお願いしました。
 
筋膜の炎症も一週間毎3回の施術でほとんど治りましたが、殿部と大腿部の深いコリはなかなか手強く、途中整体も加えながら、計5回の施術で、通常のレッスンと教えに復帰できるようになりました。
 
床からのアプロンを使って踊るバレエとは違い、モダンやコンテンポラリーは床とのコンタクトがとても多いダンス。どうしても重心が下に落ちてしまいやすいからこと、腰の位置は常に上に保っている方がよいのです。細かく柔軟な動きには対応できるカラダも、筋肉は自体はが固まっている状態で踊れば、筋肉を包む筋膜にズレだって起きてしまいます。筋膜は、季節の変わり目にも微妙に反応します。これから、蒸し暑い気温と冷えた室内との温度差がキツくなっていく時期。
他に、生理や年齢の影響もあります。
 
ダンサーのカラダは楽器と同じくらいデリケートなのです。自分のカラダの声を聞くだけでなく、筋肉の特性を知った上で、必要なのでストレッチなどを組み立てていくことが大切です。
 
 
Posted at 10:55
バレエ学校の試験の後、足首が痛くなって来院したRさん。
来た時には、足首だけでなく膝痛も訴えていました。
 
問い合わせがあった時は、捻挫とありましたが、足部を診ると、よくある捻挫(踝の外側にある前距腓靭帯)ではなく、踝の内側、しかもかなり足底に近い部分(後脛骨筋)に炎症が残っていました。
 
足首が痛い、バレエ

この筋肉・腱は足の指を内側に曲げる筋肉で、足のアーチを作る大切な筋肉なのですが、彼女の場合、足の指の力がとても強いため、バレエシューズでもポワントでもこの筋肉をつめて踊っていたようです。
 
彼女にはもう一つ特徴がありました。それは、膝のハイパーエクステンション=X脚。この脚はバレエ向きと言われますが、実はコントロールするのは難しいのです。X脚の場合、膝蓋骨をしっかり上に引き上げることがポイントなのですが、見た目きれいな脚なため、コントロールを忘れてしまうと、膝が奥に入ってしまうのです。
 
しかも、足首にケガがあると、足底からのアプロンにズレが生じやすい。膝には、大きな炎症はありませんでしたが、しっかり治療を行い、お皿が上がりやすいように調整しました。
 
X脚や膝蓋骨が緩いタイプは、コントロールが難しいのですが、足指が強いとその力だけで踊れてしまったします。けれど、学年が上がり複雑なパが増えていくと、コントロール不足からケガになることも少なくありません。
 
X脚や緩い膝蓋骨など、自分のカラダの特徴は、10代半ば位にはちゃんと把握しておくことが大切です。そのまま続けることで、靭帯を損傷する、というケースにも発展します。
 
 
捻挫、足部の痛み、アキレス腱痛、そして緩い膝からくる膝痛など、はしっかり治療し、コントロールできるようにしていきましょう。
 
 
治療についてはこちらを  >>>バレエ鍼灸   
ボディーコントロール・トレーニングについては こちらをご覧ください。
Posted at 10:32
 モダンな作品だと、クラシック特有のリフトではないものがいっぱいあります。振付家との仕事では、いろいろな動きをやって試行錯誤するものも多く、その後に、カラダのコーディネーションがうまくいかない、ということがおきてきます。
 
腰のくぼみが痛くて、腰が伸びない、と来院されたMさん。他に、同じ側の首にも強いつっぱりが出ていました。
左軸のドゥヴァン、スゴンと右軸のデリエールがうまくいかない原因は、脊柱起立筋のバランスの崩れにありました。診てみると、腰椎と頚椎に軽い側弯が出ています。
 
このような側弯は一過性で、多くが脊柱起立筋の筋緊張によっておきます。
 
脊柱起立筋は、骨盤から肩、首の上まで伸びる長〜い筋肉で、おおよそ3層に分かれています。
 
腰痛、背痛、脊柱起立筋
 
この脊柱起立筋の上に、広背筋や菱形筋、僧帽筋などの背中の筋肉がのっているのです。一番下の深層は、細かく脊柱に張り巡らされているとでもいうか、煮魚の背骨の周りのある身と似ている構造担っています。
 
トルソーを右に左に回旋させるには、この背骨につながっている筋肉も使われているのですが、筋肉の特性から言うと、より外側にある大きな筋肉の方が力が強いのです。そのため、外側ばかりが動いてしまうと、トルソーの微妙な捻りはつくれないどころか、外側の大きな筋肉に引っ張られて、脊柱そのものが所々左に右にずれたりする。これが一過性の側弯です。
 
こうなるといつも動いている脚の土台は=骨盤にも、ズレが生じていきやすい。
Mさんの場合は、腰のくぼみに痛みを感じてしましたが、骨盤にも左右差が出ていました。
 
このようなケースでは、痛みのある箇所以外、脊柱起立筋のバランスを整える必要があります。脊柱へのアプローチとしては、カイロプラクティックが有名ですが、お灸と鍼によるバレエ鍼灸も大きな効果を発揮します。
 
同じ脊柱起立筋の症状でも、ダンスの種類や年齢によって別のアプローチを加えた方が良い場合があります。
 
 
 
いずれにせよ、バレエ、ダンスでは、動きの中心となる脊柱のバランスが大切です。
腰痛、首の痛みの陰にも脊柱起立筋のアンバランスが隠れています。
 
女性の場合は、生理周期によって靭帯ば緩みやすくなるため、常にバランスを整えておくことが大切です。
 
Posted at 10:34
<< 前のページへ
|
次のページへ >>