バレエ鍼灸、バレエ整体、ターンアウト改善、解剖学講師兼フロアバレエ資格者による施術、アキレス腱痛、足首の捻挫、三角骨障害、股関節痛、膝痛、アラベスクラインの修正、フィギュア、新体操、シンクロジュニアの開脚改善、東京、代々木、バレエ治療院、鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

バレエのケガというと、股関節、膝関節、足関節など、大きな関節の周囲を痛めるケースが多いのですが、中でも足首周りの故障は本当に少なくありません。
 
アキレス腱が痛いと言って、来院されたSさん、内くるぶしで足の腱がぴくぴく動くのが見えていました。この内側を通っている筋肉の腱は、分類すると足裏を曲げる屈筋で、一見するとアキレス腱周囲炎と同じに診えます。
 
ただ、彼女の例はアキレス腱周囲炎ではなかったのです。
 
実際に痛みは出ているのは、内くるぶし周囲なのですが、原因は甲側の伸筋(指を伸ばす筋肉)にありました。足の指の力が強く、クッと引っかかってしまうばね指が原因して、内側のくるぶしに痛みが走っていたのです。
 
では何故、このような状況になったのか、というと、やはりつま先を伸ばす、というバレエ特有の動きがきちんとできていないから、です。
このつま先を伸ばすムーブメントは、一見すると足の指に力をいれて先の方に伸ばすように見えてしまうのですが、そういうやり方をすると、アキレス腱は逆に縮まってしまいます。
 
重要なのは、足裏の筋肉をしっかりつかってアーチを作っていくことで、つま先が伸びる、にしていきたいのですが、これがなかなか伝わっていない。
 
もちろん、お教室の先生方は指導されていると思います。指は丸めない、床に足がついているときは伸ばす、タンジュやピケの時でも指先を固めないとは伝えていても、生徒一人ひとりの「あ、分かった」につながらないことが本当に多いのですね。
 
それは、ジュニアのトレーニングで足裏のエクササイズをするときに痛感されられるのです。
 
どの子もつま先を伸ばしたいと必死で頑張っているのだけれで、そう思えば思うほど 足の指を固めて伸ばそうとするのです。
その状態でずっと踊っていれば、発表会やコンクールで踊る量が増えた時など負担が増すと痛みを抱えるようになってしまいます。
 
一人ひとり見ることは難しいかもしれないけれど、先生方には頑張ってほしいなと思います。
又、どうしても分かりづらいという生徒さんもいるのが現実。
 
そういうジュニアには、治療以外にトレーニングコースターンアウトアップ+プラスで、つま先のトレーニング方法を伝えています。 アキレス腱痛、ばね指などは放っておかず、しっかり治療しましょう。そして力を入れずに伸ばせるつま先を目指しましょう。
 
 
テーマ:アキレス腱 
Posted at 21:27
<< 前のページへ
|
次のページへ >>