バレエ鍼灸、バレエ整体、ターンアウト改善、解剖学講師兼フロアバレエ資格者による施術、アキレス腱痛、足首の捻挫、三角骨障害、股関節痛、膝痛、アラベスクラインの修正、フィギュア、新体操、シンクロジュニアの開脚改善、東京、代々木、バレエ治療院、鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

ダンサーズ症例ケース

筋肉もまだまだ柔らかな年代であるはずの10代20代。それなのに、 骨盤周りが固まって腰が痛い、というケース。 一体何が起きているのでしょうか?
 
若い世代の腰痛の原因は、レッスン量、リハーサル量に比例して起きるケースが少なくありません。コンクールや発表会のリハーサル、初めてのPDDへの挑戦など、通常のレッスンより踊る量が増えたり、新しいことに挑戦している時は、どうしてもカラダへの負担が増えてしまうからです。 特に、アティチュードやアラベスク、エカルテからのトゥール、早いバッチュなど、テクニックが高度になればなるほど、骨盤やトルソーの安定が欠かせないのですが、気持ちや目はどうしても足ばかりにいきがち。
 
その結果、足の上に位置する腰椎には大きな負担がかかります。 他にも、気温や冷房などの影響も考えらます。更に、生理周期によるホルモンバランスの変化も関係はあります。 でも、もっと大きな要因があると診ています。 それが長時間の座位。
 
いくらレッスン量が多いからと言っても、日常生活や学校の授業では、立っているより座っていることが多いはず。その座位が実は、腰に負担をかける大きな要因になっているのです。 長時間の座位が健康を損なうと、一時期話題になりましたが、バレエを踊っている若いジュニアのカラダにも長時間の座位は、大きな影響を与えています。
 
この年代で腰痛を抱えるジュニアのほとんどに、長座で腰が立たない状態になっている。年代がうえの大人ならいざ知らず長くバレエを踊ってきている10代20代で座っている時に骨盤のラインが後ろに流れ、結果、脊柱の下部(第11、12胸椎〜第5腰椎まで)が丸くなってしまっていることが本当に多い。
 
この状態に気づかないで、ストレッチやレッスンを続けた結果、筋肉自体は柔軟性があるのに骨盤周囲の筋肉がガチガチに固まってしまうのです。 本人も『なんだか腰が重いな。。。』とは感じていて、マッサージを受けたりストレッチをしたりみるけれど余り変わらない、、、、 そうこうしているうちに、大きなリハがあったり、高度なテクニックを何度も自習したり、PDDの練習が続いたりした後、どしんと腰に重い鈍痛が走り、腰周りが固まり、さらに上の背中や、時には膝にかけてまでガチガチに固まってしまうのです。
 
実際に治療で診てみると、腰回りの筋肉、特に骨盤横、大転子周囲の筋肉が薄っぺらくなっています。 筋肉はちゃんと血流が流れていると本来柔らかいのですが、まるで乾燥肉のようになってしまっているのです。更に、ケースによっては、腸骨稜(骨盤の上のライン)、仙骨の周囲に炎症が出ていることもあります。
 
 
バレエ鍼灸
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
硬くなった筋肉には緩みがないのに、更に負担をかけると筋肉を包んでいる筋膜や、骨盤周囲の靭帯や腱が引っ張られて結果、炎症を起こしたりします。 腰の鈍痛にヒリヒリした痛みやつっぱるような痛みが加わったりしている時は、炎症が起きている証拠。 そのまま治療をせずに踊り続けると、ある日突然、腰周りが全く動かない事態が起きるのです。
 
それも、レッスンやリハーサルが終わった後や、時には大きな舞台が終わってホッとした後などに動けなくなる、ということが少なくありません。 若い世代だと、ある程度我慢できるところまで踏ん張ってしまう、ということもあり、気づいた時には、脊柱にも側弯がでていることもあります。
 
 
急性腰痛やぎっくり腰は、さまざまな段階で来院するケースがありますが、大切なのは、鈍痛から鋭い痛みなどに変化した時に、我慢せずに治療をいれることです。 炎症が少なければ少ないほど、治りも早く、リハーサルやレッスンにも短期間で戻れますが、炎症の度合いが大きいと、より時間がかかってしまうからです。
 
生理時の痛みとは違う、踊りすぎた時の鈍痛とも違う、その痛みを見逃さないこと。踊っていると、どうしても一時中断することがしにくいのは、よく解ります。いつもだと寝れば治った痛くなくなるから、も充分解ります。 けれど、1ヶ月、3ヶ月、時には半年我慢してしまうケースも少なくありません。舞台直前にどうしようもなく痛くなってしまう、と肝心の舞台がうまくいかないことになりかねません。 今のカラダの状態を自分で把握して必要なケアや治療をいれることが大切です。
 
 
 
>>>電話:090-9362-0080
 
 
Posted at 10:03
 もう一歩が足りないを力で押すから痛みにつながるのです。
 
種子骨、バレエのケガ、治療
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 種子骨とは、足の裏にあって、第一趾(母趾)を支えてくれる大事な骨です。ダンサーの中にはこの種子骨に痛みを訴えたり、場合によっては骨折してしまうケースもあります。
 
足の裏にあるため、痛みがあると歩きにくくなり、重心をずらして歩く癖がつき、足部より上のバランスが崩れてきたりする、厄介な症状。 痛みが最盛期の時は、歩く際にテーピングやサポーターをする必要があります。
けれど踊りとなるとどうしても痛みが繰り返しやすい。
 
治療は、種子骨周りに出る炎症をお灸と鍼でこまめに取り除く必要があります。
 
後はバランスが崩れている足部から上の筋肉を緩めることも必要です。
症状の程度によって、数回で済む場合もありますが、骨折だった場合はどうしても時間がかかります。
 種子骨痛い、骨折、原因、治療
この症状について、治療以外に必要なことは、くせがついてしまった歩き方やルルベの修正です。
痛みが薄れてきても、同じ歩き方やルルベをしていると又同じ症状が出てきやすいからです。 特にルルベは、どうしてもハイルルベにしなくてはと、足指の力で押してしまいやすい。そうなると「上がりたい気持ち」に反して甲は出ないし、膝も固まりやすい=ちゃんと上がれないため「もう一歩」と思って更に押すことになる訳です。(写真左)
 
これを解決するのは、いつも言うように上半身。
腕と体幹をつなげることで、上体をフワッと持ち上げやすくなる仕組みが生まれます。その上でルルベをすると、足指だけで踏ん張っているのと違ってより高い位置に上がれるし、ルルベしているのに安定している、という状態にもなれます。 判りやすいように線を引いてみました。修正後(右)、甲がほぼ垂直に立っています。
 
このような足で立てていれば、カラダ全体で踊れるようになるので、痛みはぶりかえさずに済むのです。
 
種子骨の痛みがある人は、まずはバレエ鍼灸で痛みをとりましょう。
 
 
 
>>>電話:090-9362-0080
 
 
テーマ:種子骨 
Posted at 10:57
今はクーラーで冷気で冷えてしまいやすい季節ですが、秋から冬にかけて気温が下がる時期は、バレエ公演が盛んな時期とも重なります。リハーサルが増えるのは当然なのですが、そうするとカラダへの負担も増していきます。
 
舞台でのグランの時に違和感を感じていたのが、年を明けて痛みに変わっていったという
Sさん。内側ハムストリングとも言われる、半腱半膜様筋の断裂と診断されて来院されました。
 
断裂と言ってもいろんな段階があり、彼女の場合は、深い断裂ではありませんでした。けれど、組織が回復するまで稽古を稽古を休んでいた影響で、脚をあげていこうとすると、強いつっぱりがでていました。そのため、自分でもフルでストレッチができなくなっている状態にもなっていました。
 
内股、半腱半膜様筋、ダンス、痛み、原因、治療、
断裂した腱の停止部である膝関節の内側には、かすかに炎症が残っていました。ケガ直後でなくても、日常生活のあらゆる場面で曲げ伸ばしが多い膝関節は、炎症がおさまりにくい関節でもあるんです。そのため、気づかずに踊り続けると、炎症が広がっていく危険性もあります。
 
停止部より上の半腱半膜様筋の中ほどには凹みがあり、筋線維に負荷がかかった跡がありました。このような部分は、まず周辺組織から治療していく必要があります。特に大腿部後面、ハムストリングは、筋線維によりコラーゲン組織の比率が高く血流が少ないため治癒に時間のかかることもあります。特に古傷の場合は、組織の修復が不完全で固まってしまっているケースもあります。治癒にどのくらい時間がかかるかは、挫傷後の日数や断裂の深さ、範囲にもよるため、診てからでないと、判断が難しいんのです。
 
余談ですが、時々、未だ一度も診てもいない方から、どの程度で治りますか?と質問されることがあるのですが、一般的に挫傷した箇所とその深さや組織、他、その方の年齢や場合によって体質、体温なども関係があるため、一概には言えません。又、挫傷後のどのくらいで治療に来たか、にもよります。大凡三週間から一ヶ月とされる治癒期間ですが、その間レッスンやリハーサルを続けていれば、負担がかかっている分、治るのも長くなります。
 
 
彼女の場合は、年齢的に若かったこと、ダンサーの典型である筋質が柔らかったこと、があり4回の治療で次のステージの準備に向かえる状態になりましたが、これはあくまで参考として考えてください。
 
ダンサーSさんも、ケガをする前後からカラダのバランスの崩れに悩んでいたようで、ディベロペで上げていく軸が外にずれていました。治療の初めは、炎症を抑え、周辺の筋肉の硬さを緩めることが先決ですが、治っていく段階で、整体手技を入れた治療へと変えていくことができます。整体では、バランスの崩れから伸びにくくなっていたスゴン、ドゥヴァンのラインを調整することができます。
 
ハムストリングスは、血流が少ない部位でもあるので、つっぱりを感じた時には、冷やしすぎると少ない血流を更に減らしてしまいます。アイシングには注意して、温めることと交代でケアするのがコツです。
 
そして、血流が少ないということ=治癒に時間がかかる、ことを意味します。ほっておかないて適切な治療を早めに受けることが大切です。
 
半腱半腱様筋の治療には  
 
 
 
 
テーマ:肉離れ 
Posted at 10:28
足首の痛みがとれないと来院されたKさん。最初はバネ指から始まったそうです。内果、外果周囲、伸筋肢帯にも炎症が出ていました。
 
足首の症例はこの前にも挙げましたが、多くはアキレス腱や靭帯、伸筋支帯などに炎症が出ているケースで、バレエ鍼灸で炎症を取り除き、足首の可動域を調整することで治っていくのですが、この方のケースは少し違いました。
 
Kさんの場合、治療後に調整をしても、どうしても今一つの部分があったのです。
その原因は足首よりもっと前、足指でした。
 
痛めた側の指に故障箇所があり、自由に曲げ伸ばしがしにくくなっていたのです。整形外科の先生は、この部分についてはあまり注目されなかったそうでしたが、足首の症状としてはそうなるのでしょう。
 
ただ、ことバレエでは小さな関節一つでもズレるとアプロンやラインに影響が及びやすいムーブメント。指の一つが自由に曲げ伸ばしできないということは、=足裏全体でしっかり床をつかみにくい状態をもたらしかねません。
 
 アキレス腱・三角骨・外脛骨・鍼灸スペースあんじゅ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
                       
足裏で床がつかみにくいのですから、当然、その上のカラダ、関節も安定しませんよね。その状態でも全身のコーディネーションがあるから踊ってこれたのですが、プロになるとこなさなければならない量は格段に増えます。足首はその結果だったのです。
 
一つの関節におきたケガは、その後その一つ上や下の関節にも影響を及ぼしやすい。以前にも紹介しましたが、このようなことがバレエやダンスではおきるのです。(足首の痛みが膝痛に繋がる)
もちろんこれは、どのスポーツでも同じなのですが、こと、最小限の力でジャンプやステップをこなさなければならない女性ダンサーの場合は、大きな影響をもたらすことになりかねないのです。
 
治療は、炎症を抑えること、関係のある筋肉の緊張をとること、そして、指の治療も行いました。関東ではなく、遠方からお越しになったので、滞在期間中、複数回治療を行い、指については、かかりつけの先生に話すようにお伝えしました。
 
バレエの足首のケガについては
 
 
 
 
Posted at 10:21
膝に痛みを抱えるダンサーの中に、膝のお皿=膝蓋骨がゆるい人が少なからずいます。
 
膝がゆるいとは、どういうことかというと、自分の膝のお皿を軽く左右からつまんでから、内側や外側に動かしてみると判ります。
大概の人は、外へも内へもさほど動かないのですが、ゆるいタイプの方は、膝蓋骨をつまんで動かすとグニュっと移動するのです。もちろんリラックスした状態でやるからこそなのですが、膝蓋骨がゆるいと、立っていても踊っていても負荷がかかりやすいという危険性が潜んでいるのです。
 
特にカラダが柔らかいダンサーさんは膝がゆるみやすい傾向にあります。他、ホルモンのバランスの影響を受けやすいタイプの人が、生理周期によって膝がゆるみやすかったりします。
 
膝関節は、曲げたり伸ばしたりが多い関節なので、この膝蓋骨が衝撃から守ってくれている訳です。この骨が動きやすいということは、つまり、膝関節周囲への負担が大きくなりやすいということを意味します。
この膝がゆるいタイプに加え、X脚が合わさると、更に膝関節への負担は増してしまいやすい。
 
バレエやダンスでは柔らかいプリエが重要と言われますが、大切なのはプリエの後、しっかり膝が伸びること。きっちり膝が伸びた脚では、膝下と膝上、つまり下腿と大腿が一本になるので(この時膝蓋骨は上に上がっています)アンドゥオールもしやすく、ジャンプの着地の負担も吸収してくれます。
 
けれど、膝がゆるいタイプは、膝蓋骨がきっちりあがりきらない時期があり、その時の負荷がダイレクトに膝関節周囲に及びやすいのです。気がつかないうちに膝が重くなって腫れてくる場合は、まず第一に炎症を取り除くことが最優先です。
 
炎症を抑えると同時に大切なのが、周辺筋肉の硬さを緩めること。炎症がある部分の組織を守ろうと硬くなっている筋肉では膝蓋骨は上がりきれないのです。
 
他に、レッスンだけでなく日常生活でも気をつけたこと、それが膝押し。立位の体重をにがすためツイツイ膝押し立ちをしやすいのですが、膝に炎症がある時はなおさら注意が必要です。レッスンでは気をつけても、日常生活では意識が抜けやすくなります。膝がゆるいタイプだと気付いた方は、日頃の姿勢チェックも大切です。
 
バレエの膝痛の治療は
 
 
テーマ:膝痛・半月板 
Posted at 10:19
助教をしているSさん、特に背中が硬くなったことが悩みでした。
どれだけ硬いのか?と思って診ると、カンブレなどは問題はないのです。アラベスクやアティチュードの時に、どうしても背中が伸びないのだそうです。
 
子供の頃、難なくブリッジやバク転などができる柔軟性は、成長すると減ってしまいます。元々関節がフレキシブルで成長後も超柔らかい人もいますが、全てのダンサーがそうという訳ではありません。
 
出産後に超、背中が硬くなったという先生もいますし、逆に、背中を反って腕をアンオーでキープする柔軟、ずっと大人になってからコツが分かってできちゃった、と言ったダンサーもいます。
つまり、背中の柔軟性は、カラダの元々の特性だけではない、ということ。
 
背中の柔軟性のポイントは、解剖学講座バレエアナトミーでも最初にとりあげる【腕と体幹のつながり】です。
 
 バレエ整体
Sさんも、腕に捻れが出ているのに気づかず、結果、腕と体幹がしっかりつながっていなかったのです。そうなると、若干肩は内巻きに傾きやすい。内に入った肩では、どうしても胸郭は上を向きにくいですよね。それが、背中の硬さとなって出ていたのです。
 
ケガややり難さの原因は、直接のその場所というより、他に原因があることがほとんど。彼女の施術は、上半身のラインを整えることを中心に進めていきました。
 
最初は、肩の可動域を広げる手技をすると首に影響が出ていたのですが、3回ほどで治ってきました。すると、背中のラインがスッと立ってくるようになり、反るのも楽になったのです。
 
その後、しばらく空いたのですが、舞台でドンキのPDDを踊ることになり再び来院。ドンキは、ご存知の通り、反るポーズが多く、ジャンプも沢山あるPDD。前にでていた背中のコリが再び出てきたそうです。
 
踊るものによって、カラダはどうしても影響を受けてしまうもの。キトリのヴァリエーションのことも考え、腕、肩、首のラインに加え、膝から下、脚のラインに捻れがでないように施術を行います。あんじゅの整体では、ベッドに寝てもらいながら、アラベスクやアティチュードのラインを調整する手技を取り入れており、リフトで抱えてあげられる時に負担がかかりやすい背中からハムストリングのラインを調整してきました。
 
その後、無事、ドンキのPDDを踊り終えたとご連絡いただきました。
 
背中が伸びない、反りにくい時、どうしても背中ばかりをみてしまいがちなのですが、踊るカラダは、カラダのパーツで考えると逆にコリをつくってしまいがち。大切なのは、全体性。バレエボディーの調整には、バレエの解剖学が土台のバレエ整体+アロマ、がオススメです。
 
 
 
テーマ:バレエ整体 
Posted at 10:18
コンテンポラリーやモダン、ジャスダンスのダンサーさん達の中には、柔軟性が十分にあってカラダのキレも良く、アップしないでも踊れてしまうタイプがいます。
この系のダンサーさんは、関節や筋肉自体は柔らかいのに、太もも前が奥までぎゅっと固まっていたり、お尻にコリコリの筋肉があったりします。
 
Yさんもそういうタイプでした。来院した時は、急性腰痛が起きた直後で、動くのも大変という状況でした。
 
診てみると腸骨稜ラインと仙骨の筋膜に炎症があり、骨盤周囲の筋肉が筋性防御でガチガチ。胸椎から腰椎まで一過性の側弯までできていました。まずは、炎症を抑え、固まっている筋肉をほぐすことが優先。その治療の間、何をどうしてもこうなってのかの経緯を聞きました。
 
すると。。。
『ヘルニアがあって、腰の筋肉をが固まりやすいので、伸ばそうとぶら下がって腰を引っ張るストレッチをよくやるのです』ということ。今回の急性腰痛発症前もそのストレッチを繰り返していたそうなのです。そして、一年に一度は同じような腰痛を発症していたそうです。
 
分からないではないです。骨盤周囲の筋肉が固まってくるととても踊りにくくてスゴくもどかしい。けれど、固まっているものに力を入れ引っ張って伸ばそうとすると、筋肉は逆に縮まろうとします。これを反作用と言います。
力で引っ張る系のストレッチでは、大きな筋肉が主に引き伸ばされ、内側のある小さかったり細かったりする筋肉は、引きずられてしまい、本来の働きができなくなってしまいます。
 
 バレエの腰痛、鍼灸スペースあんじゅ
治療の合い間、筋肉の特性と現状何が起きているかとお話しして、腰を引っ張って伸ばすストレッチは今後やらないようにお願いしました。
 
筋膜の炎症も一週間毎3回の施術でほとんど治りましたが、殿部と大腿部の深いコリはなかなか手強く、途中整体も加えながら、計5回の施術で、通常のレッスンと教えに復帰できるようになりました。
 
床からのアプロンを使って踊るバレエとは違い、モダンやコンテンポラリーは床とのコンタクトがとても多いダンス。どうしても重心が下に落ちてしまいやすいからこと、腰の位置は常に上に保っている方がよいのです。細かく
 
 柔軟な動きには対応できるカラダも、筋肉は自体はが固まっている状態で踊れば、筋肉を包む筋膜にズレだって起きてしまいます。筋膜は、季節の変わり目にも微妙に反応します。これから、蒸し暑い気温と冷えた室内との温度差がキツくなっていく時期。
他に、生理や年齢の影響もあります。
 
ダンサーのカラダは楽器と同じくらいデリケートなのです。自分のカラダの声を聞くだけでなく、筋肉の特性を知った上で、必要なのでストレッチなどを組み立てていくことが大切です。
 
 
 
 
 
Posted at 10:55
バレエ学校の試験の後、足首が痛くなって来院したRさん。
来た時には、足首だけでなく膝痛も訴えていました。
 
問い合わせがあった時は、捻挫とありましたが、足部を診ると、よくある捻挫(踝の外側にある前距腓靭帯)ではなく、踝の内側、しかもかなり足底に近い部分(後脛骨筋)に炎症が残っていました。
 
膝痛、足首、原因、バレエのケガ
この筋肉・腱は足の指を内側に曲げる筋肉で、足のアーチを作る大切な筋肉なのですが、彼女の場合、足の指の力がとても強いため、バレエシューズでもポワントでもこの筋肉をつめて踊っていたようです。
 
彼女にはもう一つ特徴がありました。それは、膝のハイパーエクステンション=X脚。この脚はバレエ向きと言われますが、実はコントロールするのは難しいのです。X脚の場合、膝蓋骨をしっかり上に引き上げることがポイントなのですが、見た目きれいな脚なため、コントロールを忘れてしまうと、膝が奥に入ってしまうのです。
 
しかも、足首にケガがあると、足底からのアプロンにズレが生じやすい。膝には、大きな炎症はありませんでしたが、しっかり治療を行い、お皿が上がりやすいように調整しました。
 
X脚や膝蓋骨が緩いタイプは、コントロールが難しいのですが、足指が強いとその力だけで踊れてしまったします。けれど、学年が上がり複雑なパが増えていくと、コントロール不足からケガになることも少なくありません。
 
X脚や緩い膝蓋骨など、自分のカラダの特徴は、10代半ば位にはちゃんと把握しておくことが大切です。そのまま続けることで、靭帯を損傷する、というケースにも発展します。
 
 
捻挫、足部の痛み、アキレス腱痛、そして緩い膝からくる膝痛など、はしっかり治療し、コントロールできるようにしていきましょう。
 
治療についてはこちらを  >>>バレエ鍼灸   
 
ボディーコントロール・トレーニングについては こちらをご覧ください。
 
 
 
 
Posted at 10:32
モダンな作品だと、クラシック特有のリフトではないものがいっぱいあります。振付家との仕事では、いろいろな動きをやって試行錯誤するものも多く、その後に、カラダのコーディネーションがうまくいかない、ということがおきてきます。
 
腰のくぼみが痛くて、腰が伸びない、と来院されたMさん。他に、同じ側の首にも強いつっぱりが出ていました。
左軸のドゥヴァン、スゴンと右軸のデリエールがうまくいかない原因は、脊柱起立筋のバランスの崩れにありました。診てみると、腰椎と頚椎に軽い側弯が出ています。
 
このような側弯は一過性で、多くが脊柱起立筋の筋緊張によっておきます。
 
脊柱起立筋は、骨盤から肩、首の上まで伸びる長〜い筋肉で、おおよそ3層に分かれています。
 腰のくぼみが痛い、バレエ、ダンス、原因
 この脊柱起立筋の上に、広背筋や菱形筋、僧帽筋などの背中の筋肉がのっているのです。一番下の深層は、細かく脊柱に張り巡らされているとでもいうか、煮魚の背骨の周りのある身と似ている構造担っています。
 
トルソーを右に左に回旋させるには、この背骨につながっている筋肉も使われているのですが、筋肉の特性から言うと、より外側にある大きな筋肉の方が力が強いのです。そのため、外側ばかりが動いてしまうと、トルソーの微妙な捻りはつくれないどころか、外側の大きな筋肉に引っ張られて、脊柱そのものが所々左に右にずれたりする。これが一過性の側弯です。
 
こうなるといつも動いている脚の土台は=骨盤にも、ズレが生じていきやすい。Mさんの場合は、腰のくぼみに痛みを感じてしましたが、骨盤にも左右差が出ていました。
 
このようなケースでは、痛みのある箇所以外、脊柱起立筋のバランスを整える必要があります。脊柱へのアプローチとしては、カイロプラクティックが有名ですが、お灸と鍼によるバレエ鍼灸も大きな効果を発揮します。
 
同じ脊柱起立筋の症状でも、ダンスの種類や年齢によって別のアプローチを加えた方が良い場合があります。
 
いずれにせよ、バレエ、ダンスでは、動きの中心となる脊柱のバランスが大切です。腰痛、首の痛みの陰にも脊柱起立筋のアンバランスが隠れています。
 
女性の場合は、生理周期によって靭帯ば緩みやすくなるため、常にバランスを整えておくことが大切です。
 
 
 
>>>電話:090-9362-0080
 
 
Posted at 10:34
カラダが柔らかいので、安定感、キープ力に欠けていて弱いのが悩みだというA・Sさん。
出産後、カラダが変わったと話しています。
 
骨盤が左右に開く出産で、骨格には大きな負荷がかかります。帝王切開の場合は、腹筋の感覚が戻りきらなくなります。
 
コンテンポラリーダンスをしていたAさん、20代になってからカラダの基礎作りとしてバレエを始めたそうです。コンテを踊ってきただけあり、ムーブメント自体は、なんの問題もない。けれど、ポワントとなるとどうしても立ちきれないのだそうです。
 
コンテンポラリーダンスは、バレエのテクニックに近いジャンルと、モダンやヒップホップに近いジャンルに分かれますが、いずれも重心に違いがあります。そのため、カラダを意識する場所が違うのですね。
 
診てみると、下腿の内、脛骨を捻って甲を伸ばそうとしていました。動く力があるダンサーの場合、バレエシューズでのレッスンなら多少ねじれていても動けてしまいます。(これはこれで危ないのではありますが)、けれど、ポワントワークはどうしても捻れがあると立ちきれません。
 
このようなケースでも、姿勢の崩れをチェックすることから始めていきます。
 
すると、腕にも捻れがあり、うまくアプロンが利かない状態になっていることが判り、同時に肩と首のラインにもズレが出ていることも判りました。
こういうケース、本人の自覚として歪みを強く感じる場合もあるけれど、皆さんがおっしゃるのは、『ずれてる』とか『はまってない感覚がある』なんです。
 
そして、動けるだけあって動きの中で、なんとか『ハマった』ところにもって行こうとするんです。これが、うまくいく時といかない時があり、うまくいかないまま、ずっとズレを修正しようとしていると、ケガにつながったりします。
 
先ほど書いた腕が捻じれ。これは猿腕との関係もありますが、ダンサーには結構猿腕少なくないのです。ということは、カラダをコントロールすることで、猿腕特有の腕の捻れは解消される、ということなのです。それがうまく解消されないのは、歪みや捻れが腕や肩だけの問題ではない、ということ。
 
最初は床に寝て、重心の確認、立って、捻れを修正した状態で、膝を伸ばす、などのエクササイズを行いました。
トレーニングを続けていくと、頭部から首の、肩のラインもズレが減ってきて、そうすると立方も変わっていきます。最初は、若干左に偏った立ち方だったのが、真ん中に戻っていくと、どんどんラインが修正されていきます。カラダが元から柔らかいダンサーは、微妙な左右差があっても、帳尻を合わせやすいのですが、それが出産を期にくずれてしまったのですね。これは女性特有の症状とも言えます。
 
出産経験がない場合でも、ホルモンバランスによってカラダのラインがずれやすいケースもあります。それについては、別のコラムで取り上げます。
 
いずれにせよ、いくら柔軟性があるからと言って、ズレや歪みを残したまま踊り続けることは、技の完成度を下げることにつながりやすいし、カラダにも負担がかかり、ケガになっていきます。
 
歪みがとれて立ちやすいカラダになってみると、『ああ、そうだった、ここだったっけ』という感覚が戻ってきます。そこに戻ること、あんじゅはそのサポートをしてます。
 
 
 
>>>電話:090-9362-0080
 
Posted at 10:48
『最近、足首、アキレス腱の辺りが痛いんです。』
 
と訴えたいたのは現在、膝を治療中のY先生。膝痛は、長時間、膝を折っていたポーズが続いたことで膝穴に圧力がかかってしまったのが原因だったのですが、膝がよくなってきたところ、次にアキレス腱痛がでたそうそうなのです。
 
このような状態は、カラダのバランスがうまくとれないため起きることなので、痛みがあるところだけ治療しても効果がでないことが少なくありません。と言うのも、バレエ、ダンスでは膝と足首は、それ以外、全てのボティバランスと常に連動しているからです。
 
よおく聞いて、診てみると、プリエで膝が折りたたまれる時、僅かに膝に揺れが見えました。ドゥミプリエは楽になってきたけれど、グランは未だちょっと怖い、という時期、気持ち的にプリエをしっかりすることにためらいが出たりします。
 
バレエの膝痛、
膝は大腿部と下腿部の中間にあり、内へも外へも動く訳なんですが、バレエのプリエでは足部と同じ方向に揃えることが大切。長年踊っていると、どうしてもその方向にカラダをもっていきたいと無意識に外へ外へと動かそうとします。
 
痛みやケガがない時にはすんなり出来たことが、なかなかうまくいかないことが続きます。と言うのも、挫傷して治療をしている時は、通常のすっと開く感覚が途切れてしまうため、どうしても力が入りやすい。でも、無意識に働く部分も残っている、それが、膝のブレとなって現れれるのです。
 
結局、アキレス腱の痛みは膝痛の関連として現れたもので、きちんとした膝の位置でプリエが入ると、足首にでていたツレる感じは無くなりました。
 
ケガをしていても、教えの仕事は中断できない教師やダンサーの場合、治療しながらでも踊らなければなりません。その間大切なのは、力ではなくカラダの内側からの声をよく聞くこと。これは、運動神経ではなく、感覚神経の役割で、これまでの踊りで必ず養ってきたものだからこそ、焦らなければ少しずつ戻ってきます。
 
バレエ治療院あんじゅでは、治療と並行して、膝の位置の修正、足首の位置の修正などもサポートしています。
 
膝痛・アキレス腱の治療は   >>>バレエ鍼灸
 
 
 
 
膝痛を克服してバレエに戻っていくための解剖学講座は   >>>バレエにアナトミー
 
 
 
 
Posted at 10:57
膝は曲げたり伸ばしたり、膝下は回旋したり複雑な動きをするため、お膝のお皿(膝蓋骨)を中心に、何重にも腱や靭帯が張り巡らされています。又、体重をしっかり受け止めるために大腿骨と膝下の骨(脛骨)との間に半月板が挟まっています。
 
元からカラダの柔らかいダンサーの中には、この膝蓋骨が緩くて膝が左右にぶれやすいタイプが少なからずいます。
 
両方の脚が5番でいる時は安定していても、ジャンプやアレグロのパは、軸脚と動作脚に分かれて踊る。つまり、片足で着地することがとても多い。しかも、ビッグジャンプの着地では体重の何倍もの荷重がかかります。
 
多種多様な動きを含むコンテンポラリーダンスの場合、ふとしたことでうまく重力をコントロールしきれなかった時、膝への負担がかかりすぎることもあります。
 
踊る量が半端ないダンサーや教えで長時間立ち続けている先生の中には、緩い膝に負担がかかって、半月板が傷ついてしまうことがあるのです。本人はそんなつもりはなかったと言うレッスン内容で傷がついてしまうケースもありました。
 
半月板は外側と内側の半円状になっています。
 
 
半月板損傷、バレエ治療院あんじゅ
今までに診た中で、繰り返す刺激に損傷していた半月板が消滅していたという例もありました。他、半月板に亀裂が入ったり、ささくれのようにめくれたり、割れてしまうケースもあります。
 
損傷度合いによってオペが必要になってきますが、血管で栄養されている外側の損傷の場合は比較的軽症と考えられ、オペをしなくて済むことがあります。いずれもしっかり画像診断を受けることが大切です。
 
半月板の損傷時には、大抵の場合、膝周囲の靭帯や腱にも炎症が出ており、これが痛みの原因である場合もあります。
 
診断を受けた後は、適切な鍼灸治療を受けることで回復は劇的に早くなります。
 
更に、しばらく通常のレッスンができないため、脚の筋肉が少しずつ衰えていってしまうのも見逃せないポイント。ここを軽く見てレッスンに復帰すると、筋肉のバランスが取れず又膝に負担がかかってしまうことになります。
 
他、ジャンプの着地でケガをした場合など、復帰したレッスンでジャンプをする度に、恐怖心がおき、そのわずかな心理的な負担からカラダのバランスが崩れ、痛めた箇所に負担をかけてしまう、というメンタル的な葛藤が起きることもままあります。
 
大切なのは、
1)画像診断をとり、現状を把握すること。
2)適切な治療を受けて、膝周囲の炎症を取り除くこと
3)レッスン、リハーサルへの復帰を念頭に置いた適切な筋トレを行うこと
です。
 
心理的なストレスがかかっている場合は、なかなか自分で解消できない場合もありますので、バレエ治療院でも東洋医学的・西洋医学的な面からアドバイスとしています。
 
実際ケガをしてみると、そう言えば、ああいう時にいつもここが崩れやすい、脚だけで飛んでいたなど、ケガをしたからこそ見直せることに沢山気づけます。
 
実は、そういう視点こそがとても大切。現状をしっかり見つめ直し、治療やトレーニングを加えながら復帰すると、ケガをする前よりカラダの感覚が鋭くなっていくことが少なくありません。
 
ケガをマイナスに捉えないで、色々な視点を取り入れていくことで、踊るカラダのバランスはとりもどせていきます。
 
バレエ治療院あんじゅは、治療でトレーニングで、解剖学講座で、半月板損傷から回復を願うダンサーのサポートをしています。
 
膝痛の治療は   >>>バレエ鍼灸
 
 
 
 
膝痛を克服してバレエに戻っていくための解剖学講座は   >>>バレエにアナトミー
 
 
 
テーマ:膝痛・半月板 
Posted at 11:45
股関節症と股関節痛  [2018年04月06日]
ダンサー、バレエ教師ならではな症状として変形性股関節症があります。
股関節の可動域が高く、柔軟に動かせるはずなのに何故?と思われるかもしれませんが、柔軟であるからこそなってしまう、とも言えます。というのも、ダンサーさんの中には股関節のツキが浅いタイプが少なくなく、この臼蓋形成不全をもっていると、変形性股関節症になりやすい傾向があるからなんです。
 
股関節痛、変形性股関節症、バレエ
10代20代の時には、痛みも違和感も何もなかったのに、30代を過ぎ、40代になってきて、 バットマンやディヴェロペで引っかかるようになってきた、又、リハーサルが続いて踊る量が増えるとだるかったり、違和感が出てきた。
 
こういう症状が半年以上続くのであれば、一度画像診断を受けておくことをお勧めします。
 
カラダが柔軟なだからこそ、動けてしまうからこそ、マックスまで使ってしまう傾向にあるダンサーさん達。元から関節が柔軟だからこそ、それまでの運動量が関節への負担になっているケースが少なくないからです。
 
骨は破壊と再生を繰り返していますが、軟骨は骨ほどには丈夫ではありません。関節の間にあってショックアブゾーバーになってくれていた軟骨も過度の刺激によってすり減ってしまいます。又、股関節にかかる荷重から軟骨の下にある骨が硬くなっていきます。
 
進行すると、関節のすき間が減り、骨に濾胞や骨棘(トゲ)ができたりするため、痛みから動かしにくくなり、関節の可動域がぐっと減ってしまいます。実際の状況は外からでは詳しくわからないので、画像を見る必要があります。
 
股関節は自分の体重を支えててくれる重要な関節。そこに変調が起きると歩くのも困難になり、関節の置換手術を考えなくてはならなくなります。
 
股関節痛は、太ももの前にある大腿四頭筋の使いすぎによる腱の炎症であるケースがほとんとなので、この場合は、腱の炎症を取り除き、大腿部や骨盤周囲筋筋緊張を緩めることで治癒しますが、年齢が上がると気づかない内に、ハムストリングや内転筋が衰えてくることも見逃せない要因です。又、女性は年齢と共に、体幹と腕のコーディネーションが弱くなってくるため、上半身のトレーニングも必要になってきます。
 
小さな変調をほっておかないで、現状をきちんと知ること、そして適切な治療とトレーニングを続けることで、関節への負担を大きくせず、踊っていく、これがとても大切です。
 
股関節痛の治療については  >>>バレエ鍼灸
 
 
体幹、上半身のトレーニングについては >>>ターンアウトアップ+プラス FOR プロ
 
 
でサポートしています。
テーマ:股関節痛 
Posted at 10:47
足首のケガを分析すると  [2018年04月01日]
さて、2018年も新学期が始まります。
 
1月から3月までで新しくいらしたクライアントの分析をしてみました。
中でも多いのが、足首のケガアキレス腱痛三角骨や外脛骨、種子骨の痛みもあり全体の割合でいうと、23.2%でした。
 
その内訳をみると、なんと77%が2000年生まれ以降のバレエジュニアでした。
そして、ケガの要因はと言うと、やはりポワントワークなのです。中には、つま先を伸ばしたい甲を出したいと、ラバーバンドをグイグイやりすぎたことによる足首の炎症もありましたが、ほとんどはきちんとポワントで立てていないことが原因。
 
足首のケガ、バレエ治療院あんじゅ
昨年、ユースアメリカングランプリの事務局が早すぎるポワントワークについて警鐘を鳴らす記事を出しました。まだ筋肉や骨がしっかり育っていない子供のうちに、ほぼ全体重のかかるトウシューズは、腱や靭帯だけでなく骨にまで変性をもたらしてしまう危険性もはらんでいます。
 
この10年くらいの子供の体力は、先生方がバレエを始めた頃の子供の体力と比べると大きく下がっている傾向にあります。学校だけでなく家庭でも大きくカラダを使うことが減り、体幹だけでなく腕や指の力がとても弱い子供が本当に多いです。
 
ポワントワークは、しっかり訓練を受けたプロのダンサーでも、オーバーワークになればケガの原因になるテクニックの必要なバレエの要素です。成人したダンサーの場合は、おかしいと思った時に自分でケアをしたり、必要に応じて適切な治療をしたりしますが、カラダの感覚がまだ未発達な特に小学生の場合、多少痛くても『どうしてもはきたいから、我慢して続けてしまう』ことが起きやすいのです。
 
3、4歳からずっとお稽古をしていて、自分だけポワントをはけない、というのはバレエジュニアにとっては何よりもツライことなのですが、まだまだカラダ全体でしっかり引き上げて踊ることができていないケースでポワントをはくことは、実はとても危険です。
 
アキレス腱など、軟部組織であれば回復もしますが、扁平足からの外脛骨などが進んでしまうと普通に歩くのも痛くなったりしますし、三角骨が骨折になり除去するオペをしてもオペ痕による痛みから解放されない、などのケースも過去ありました。
 
お教室の先生方には、ぜひ、ドゥミの訓練をしっかり見てあげて欲しいと思います。お教室の中を爪先立ちして膝を曲げて歩き回るクセのあるジュニアは、ドゥミができていないケースが少なくありません。そういう子の多くが上半身と腕が繋がっておらず、ふらふらしながら踊ってしまいます。
 
10歳前後の子供の目は、一番目に入るものに集中する仕組みになっており、大人と同じものの見方がまだまだできないのです。ポワントをはくときには、ポールドブラでしっかり支えることの重要性を見直すことをお勧めします。
 
ご家庭では、ポワントをはいた日には、足首から下を冷水で冷やす、などアイシングをすること、そして、ふくらはぎは温めたり、マッサージをするなどして硬くならないようにしてあげてください。
マッサージは、ぎゅうぎゅう押すのではなく、足の下から上へ、流すようにさすってあげることが大切です。
 
10代の内に骨を痛めてしまうと、それ以降、ずっとその状態でいることになります。そうなると一番やりたかったバレエで楽しくなかったり、やりたいことができなくなってしまう。
 
そうならないように、先生方、お母さまにはバレエジュニアを守ってあげて欲しいと思っています。
鍼灸スペースあんじゅでは、ケガなくバレエを続けることをサポートしてます。
 
 
アキレス腱痛、三角骨障害など足首の治療については  >>>バレエ鍼灸
 
 
ポワントの立方などパーソナルトレーニングは >>>ターンアウトアップ+プラス
 
 
お教室の先生方向けには >>>バレエの解剖学
 
 
お教室で解剖学を学びながらフロアバレエに挑戦する出張講座については >>>解剖学+フロアバー
 
 
Posted at 10:19
4歳から始めたのにいつまで経ってもカエルができない、小学4年生になるのにスプリッツや開脚が苦手。
そういうジュニアに多いのが姿勢のゆがみ。
一目見て分かるのは、頭部や両肩のズレです。

立っている時に、腕を後ろに組んでいたり、両腕は脇に置かれていても肩先が内に入っていたり、両肩が上がって頭部が前にずれてしまっていたり、このような姿勢が日常になっていると、バレエのレッスンをしても基本的テクニックが身につきません。

その結果、トウシューズを履く頃になって、立てない、膝が伸びない、腰が引ける、などの悩みを抱えることになります。又、無理をして頑張ってしまった結果、背中に側弯がでてしまったり、O脚が加速する、又、骨盤のラインがずれたまま成長したりするケースもあります。

カラダは成長していくために、本来、筋肉や腱、靱帯、骨は柔らかいのが普通です。けれど、その柔らかさが逆にカエルや開脚をやりづらくさせてしまう場合があります。

その底辺にあるのが、近年のジュニアの一般的な運動量の不足。バレエのお稽古だけでなく、全身をつかって動く量が減っているのは指摘されていますが、他に、日本人特有のカラダの構造も関係しています。

カエル・スプリッツ・開脚が苦手なジュニアは、多くが体幹(胴体)が薄い傾向にあります。海外でドレスを買って着てみると、デコルテのラインがガパガパで着られなかったと言うことが少なくないように、元々、日本人の骨格は西洋人の厚い胸郭と比べると平ぺったい傾向にあります。

もちろん個人差はありますが、上記ストレッチが苦手なジュニアのほとんどが体幹が薄いため、腕がなかなか体幹とつながらず、前に伸びようとしても肩がすくんで上がってしまったり、お尻がポコンとあがってしまう傾向が強いのです。

カエルストレッチができない理由
 4,5歳の頃からストレッチを毎日やれば改善すると、顔を真っ赤にしてがんばるジュニアもいました。子供なりにどうしても自分もできるようになりたいと、一生懸命になる状態、ここに落とし穴があったりするのです。

頑張ればかんばる程、完成しない時、カラダでは何が起きているかというと、意志の力で筋肉自体が緊張しすぎてしまって。ストレッチで伸びるどころが逆にストレッチを阻害してしまうことが起きてしまうのです。

大切なのは、頑張る方向を引っ張ったり力を入れたりするのではなく、するっと抜けるポイントを探して姿勢を整えてからおこなうことなのです。
あんじゅでは、カエルストレッチ、スプリッツ・開脚が苦手なジュニアのトレーニングをサポートしています。これらのストレッチができたからバレエが一足飛びに上手くなるのか?と言うと違うのですが、これらができるようになることは、姿勢が整っている証でもあるのです。その状態からレッスンと積むことが、テクニックを習得する上で大切なのです。

 
 
>>>電話:090-9362-0080
 
 
 
テーマ:側湾 O脚 
Posted at 14:26