バレエ治療院|アキレス腱,ハムストリング,ふくらはぎ,股関節,膝,腰の治療,バレエ整体,ターンアウト改善,バレエの解剖学,新宿,代々木|鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院、ケガを治すバレエ鍼灸、歪みを整えるバレエ整体、軸を見直すパーソナルトレーニング、バレエ解剖学講座。バレエ治療院鍼灸スペースあんじゅ@東京代々木

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

ゆがみ解消のコツとツボ

バレエ治療院あんじゅがお届けする読むバレエセラピー
バレエ・ダンスのための『コツとツボ』の解説です。

ターンアウトのためにはカラダを固めないことが大切。楽に踊れる方法、それはカラダを支える点を意識することです。その方法をお伝えしています。

ツボの名前は覚えなくていいです。
それより、それぞれの場所を確認して自分のカラダで記憶していきましょう。

タグ:「エポール」の記事一覧

【背中の表情をつくる】  [2013年05月20日]
 キレイに反れる肩甲骨と骨盤の関係から生まれます


一枚目の写真を見てみましょう。スゴンのディベロッペですね。
こんな風に脚があがるのは股関節が開いているから、
と考える方が多いと思います。
確かに股関節が外旋しやすい骨格をしていることが重要な条件だけれど、
それだけでは足りないのです。
このポーズを後ろから見たのが二枚目の写真です。

そう、線を引いているところ、これが肩甲骨の下の部分です
この肩甲骨と骨盤がしっかり引き合っているからこそ、トルソが安定する。
そして脚があがってもふらつかなくて済むのです。

14,5歳までの子供さんの場合、カラダ自体がとても軽いので、
意識しないで脚を上げてもあがってしまうのですが、
これが第二次成長期を経て大人のカラダになっていくと
状況が変わっていきます。
そのため、脚への負担が大きくなり、
同じような使い方で脚を上げていると脚が太くなっていくケースも
出てくるのです。


バレエ・ダンスにとって股関節の柔軟性や外旋度はとても重要ですが、
踊りはムーヴメント。
手足が自由に使えることが豊かな表現力を生み出すことになるのです。

手足が自由に使えるために見直したいのが
肩甲骨と骨盤のコーディネーションです。

三枚目の写真にあるように、肩甲骨は肋骨の上部に乗っている骨です。
真ん中には背骨が走っていて、骨盤が下にある。

ハンバーガーで言うと、肩甲骨が上のバンズ、骨盤が下のバンズ。
中身のハンバーグを押しつぶさない様にしたい、その方がおいしいですよね♪
そう、ハンバーグが背骨なのです。
この背中と骨盤の間を詰めないように、しっかりキープする。
すると背骨周辺の緊張が減ってくるので、
デリエールのカンブレも楽にできるようになっていきます~

四枚目の写真の様に
ぐっと後ろの反らしたポーズがしっかり安定する、
このコツが肩甲骨と骨盤のコーディネーションです。







Posted at 10:50
バレリーナのほっそりとした首
しっかり肩がおりているから余計になが~く見えるのです

この肩をおろす、ということ
案外抽象的で難しかったりするのです


本日は、美しいバレリーナの肩をつくるコツとツボです
写真はわかりやすいように、表と裏二枚あります


解剖学的なことを言うと
肩甲骨をぐっとしたにおろす役割もする筋肉は
脇の下をとおっているのです

肩がしっかり下におりてくるとアンオーがとっても楽になります
是非鏡を見てやってみてください~

コツとツボの使用説明書はこちらをどうぞ
>>>読むバレエセラピー『コツとツボ』の内容(一番下の記事です)



何度も試してカラダに落とし込む
そして実際に踊る時には、音楽にのって踊っていきましょう~♪


Posted at 23:35
バレエには、カラダの位置にも決まりがありますよね
クロワゼは、カラダを絞る
エファセは、カラダを開く

この時の首の位置がけっこう難しいのです
解剖学的に、首は左右60°まで回ります

でも、バレエでそこまで回すと首のラインはきれいではないです

クロワゼでの首は45°

この角度をきれいに出してくれるコツとツボがこれ

かんこつ

鎖骨の内側

かんこつは、耳の後ろ、頭の後ろにある骨のでっぱり(乳様突起)の後ろにあります
バレリーナの美しい首のラインをつくっている筋肉
胸鎖乳突筋があるのです

この筋肉、鎖骨の内側につくのです


この二つの点を結びつけて
自然な斜めラインがをつくっていきましょう~


Posted at 18:35
<< 前のページへ
|
次のページへ >>