バレエ治療院|ダンサーの鍼灸治療,コンディショニング,バレエ解剖学講座,ジュニアのコンクール・留学準備,フィギュア・新体操ジュニアの昇級テスト対策,新宿,代々木|鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院、ダンサーのためのバレエ鍼灸、バレエ整体、コンディショニング、バレエ解剖学講座、バレエジュニア・フィギュア、新体操ジュニアのトレーニング。バレエ治療院鍼灸スペースあんじゅ@東京代々木

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

ダンサーズ症例ケース

ダンサーが悩むケガの症例と治療について紹介しています。
【テーマ】
■■O脚■■
■■アキレス腱■■
■■膝痛・半月板■■
■■腰痛、ぎっくり腰、ヘルニア■■
■■股関節痛■■
■■側湾■■
■■肉離れ■■
■■有痛性外脛骨・三角骨■■
■■種子骨■■
■■肋骨の痛み■■
■■ターンアウトforプロ■■
■■ダンサーの甲■■
■■バレエ留学への道■■
■■バレエ整体■■
■■過去のケガの再発■■
■■冷え性による血流障害■■

腰が痛いと来院したYさん。アラベスクやデリエールのカンブレで腰が痛くなるのだそうです。
 
背中に柔軟性があるタイプは、意識しないでも後ろに反りやすいので、肋骨が開いて腕と体幹がつながりにくくなり、結果、腰や背中の筋肉に負担がかかりやすいのです。 ベッドの上で背屈を見せてもらうと「ぐにゅ」というような感じで後ろに反れてしまいます。
彼女のようなケースは、全体的にカラダが柔らかいタイプに多いのですが、柔軟性がありすぎる場合、きちんとカラダを支えるコントロール力を身につけないと腰や股関節を痛めやすい特徴があります。
 
今回の腰痛には、腸骨稜や脊柱、腰の筋膜に炎症らしきものはありませんでした。このようなケースだとバレエ整体で施術していくことができます。同じように背中が柔らかいタイプでも炎症が出ているケースもあります。そちらの場合は、炎症を抑えることが優先になるので、バレエ鍼灸の対象になります。
 
Yさんのケースは整体でおこないました。腰痛だと、背臥位からおこなうと思われがちですが、最初のターゲットは腰部ではありません。遠隔部から施術するのがバレエ整体の定番になっています。(ケースにもよりますが) まず足指のコリをほぐしていくこと、これが結構重要なポイントです。
 
バレエ整体、アラベスクで腰が痛い
 つま先を伸ばす動きが多いバレエでは、どうしてもあし趾には、負担がかかります。実際には、大切なのは、足底全体なのですが、そのコントロールを身につける間には、甲側のあし趾に力が入りやすい。そのため、多くの人のゆびはつっぱってしまっています。 この状態でいると、膝や股関節も固まりやすくなってきます。
 
なので、あし趾を含めた足部へのアプローチはとても重要なのです。足部がほぐれてくると膝や股関節にも緩みがでてくるので、ようやく骨盤周囲を含め、腰部の施術へと進むことができるのです。
 
 
 
 
場合によっては、腰部の前に腕と背中を施術しないとほぐれないケースも少なくなく、Yさんも肩甲骨と上腕骨のつながりが悪くなっていました。これは先程言った背中が柔らかいタイプに少なくないんですね。体幹を支えていなくても本来の柔らかさだけでそれてしまうからこそ、支えていない肩甲骨と上腕骨がしっかり伸びきらならなくなるからです。
 
バレエ整体、脚が上がらない
 
ここまでくれば、腰に直接施術しなくても既に腰や背中は充分ほぐれる手前になってくれています。背臥位で、施術するのも末端から始めることがほとんど。この辺が、一般の整体とは違うところだろうと思います。腰部や背中は踊りではとても大切かつ負担がかかりやすい部位ですが、腰部背部を中心に施術したとしても、最後床に立った時に、直ぐ踊れる状況にはならないことがほとんどです。何故なら、全てのステップは、つま先から頭部まで全体のコーディネーションとコントロールが大切だからです。
 
 
 
 
 
 
背部の後、横臥位の施術を加えてアラベスク、アティチュードの調整をおこないます。ここまでくれば、腰の痛みはほとんど出てません。(ただし、これができるのも炎症がないからこそ)仕上げにアロマトリートメントをいれ、筋肉の線維を押しつぶさないようになめらかにしていきます。
 
ラストの確認で、脚のあがり具合をみますが、ほぼ12時のラインにまであがることができていました。そこまであげられるんだ??とびっくりされることもありますが、それは逆にコントロールさえ身につければ、負担なくあがるということなんです。 プロ中のプロのダンサーさんは、「ウンウン、この感じだったわ〜」と感覚を確認していることも少なくありません。
 
脚の挙上角度は骨格の個性によって決まるので180度いってなければダメということではなく、その人の最大の角度までいくことがポイント。それは=腰部、背部、股関節などに負担がかかっていないからそこまでいける、ということで、それはつまり、踊る準備ができているカラダに戻れたかどうかをみているのです。 背中が柔らかくて腰にいつも負担を感じている人はこちらへお問い合わせください。
 
 
 
テーマ:バレエ整体 
Posted at 10:57
アキレス腱痛  [2018年09月14日]
10年前、5年前よりも多くの情報が公開されていて、ダンサーだけでなく、小学生でも手軽にしりたいことを調べることができる状況になっていますが、やはり、バレエ的なつま先の伸ばし方をしっかりつかめている生徒は少ないのだ、と改めて感じています。
 
「レッスンだけでなく、歩く時も痛かったんですが、今終わったら痛くないです」 両方のアキレス腱が痛いと来院したKさん。
 
一番痛みが出るのはアキレス腱直上だそう。 確認のために、ベッドの上で自分でつま先を伸ばしてもらいました。 案の定、写真上のような伸ばし方になっていました。(こちらの写真は参考写真です)
 
バレエのつま先、ポワント
ここで、診なくてはいけないのが、距骨のところで引っかかりがあるのかないのか?です。なので、私が補正をしながら伸ばしてみると、この写真のようにしっかり伸びていきます。
 
しかも、私が補正して伸ばす時はアキレス腱には痛みが出ませんでした。 彼女は、このところ痛みマックスだったそう。なのに、アキレス腱直上に明らかにあるはずの炎症症状はほとんどありません。
 
この状況はどういうことかと言うと、距骨突起によるアキレス腱痛ではなく、又、ジャンプの着地やフェッテの練習などからくる衝撃によるアキレス腱の炎症ではない、ということ。 つまり、つま先の伸ばし方やポワントの立ち方に足りないところがあり、その負担がアキレス腱にきている、状態なのです。
 
アキレス腱直上や内側、外側に明らかな炎症症状が出ている時は、まず治療が必要です。 炎症をそのままにしておいても、3週間ほどあれば収まっていきますが、その間レッスンやリハーサルをすれば、炎症のある部分に更に負担がかかり、炎症が広がるだけでなく、痛みからかばう動きが始まり、足首より上のふくらはぎや膝、時には股関節、腰にも痛みが出る可能性があるからです。
 
 
炎症がさほどではない時は、お灸だけで済むこともあります。それは、実際に状態を診てからでないと判断できません。
 
炎症がなく、でも痛みが出るのであれば、今度は何故痛みになるのかの原因を見つけることが必要になります。 そのためにいくつかの動きを診るのですが、多くの人が踵重心になっている傾向があります。
歩き方も軽くなく、ペタペタ歩いている、、、バレエを踊っているのにですよ⁉︎そこで、年齢的に必要があれば歩き方を修正することから始める場合があります。
 
Kさんも歩き方を修正すると、歩いても響いていた痛みはなくなりました。
 
いかんせん、バレエを踊る人は、生徒のみならず、ダンサーですら膝を曲げることは悪、とでも思っているのかしら?と感じざるえないくらい、脚を伸ばして歩こうとしています。それが固めて伸ばしていることになっていても気づいていない。
 
膝関節は、元々曲がるようにできている関節です。それは人の動きとして自然なことであり、バレエでもプリエでは、ちゃんと膝を折りたたんでつかいます。 バレエで膝をしっかり折りたたむことは、次のパのエネルギーであり、そこから全てのパが生まれるのですよね。だからこそ、自然に軽く膝の曲げ伸ばしができるようになることこそ、大切なはずです。
 
けれど、多くの人は、膝が伸びていることだけを重視しているようにみえます。 膝を伸ばしたいなら、トルソーを引き上げていればいいのに、それを忘れて落ちた上体で伸ばそうとする。その結果、体重は後ろに傾き、歩き時にはペタペタ歩きになっている、これでは本末転倒ですよね。
 
歩き方が変わってくると腰も少し上がってきます。
けれど、実際に足の踏み替えなどを見せてもらうと、腰は全く上がらず、足だけでやっている。 うーーーーんん、いったいどうなっているんだろう???? そういうケースが多発しているのです。
 
ある意味、カラダと動きを関連づけていく作業、いわゆるコーディネーションが目覚めていない、もしくはおやすみしている人が本当に多いです。 これが長いケガによるブランクがある場合なら多少理解はできるのですが、ずっと踊り続けている人に少なくない、しかも、こと、10代にとても多いのです。 大人になっても踊り続けている人、また再開した人に色々悩みがあってうまく踊れない理由は、カラダの変化だけでなく、このようなつなぎの悪さにもあるのではないか、と思います。
 
とにかく、骨盤を立てて座ることができない、これは、ジュニアだけでなく、大人のダンサーや教師にもいたりします。もちろん、ダンサーや先生であれば、踊る時には違うのでしょうが、何気ない座りの時に腰が落ちているままを許している人が少なくありません。 ケガをするきっかけはいろんなところに潜んでいますが、もしかすると、リハーサルや舞台上のアクシデントやパートナリングだけでなく、普段の姿勢の緩みが知らず知らずつもりつもってケガを招いているのは少なくないのです。
 
骨盤を立てて座れないと、フロアバレエのエクササイズは、やってもリハビリやトレーンニングにはつながりません。
そのため、最近は、シンプルな筋トレやスストレッチをして、カラダの感覚を目覚めさせ、動きをカラダをつなげられるような工夫をしてます。
 
特に膝を外に向けようとする、立つときは押して後ろに引いても伸ばそうとする、足首がグラグラしても甲をだしてドゥミをするなど、見た目だけにとらわれていることが多い。
 
それが証拠に修正する時に多くの人が、目で確認しようとするんです。
 
カラダには重心やラインをコントロールするセンサーがいっぱいあって、バレエやダンスはそれをフルにつかう必要があるのに、自分の目で見ないとラインが確認できないのであれば、舞台にでることはできませんよね。舞台には鏡がないのですから。
そういう意味でも、多くの人がカラダのセンサーを使いきれていない、と感じます。
 
アキレス腱痛の完治は、痛みや炎症を抑える治療だけでなく、痛みが出ないラインに立ってつま先がコントロールできるラインの修正もとても重要だと考えています。
 
Kさんの場合は、炎症が少なく、体重も軽い10代だったので、トレーニングメインで行いました。
その結果が上の感想です。
 
アキレス腱の痛みは、我慢していても簡単に治らないケースが少なくありません。それは筋肉と違う腱のは特性にあります。いつまでも続く痛みが更に別の箇所に広がると確実に踊りの質にも影響がでてきます。 早めの対処を心がけましょう。
 
アキレス腱痛の治療についてはこちらへ(痛みの度合いで、治療かトレーニングか分からない場合は、その旨を書いてください)
 
テーマ:アキレス腱 
Posted at 10:38
3年前の捻挫が原因?と言われて来院したMさん。
バレエの解剖学的に診てみると、捻挫というより距骨の問題ではないかとみていましたが、その後スポーツ整形で画像診断を受けたのだそうです。
 
距骨突起、バレエ障害
 
その結果、やはり距骨突起でした。
よかったことは、三角骨までとがったり、骨折したりしてはいなかったこと。
これは良い結果です。
 
今後大切なことは、前回も報告したように、痛みを取る治療と、痛みを作らないカラダ作りです。
足だけで踊っていると、いつまで経っても痛みはとれません。解決するカギは上半身。腕と体幹がしっかり上に引き上げられていれば、足への負担は確実に減っていきます。
 
同じように三角骨に悩んでいたケースで、成長と共に体幹がしっかりしてきて、手術しなくて済んだ中学生のケースもあります。
 
子供の頃からの足の指だけで立つクセ、膝を曲げてでもポワントで立とうとするクセを解消していくことがポイントです。
 
三角骨障害に悩んでいる方は、まずご相談ください。
 
 
Posted at 10:24
<< 前のページへ
|
次のページへ >>