バレエ鍼灸、バレエ整体、ターンアウト改善、解剖学講師兼フロアバレエ資格者による施術、アキレス腱痛、足首の捻挫、三角骨障害、股関節痛、膝痛、アラベスクラインの修正、フィギュア、新体操、シンクロジュニアの開脚改善、東京、代々木、バレエ治療院、鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

【テーマ】
■■骨で踊ろう■■
■■クライアントボイス・なう■■
■■バレエジュニアのカラダづくり■■
■■講習会・出張講座■■
■■バレエ鍼灸ヒストリー■■
■■コンクール・ヴァリエーション■■
■■バレエ留学■■
■■バレエ・ダンス考察■■

Sさんのお母さまから連絡をいただきました。
 
ご報告が遅くなってしまいましたが、都立総合芸術高校の推薦入試に合格することができました!
 
(中略)かなり倍率も高かったのですが、身体表現のテストは楽しくできたようで、よい結果につながりました。
今後とも、先生にいろいろとご指導していただきたいと思っております。また次回からもよろしくお願いいたします。
このところの総合芸術高校は、年によって演劇コースの合格数が多いなど変化があるようです。
 
新国立劇場の研修所と同様、狭き門になっていますが、大切なことは変わりません。すごいテクニックがあることではなく、基本がしっかりしていること、これがポイント。
 
ではその基本とは何か?
その一つは姿勢です。
 
膝を押して立っていたり、足首が立っていない状態でプレパレーションに入っても、少し動いただけで、審査員である先生方にはバレバレです。
 
又、当然のように今は一定以上の身長が求められます。どんなに32回転をドゥーブルで回ろうが、高くジャンプしようが、コンクールで常勝していようが、150cm台の身長では合格できなくなっています。
 
遺伝的に身長が伸びない、という要因もありますが、ご両親ともある程度の身長があって自身が同じようにならない、その要因の一つが、脚の筋肉だけで踊るくせをつけてしまい、それを改善できないからです。
 
力が抜けているダンサーの筋肉はプルゥンとしていてしなやかです。それは、しっかりバレエの力学に則ってレッスンをしてきたからこそ。
 
中高生の成長期とは言え、ふくらはぎが硬くてコリコリ、太もももパンパンがいつも変わらないは、この力学が働いていないから力を使わざるえない証拠。だから身長も伸びなくなってしまうのです。
 
13歳〜15歳までの伸びが今ひとつ、と感じているバレエジュニアは、今一度、立ち方、姿勢、カラダのコントロールを見直してみてほしい。
 
若い今だからこそ、修正も可能なんです。その土台は、自分で気づく、ということ。自分のカラダがどう動いているのかを外から客観視できるくらいの視点を持つこと、これが大切です。
 
彼女も一生懸命頑張りました。まだまだ、夢への道は続きますが、しっかりカラダを作っていってくれる、と思います。そのためにあんじゅもサポートしていきます‼︎
 
Posted at 10:46

現在、冬季オリンピック競技の真っ最中、昨年11月に右足首の外側靱帯を負傷した羽生結弦選手がショートプログラムに登場して、すばらしい演技を披露、その復帰が大きな話題になっています。 

 

オリンピックシーズンの、しかもかなり直前のケガで心配されていましたが、2月12日に韓国入りして氷上の練習をしている姿を見ると、クリーンに滑っていて、ケガ明けの選手なのかと驚くほどでした。

『ケガの直後、痛み止めを打っても試合に出ようと思っていたけれど、足首がどうにも動かなかったので諦めた』と語っていましたが、この状態は靱帯の損傷がかなり激しかったことと推測できます。

通常、壊れたカラダの組織(靱帯とか腱とか筋肉線維、筋膜など)は、修復されるのに3週間ほどかかるのですが、ケガの程度により、この期間は長くなったりします。特に幾つもの骨にまたがって走っている足首の靱帯だと、治りきらないのに動き始めると、カラダの他の箇所にも影響がでて、かえって治るのに時間がかかることがあります。

特別なチームが組まれているので当然だったろうと思いますが、試合があって滑りたいのに滑れない状態をぐっと我慢して治療に専念し、出来る他の練習で置き換えて過ごしてきたこと、これが現在の状況をもたらしたことは明らかです。

ケガをして痛みを抱え、その不安から「いつ治るのだろうか」「いつ前のように踊れるようになるのだろうか」「どのくらいで治りますか?」と聞かれることが良くあります。

挫傷直後であれば、治療しながら3週間から一ヶ月くらいと答えられますが、ほとんどのケースで、挫傷後数週間〜数カ月、時には、1年後に治療院にくる方もいます。そういうケースの多くで、最初のケガの後に、比較的早く踊りに戻って、挫傷した箇所に加え、他の箇所にも負担をかけていることが少なくないのです。

傷の修復には、いろんな条件が重なります。年齢が上がれば上がるほど治りは遅くなります。又、先日も取り上げましたが、冷えを抱えていてカラダの血流が良くない場合は、それも治りを遅くする要因になります筋肉が硬くてガチガチになっている時も同様で、筋肉に走っている血管が圧迫されてしまっていると当然、血流も悪いので、治りが遅くなることがあります。

1日でも早く戻りたい、コンクールが、舞台が、教えが、オーディションがの気持ちは分かるのですが、カラダが治るシステムはそう大きくは変わらないのです。逆に、治りきらずに動き始めることが治りを遅くさせることも多いのです。あんじゅでは、場合によってある日数踊りを休むことを伝える場合もありますが、ケガの程度を診て、治療しながらレッスン、リハーサルを続けるということを勧めています。踊りにから離れて不安な時期は、それをサポートする筋トレも紹介しています。

ケガの後遺症が後々、ダンサー生命を短くしてしまったという例をいくつも知っているだけに、これだけは分かって欲しいと思っていること、一番大切なのは、ケガの履歴を残さないように、踊りに戻っていく道を作ってくことです。

羽生選手の今回の活躍は、バレエ治療をおこなっている側としてもすばらしい見本となると思います。続く活躍を応援しましょう。
Posted at 16:33
<< 前のページへ
|
次のページへ >>