バレエ治療院|ダンサーの鍼灸治療,コンディショニング,バレエ解剖学講座,ジュニアのコンクール・留学準備,フィギュア・新体操ジュニアの昇級テスト対策,新宿,代々木|鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院、ダンサーのためのバレエ鍼灸、バレエ整体、コンディショニング、バレエ解剖学講座、バレエジュニア・フィギュア、新体操ジュニアのトレーニング。バレエ治療院鍼灸スペースあんじゅ@東京代々木

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

ゆがみ解消のコツとツボ

バレエ治療院あんじゅがお届けする読むバレエセラピー
バレエ・ダンスのための『コツとツボ』の解説です。

ターンアウトのためにはカラダを固めないことが大切。楽に踊れる方法、それはカラダを支える点を意識することです。その方法をお伝えしています。

ツボの名前は覚えなくていいです。
それより、それぞれの場所を確認して自分のカラダで記憶していきましょう。

タグ:「脚」の記事一覧

バレエのおいてプリエはとっても大切な基本のき。
『何かあったらプリエをします。プリエの戻ります』と言うダンサーさんもいるほどです。

プリエは、単なる膝の屈伸運動ではなくて、plier〔plije〕というフランス語から来ています。【折る・折り畳む】という意味があるのはご存じのとおり。カシミアのセーターのツープライとかフォープライのプライもこの折り畳むから来ています。

バレエで柔らかくプリエすることは=次のパへの推進力にもなります。プリエでしっかり踏めるから、シャンジュマンやエシャペがしっかりしますのですよね。そのプリエ、どうしても曲げると言う意識が先にいってしまうことも少なくないのです。そこで、プリエをする時のコツ。それが今日のバレエのためのコツとツボです。


それはちょうどターンアウトさせる筋肉縫工筋がある場所、膝の内側になります。
そこにあるツボが曲泉(きょくせん)

手刀を作るように小指側の縁でそっと内側に斜めに走る線をなぞってみてください。そしてここを意識してプリエをしてみましょう。プリエだけじゃなく、アティチュードの時もここから膝を折り畳むのがコツです~


そして、実は膝がずっと痛いのです……という方は、こちらが必見。
膝痛ついて症例を紹介しています。

>>>膝の痛み ①
>>>膝の痛み ②


Posted at 18:07
<< 前のページへ
|
次のページへ >>