バレエ鍼灸、バレエ整体、ターンアウト改善、解剖学講師兼フロアバレエ資格者による施術、アキレス腱痛、足首の捻挫、三角骨障害、股関節痛、膝痛、アラベスクラインの修正、フィギュア、新体操、シンクロジュニアの開脚改善、東京、代々木、バレエ治療院、鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

【テーマ】
■■骨で踊ろう■■
■■クライアントボイス・なう■■
■■バレエジュニアのカラダづくり■■
■■講習会・出張講座■■
■■バレエ鍼灸ヒストリー■■
■■コンクール・ヴァリエーション■■
■■バレエ留学■■
■■バレエ・ダンス考察■■

昨日28日ラストにいらしたのはアメリカから帰国中のダンサーさんでした。
 
カンパニーで踊ってきて、一年前くらいから、カラダの感覚が違ってきたそうで、脚がどうしても思い通り上がらない、というので、診てみると、やはり骨盤のラインに歪みが出ていて、外に外に引っ張って開こうとしていたんですね。
 
ダンサーも、特に日本人は、なんというかアンドゥオールコンプレックスがあると思うのです。もちろん、最初からカパッと開くタイプだったダンサーもいますが、全員が全員そうという訳ではありません。幼い頃から開け開けと言われるし、自分でももっと開きたいと思って踊っているからです。
 
だから、意識は常に外へ外へと向かっていくことが多いんです。でも、人間のカラダの構造だけじゃなく、力学的に考えても、左右に分かれているものを開くためには、内にしっかりと締まっているものが要るんですよね。そう、ちょうつがいの感じ。
 
内側に集める力を忘れて外へばかり開こうとするのはなにも日本人だけじゃないんですが、やはり骨格上アンドゥオールに不利な日本人の多くは、どちらかというと外への意識ばかりが強くなりがちなんです。
 
それでもまだまだ20代の内は、瞬発力も耐久力もたっぷりあるので故障しなくても済むケースが少なくありません。それだけ、踊る力があるからこそダンサーとして踊っていられるのですから。
 
でも、30代の声を聞くころから、そしてその年を過ぎていくと、カラダは変わってくるんですね。これは鍛えていてもどうしても起きてくるDNAのプログラミング。海外では30代で自ら踊ることを卒業するダンサーも少なくありません。それは、瞬発力や耐久力の変化とも関係あるのです。
 
この年代になって大切なのは、適切なメンテナンスと外からの視点を加えること、です。
 
バレエ鍼灸の後、ラインの調整をしていくと、彼女の脚はびっくりするほど高く上がっていました。『思っていたよりずっと中を意識するのですね。でもその方が突っ張りはありません』そうなんですね。ダンサーとして長年訓練をしてきたからこそ、きちんと開くラインに戻れるとすんなりカラダは開いていくのです。
 
このようなケースをあんじゅでは多々診てきました。だからこそ伝えたいのは、これ。
『もっと内側を意識する方がずっと楽に開いていく』ということ。他のコラムでも書きましたが、日本人の開くポイントは、どちらかというと内側にありなんです。
 
すっかり緩んで楽になった彼女、嬉しそうに『来年里帰りの時に又来ます』と帰っていきました。
 
ここが分かってくると、カラダの反応もグンと変わってくるんですよね。皆さんも、ぜひちょっと内側を意識して、すんなり開くポイントを探してみてほしいです。
 
今年もお疲れさまでした。
来年も、バランスのとれたバレエボディを目指していきましょう〜
 
 
 
 
ターンアウト改善、バレエ治療院あんじゅ
 
 
テーマ:骨で踊ろう 
Posted at 22:56
12月3日、今年最後のバー・アスティエクラスを終えました。ご参加の皆さまお疲れさまでした〜
 
この日は、バレエの解剖学講座を受けた先生方が3人参加されていたので、途中、そして終わってからも、いろんな方向に話題が行って盛り上がりました。
 
話題のひとつが、アラベスクでどう高く脚を上げるのか?でした。
コンクールの写真などを見ると、高い位置で脚が伸びている姿が載っていたりしますよね。
ああいうのを見るとどうしても生徒さんも高くと思うのは分かります。
 
けれど、脚は高く上げるのではないんです。
 
え?
 
いえいえ、そうなんですよ。
バレエの力学的に診ると、きちんと支えられて軸に乗れていると脚は高く上がっていく、のです。
 
コンクールで上位にいって次につなげたい、上手くなって、発表会で良い役をもらいたい
、そういう思いは分かります。
 
けれど、ドゥヴァンを高くあげたいと踏ん張ると太ももの腱を痛めて、股関節周囲に痛みが出たりする、又、アラベスクの脚をもっと高くしようと背中を反らすと、脊柱起立筋にかかる負担の左右差から側弯を作ってしまう、そのような状態になりかねないのです。
 
そんなことをして脚を上げていたとしても、それがバレエの基本からは外れているのは、審査員の先生方やお教室の先生から見れば直ぐ判ること。結果、アンドゥオールができていないなどの評価になったりするのですよ。
 
大切なのは、軸に乗れていること。
英語で言うと『on the foot』
 
footだからと言っても、足だけのことではありません。
逆に足だけで『on the foot』しようとすると、片足を外せなくなりますよ。
つまりは、パッセもできない、ということです。
 
 
脚は高くあげなくては、膝を伸ばさなければ、つま先だけは伸ばさなくては、脚は外を向いていなくては、そればかり考えてレッスンしているので、この『足の上に乗る』というシンプルなこともできなくなってしまうのです。
 
バレエは足技が多いから、どうしても下半身ばかりに目がいきがちですが、ダンサーさん達の、先生の背中は腕はどうなっていますか?
 
よぉーく目を凝らして見て欲しい。
大切なのは、カラダ全体でアンドゥオールを育てていくことなんです。
 
迷えるジュニアは、一度自分が『on the foot』できているか、チェックしにきてください。
今のところ、一回で『on the foot』できたジュニアは一人もいませんでした。
けれど、その後幾つかのエクササイズをしていくと、ちゃんと軸に乗れて、反対の脚が軽くなっていくのを味わっています。
その先にあるのが脚が高くあがっていく、ということなんです。
 
今までの感覚が変わっていきますよ(^_−)−☆
 
 
>>>電話:090-9362-0080
 
 
Posted at 10:59
<< 前のページへ
|
次のページへ >>