バレエ治療院|アキレス腱,ハムストリング,ふくらはぎ,股関節,膝,腰の治療,バレエ整体,ターンアウト改善,バレエの解剖学,新宿,代々木|鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院、ケガを治すバレエ鍼灸、歪みを整えるバレエ整体、軸を見直すパーソナルトレーニング、バレエ解剖学講座。バレエ治療院鍼灸スペースあんじゅ@東京代々木

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

ゆがみ解消のコツとツボ

バレエ治療院あんじゅがお届けする読むバレエセラピー
バレエ・ダンスのための『コツとツボ』の解説です。

ターンアウトのためにはカラダを固めないことが大切。楽に踊れる方法、それはカラダを支える点を意識することです。その方法をお伝えしています。

ツボの名前は覚えなくていいです。
それより、それぞれの場所を確認して自分のカラダで記憶していきましょう。

タグ:「アンドゥオール」の記事一覧

今回取り上げるのは、アンドゥオールのためのコツとツボ


股関節→膝関節→足首 このラインを真っ直ぐにしてみましょう

ポイントはこの3つ 図にあるように
股関節 ヒップソケットのあるところ
膝関節 膝のお皿のところ
足関節 足首の外くるぶしと内くるぶしの間

この3つをラインを真っ直ぐにすること、です


バレエセラピストブログにも書いたのですが
アンドゥオールという=脚を開く、股関節かららせん状に開く
というイメージで語られていることが多いです

実際にダンサーのラインをみると、綺麗に脚がクロスされていて、太ももが外に回っているのがみてとれます

そのために、アンドゥオール=太ももから開く~と意識してしすぎるのです
そして、結果的に太ももに力が入ってしまう、そういうケースが増えています

ということで、コツとツボでは
解剖学的バックボーンから解説してみます




股関節から、ヒップソケットからアンドゥオールさせる
アンドゥオールの大原則ですね

これは、太ももだけでアンドゥオールさせることとはかなり違うのです


脚の構造は
大腿部+下腿部+足部
の3つのパーツに分かれています。
そしてそれぞれに関節でつながっているのです
それぞれの可動域(動く角度)が違っています

じゃあmこの3つのパーツの可動域がちゃんとかみあっていれば
アンドゥオールできるのね~

と言いたいのですが・・・・実はちょっと又違う


股関節は外旋(アンドゥオール)させる働きがあって
その角度は一般的に45°
(先天的に可動域が高いダンサーでも最大65°くらいです)
そして
足部(くるぶしから下)には外に足を向ける働きがあって
一般的に 25°

なんと膝の関節には、外に向けると言う角度はないのです
あるのは膝を曲げる、もしくは膝を伸ばす角度

レッスンのプリエでは
膝の方向を足の方向は一緒に外に向けましょうと言われます
そうしないと膝がねじれてしまうから

で、膝の角度を外に向けようとすると太ももに力が入ってしまうのです
というのも、膝の関節は太ももの筋肉(四頭筋)で股関節とつながっているからなんです

だからこそ、脚は真っ直ぐ股関節・ヒップソケットから外旋させていくことが大切なんです
そうするとその人にとっての自然な外旋状態がつくれるます
そして、これは解剖学的に最大可能なアンドゥオール、になります


でも、これだけではバレエやダンスは踊れない
↑の解剖学的なアンドゥオールは、ややポジション的なとらえ方をしているから
そしてバレエ、ダンスはムーヴメントだから


バレエ・ダンスの基本であるアンドゥオールは
真っ直ぐな脚が股関節のヒップソケットから外旋している

上体がしっかり股関節からのアンドゥオールを支えていること
この時の上体は、頭から骨盤まで、お腹側も背中側も含めます

上体についての代表的なコツとツボはこちらから
>>>首と頭
>>>ボディ
>>>背中のライン
>>>腹筋を意識する


そして関連のブログ記事はこちらから
>>>どうやったら太ももに力をいれないでアンドゥオールするか?

カラダ全体がアンドゥオールに関わっている
だから体得するのにも時間がかかるです

毎日のバーレッス、センターレッスンのお稽古は
このアンドゥオールをしっかりカラダに刻むためにあるのですね
アンドゥオールの意識が変わっていくと、カラダも確実に変わっていきますよ~
Posted at 12:51
<< 前のページへ
|
次のページへ >>