バレエ鍼灸、バレエ整体、ターンアウト改善、解剖学講師兼フロアバレエ資格者による施術、アキレス腱痛、足首の捻挫、三角骨障害、股関節痛、膝痛、アラベスクラインの修正、フィギュア、新体操、シンクロジュニアの開脚改善、東京、代々木、バレエ治療院、鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

【テーマ】
■■骨で踊ろう■■
■■クライアントボイス・なう■■
■■バレエジュニアのカラダづくり■■
■■講習会・出張講座■■
■■バレエ鍼灸ヒストリー■■
■■コンクール・ヴァリエーション■■
■■バレエ留学■■
■■バレエ・ダンス考察■■

出張講座レポート 2018年4月  [2018年04月24日]
4月は2回、千葉のお教室にてフロアバレエの出張講座に行ってきました。
どのお教室も、皆さん興味深々で参加してくれました。解剖学ってどんなことなの?バレエが上手くなるのに、どんなヒントがあるの?そんな雰囲気をいつも感じます。
 
 
バレエの解剖学、出張講座、鍼灸スペースあんじゅ
 
このような出張講座を始めたのは、最初が2013年だからもう6年めになります。
 
どの講座でも伝えている内容はほとんど同じ、それは『自分のカラダをもっと身近に感じよう』の一言です。
 
骨盤は平らにしましょう、ポールドブラの時に肩を上げないようにしましょう、といつも聞いているカラダの注意、実は、その骨盤、肩が具体的にどこを指しているのか?意外と皆さんは知らなかったりするのです。
 
バレエでは脚だけでなく腕の形も厳密に型が決められていますが、その手の位置すらなんとなく、ということが少なくないのですね。
 
自分ではアラベスクの手をちゃんとやっているつもりでいても、実はそれが全然違ってた、だから脚だけであげることになり、結果、アラベスクで脚が上がらないのは、脚のせい、股関節のせいだと思ってしまうのです。
 
鏡を見なくても自分のカラダの位置をしっかり分かっていること、これは認知感覚というのですが、運動神経より感覚神経の働きが中心になります。
パを追いかけるあまり、自分の手の位置や脚の位置を考えずに動くと、全くバレエに見えないのは運動神経だけで踊っているからなんです。
 
歩くとか座った状態から立つという何気ない動きと違って、バレエのように意味のあるムーブメントの場合、カラダの位置と動きを常に一致させなければなりません。これを、カラダのパーツをしっかりコーディネーションしてコントロールする、と言います。
その時に大切なのが、ボディーイメージなんです。
 
まず、自分の骨盤や手やつま先、頭、肩などが、どの動きの時にどうなっているのか?に気づくこと、ここから出発することが大切なのです。
 実は、このボディーイメージ、もともと得意な人ほど上手くなっていきます。となると、もともと持っていない人はダメなのか?と言うとそうではありません。例え、ボディーイメージが【今】薄くても、自分で分かって育てていくことは可能なのです。特に10代の脳は柔らかいので、早くつかめれば『あれっ、これって‼︎』とスルッと分かってしまうこともあります。
一度で分からなくても、自分のカラダの位置を考えながら踊り続けることが大切。
 
自分で考えるのに、解剖学の視点があると判りやすくていい、ということなんです。
 
そして、カラダを見直す時に、座ったり寝たりしてエクササイズをするフロアバレエが役に立つんですね。と言うのも、立って踊らない分、きちんとコントロールして動かないとエクササイズにならないからなんです。つまり、逆に自分の欠点に気付きやすい、ということ。
 
この講座はフロアバレエの前に解剖学の時間を作ってより、ボディーイメージを掴みやすいようにしています。
自分のカラダについてもう少し突っ込んで考える、感じる視点担って欲しい、それがこの講座の狙い。
 
来月も、出張講座に行ってきます。
 
 
 
>>>電話:090-9362-0080
 
Posted at 10:46
海外にいるジュニアから時々連絡をもらうのですが、皆さん頑張っている様子がとても頼もしいです。

カナダに留学中のMさんは
今日イグザムがありました。実技の。次は来週の月曜日です。頑張ります。

二年になったら実技はアドバンスと言うのをやって、振り付けも勉強します。夏休み、帰る日が明確に決まったら市川先生に連絡します!
と写真を送ってくれました。
 一年のカリキュラムには、バレエ以外に、ピラティスやジャズも入っていて、カリキュラムの多さは驚くほど。日本と違って一日バレエ漬けの日が続きます。これが留学の利点です。
 

ロシアに留学中のMさんは、現在、コンクールに参加中。
こんばんは。今日第1ラウンドが無事終わり、通過しました。ありがとうございました。第2ラウンドはモダンで、頑張ります!
ロシアのコンクールはどれもとてもハードです。何しろヴァリエーションは5曲、モダンも1曲用意しなくてはいけないのです。しかも今年の冬、学校でインフルが流行ったそうで、クラスが閉鎖になったとか。ダンサーは特に脚の筋力をキープしておかなければならないので、この時には、レッスン場でなくても立ってできる筋トレ法を伝授しました。

 
そして、今年1月のコンクールに参加して、見事ロシアのバレエ団での研修と舞台参加権を得たAさんは、4月上旬旅立ちました。もっと早くでたかったそうなのですが、やはりビザの申請に時間がかかるのです。留学、研修、就職となるとこういう問題も発生します。
 
ロシアに行く日が決まりました。報告メールです。帰国した時に、またメンテナンスよろしくお願いします。骨の動かし方を意識して頑張ってきますね。
彼女の話によると、コンクールの成績と、留学や研修へのセレクションは必ずしも一致していないとのこと。これは他のダンサーさんからも同じ内容を聞いています。となると、コンクールに参加する意義、これををしっかり見直す必要がある、と言うことです。
 
皆さん、それぞれ自分の目指すところをしっかり見据えて進んでいます。あんじゅは、そんなバレエジュニア、ダンサーをサポートしていきます。

ターンアウト改善、バレエ治療院あんじゅ
 
バレエジュニアのカラダ作りは こちら >>>ターンアウトアップ+プラス
 
 
メンテナンス・治療については こちら >>>バレエ鍼灸
 
 
Posted at 14:18
パーソナルセッション・ターンアウトアップ+プラスでの出来事。
コンクールにも出て、少しずつ自分の踊る方向性を考え始めたMさん。
 
『私、自主練はかなりやる方なんですが、ただ闇雲に練習しててもダメだなって思ったんです。先生(これ、私のことです)は、何か違うって思った時は、どうしてるんですか?』
 
そうそう、こういう反応を待っているのです。
 
足りないカラダのためにこれをやりましょう、とエクササイズを渡してやる、これも大切なんですが、それよりももっと大切なのは、自分で違い気づき、何故上手くいかないのか?を自分の頭で考えて、じゃあ次はどうすればいいんだろう、と試行錯誤すること、なんです。
 
目の前のエクササイズをただ続けるだけでは、やり難いことは上手くならない。
ここまで来てくれたのはブラボー‼︎ こうなるとカラダの変化も少しずつ早くなっていく可能性が見えてきています。
 
なので、こう答えました。
『例えば因数分解の問題を間違えたら、、、』
と例えを出したら、
『あ、、数学、苦手なんです^^;』だったので、英語で伝えてみました。
 
『英語の文章問題で間違えたら、代名詞を間違えたか?人称を間違えたか?語順か?って分解して再度確認するでしょう?それと同じことをすればいいのよ』
 
に英語の得意なMさんは『英語もバレエも同じなんですね』と納得したよう。
どうやって分解していくかは、この質問が出る前にエクササイズでやっている時に、色々分解して伝えてやってくれているんですが、ただ、やっているだけ、よりも、自分で気づいて、このことなのか?と理解しながらやると、脳とカラダの関係は更に密接につながって、カラダの反応は良くなっていくのです。
 
分解していくには、バレエの解剖学が土台でお見せできませんが、確実に60分でラインが変わってきます。
 
自分のカラダを見直して、ラインを変えていきたいジュニアは、こちらからお問い合わせください。
 
 
 
 
 
>>>電話:090-9362-0080
 
 
 
 
Posted at 23:14
4月のアスティエクラス  [2018年04月04日]
4月1日のバー・アスティエクラス、初体験の人が5人、中学生、高校生もいたので、基本をじっくりやりました。
 
皆さんバレエやダンスをやっているので、動こうと思ったら動風かせちゃうんですよね。でもそれだとただ脚や手を動かすだけになりかねません。大切なのは基本の姿勢。解剖学的にどこで支えると楽に座れるのかをしっかり確認して、呼吸、上半身のエクササイズ、脚のエクササイズと続けました。この時意識してもらうのは、筋肉ではなくて、何時もいっているように【骨】。骨の方が絶対に分かりやすいのです。
 
初めてのムーブメントに最初は力が入りそうになるのが見えていた参加者さんも、クラスの最後には力が抜けるようになってきました。力が抜けると、すぅっと上に抜ける一本の軸が見えてくるんですよね(^_−)−☆
 
ここでも感じたのは、脚を開きたい思いが強すぎて、太ももに力が入ること、そしてつま先を伸ばしたいと指を固めすぎること。
開きたい、つま先伸ばしたい、とツイ力を入れて動かしてしまうのは分かります。でも、それでうまくいかない場合は、逆に力を抜いてみる、この発想にトライしてみてほしい。
 
脚の力を抜いてもグラグラしないには何が必要?
それが、姿勢で見直した上半身なのです。
 
アスティエクラスは、次回5月は13日日曜日です。>>>バーアスティエクラス
(参加枠は、あと 1名となりました→締め切りました   4月6日現在)
 
 
 バー・アスティエクラス
 
タグ:骨で踊る 
Posted at 10:58
<< 前のページへ
|
次のページへ >>