バレエ鍼灸、バレエ整体、ターンアウト改善、解剖学講師兼フロアバレエ資格者による施術、アキレス腱痛、足首の捻挫、三角骨障害、股関節痛、膝痛、アラベスクラインの修正、フィギュア、新体操、シンクロジュニアの開脚改善、東京、代々木、バレエ治療院、鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ
<<  2019年05月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ゆがみ解消のコツとツボ

現在、移行中のサイトですが、新サイトにプログラムミスが発生しており、ご迷惑をおかけしています。
当座の処置として、旧サイトを表示させております。

新サイトの表示は今しばらくお待ちください。

変更後)https://www.ange-acucare.com/

※ご予約の受付は、変わらず行なっていますので、ご連絡ください。

タグ:「プリエ」の記事一覧

バレエのおいてプリエはとっても大切な基本のき。
『何かあったらプリエをします。プリエの戻ります』と言うダンサーさんもいるほどです。

プリエは、単なる膝の屈伸運動ではなくて、plier〔plije〕というフランス語から来ています。【折る・折り畳む】という意味があるのはご存じのとおり。カシミアのセーターのツープライとかフォープライのプライもこの折り畳むから来ています。

バレエで柔らかくプリエすることは=次のパへの推進力にもなります。プリエでしっかり踏めるから、シャンジュマンやエシャペがしっかりしますのですよね。そのプリエ、どうしても曲げると言う意識が先にいってしまうことも少なくないのです。そこで、プリエをする時のコツ。それが今日のバレエのためのコツとツボです。


それはちょうどターンアウトさせる筋肉縫工筋がある場所、膝の内側になります。
そこにあるツボが曲泉(きょくせん)

手刀を作るように小指側の縁でそっと内側に斜めに走る線をなぞってみてください。そしてここを意識してプリエをしてみましょう。プリエだけじゃなく、アティチュードの時もここから膝を折り畳むのがコツです~


そして、実は膝がずっと痛いのです……という方は、こちらが必見。
膝痛ついて症例を紹介しています。

>>>膝の痛み ①
>>>膝の痛み ②


Posted at 18:07
<< 前のページへ
|
次のページへ >>