バレエ治療院|ダンサーの鍼灸治療,コンディショニング,バレエ解剖学講座,ジュニアのコンクール・留学準備,フィギュア・新体操ジュニアの昇級テスト対策,新宿,代々木|鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院、ダンサーのためのバレエ鍼灸、バレエ整体、コンディショニング、バレエ解剖学講座、バレエジュニア・フィギュア、新体操ジュニアのトレーニング。バレエ治療院鍼灸スペースあんじゅ@東京代々木

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

ダンサーズ症例ケース

ダンサーが悩むケガの症例と治療について紹介しています。
【テーマ】
■■アキレス腱■■
■■膝痛■■
■■腰痛、ぎっくり腰、ヘルニア■■
■■股関節痛■■
■■側湾■■
■■肉離れ■■
■■有痛性外脛骨・三角骨■■
■■ダンサーの甲■■
■■バレエ留学への道■■
■■バレエ整体■■
■■過去のケガの再発■■

タグ:「バレエ」の記事一覧

先日、始めてバレエ整体で伺わせていただきましたYと申します。素晴らしい施術に感激いたしました。感謝いたします。是非、次はターンアッププラスで伺わせていただきたいと思います。
 
Yさんのお母様より
 10代のカラダは、本来は柔軟性が高いはずなのですが、色々なきっかけで固まってしまうケースも少なくありません。レッスンだけでなく発表会のリハーサル、加えてコンクールに挑戦する場合は、レッスンも増えます。更に、部活にでなければならないと言うケースもあります。
いくら10代のカラダでも、長時間の負荷がかかり続けると筋肉は硬くなってしまいます。

また、中学受験を機にしばらくお稽古を休む、又、減らした後にも、注意が必要です。これまで、週4~6、ほぼ毎日レッスンしていた日々から、座りっぱなしの日常に変わり、カラダを動かすのは週1回、もしくは全くレッスンをしない生活。自分ではさあ踊れると意気込んでも、カラダの感覚が戻らないことが多いのです。その時に無理を重ねてしまうと、筋肉が硬くなり、カラダに歪みが出てきてしまいます。


何年もの訓練を経ているダンサーでも、夏休み明けはゆっくり調整したりするものです。
取り戻そうとがんばってしまうと、力みから無駄な力で踊ることになりかねません。


このような時必要なことは、
踊らない生活でできてしまったカラダの歪みを整えること

立つ、座るだけでなく、机に向かう姿勢やスマホを見ている姿勢が歪みをもたらすことが多々あります。クラシックバレエは、一本の軸に集めることがとても重要な踊り。歪みがあるとカラダが集まらず軸のないまま外側の筋肉で踊りがちになります。肩関節股関節だけでなく、手や脚の小さな関節も含めて、固まっている関節をほぐし、バランスのとれるバレエボディーに戻すことが大切です。


バレエ整体は、バレエの解剖学に沿ってバレエのラインを取り戻すためのメニュー。
本番前の調整だけでなく、リハビリにも使える整体とアロマトリートメントです。
 
 
Posted at 13:53
 

先日、始めてバレエ整体で伺わせていただきましたTと申します。

素晴らしい施術に感激いたしました。感謝いたします。

是非、次はターンアッププラスで伺わせていただきたいと思います。

T・Yさまのお母様より

 一生懸命レッスンしてきたのに上手く行かないことがある、このような場合、その原因は、カラダの歪みだったりします。例えば、右脚は上がるのに、左脚はあがりづらい、 左パッセは立っていられるのに、右パッセは保たない、など左右差があるケース。 
 
 特に、成長期でカラダ自体は柔らかいジュニアの場合、無理な力の入れ方が姿勢や骨格の変調や変化につながったりすることもあるので、注意が必要です。
 
 長座前屈で背中を少し丸めた時、左右の筋肉に差がでている時には、なるべく早い段階で修正することが大切です。
 
バレエ整体では、色々なケースに対応しています。股関節の動きに左右差が出ている時は、骨盤周囲筋だけでなく肩関節の動きも調整していきます。更に、左右差が深層筋のコリの場合は、バレエ鍼灸に移行することもあります。
 
今回のケースでは、10代の柔軟性のあるカラダであることから、整体からトレーニングメニュー、【ターンアウトアップ+プラス】で左右差をコントロールしていくことになりました。
 
バレエのステップができない、だけでなく、左右差が気になる場合は、その原因をしっかり見つけて修正していくことで、ジュニアであれば骨格に歪みを作らずに踊っていくこともできます。
 
 
Posted at 10:11
『股関節が鳴るんです』こう話す方がいます。
 
実際にカラダが鳴る訳ではないのですが、脚を動かすと股関節でコキっと音がなったように感じることがあります。何故、こんな音が出るのでしょうか。
 
骨盤の構造から診て股関節自体が鳴るのではありません。股関節は一番大きな関節で脚が抜けないように、靭帯、腱でしっかり骨盤と結びついています。
 
 バレエ、股関節が鳴る、
 
 
この音は、骨が鳴るのではなく、股関節周囲の組織(靭帯や腱、関節胞)に荷重がかかった結果、音が鳴るように感じるのです。同様の音は、肩関節や足首などでも聞こえたりする場合もあります。
 
股関節が悪いのではないかとレントゲンととっても何もない。結果、痛みが出てくるまでほっておくケースも少なくありません。
 
可動域が高くカラダの柔らかいダンサーの場合、脚を動かせる範囲が広いため、関節の接合面の限界ぎりぎりにまで動かせてしまう場合が少なくありません。
この時に大腿四頭筋の腱が他の筋肉の腱とぶつかってしまうことがあります。音が聞こえるのは、こういう時です。
 
ただ、これを繰り返していると、股関節の接合面への負荷を受けるため骨棘ができてしまう場合があります。そうなると、それほど動かしているつもりでなくても、骨棘に当って痛みが消えないことになってしまいます。
 
 
 
ジュニアの場合は、未だカラダが完成されておらず、上半身が鍛えられていないケースが多々あります。この時期に脚だけで踊るクセをつけてしまうと、大腿四頭筋の筋肉が発達してまいます。
太くなった筋肉を支えるために、腱には余分な負担がかかる。特に脚をあげる時、『一回鳴らしてからあげちゃうんです』のようなクセがつくと、腱に炎症が出てくる場合があります。
 
大人バレエの場合、ほとんどの人が太ももの筋肉・大腿四頭筋を酷使しています。そのため、ジュニア以上に腱には負荷がかかって固くなっています。年齢、体型、カラダの柔軟性にもよりますが、音が聞こえるのは、柔軟性があるタイプであることが少なくないです。
 
いずれのケースでも、音が聞こえるように感じるのは、骨ではなく、股関節に負荷がかかっている証拠。鳴るだけでなく股関節に炎症が出てしまったらまず、炎症を取り除くこと。
 
そして、最も大切なのは、股関節だけでなく、全身のコーディネーションでアンドゥオールすることを見直すことです。
Posted at 21:34
腓腹筋とヒラメ筋のスジが合体してかかとの骨・踵骨に付着する腱の部分をアキレス腱と言います。
男性ダンサーにアキレス腱そのものを痛めるケースが多いのは、男性のダンステクニックの中でも華やかで見栄えのするビッグジャンプが多いことと関係があります。

ジャンプの着地時にカラダのかかる負担は体重の何倍にもなります。より高く飛ぼうとすると、バレーボールやバスケットボールのように低くかがむ必要があります。
ムーブメントの美しさを重視するバレエは、アンドゥオールとアプロンによって背中を丸めてかがむような姿勢をせずとも高くジャンプするのですが、そのため姿勢の元となる体幹や脚の筋肉もバランス良くつかっていくことが大切なのです。

バレエの治療においては、アキレス腱の障害でも足首周りだけ治療すれば踊りに戻れるのではないことが、こちらの例でおわかりいただけると思います。

 
クラシックバレエダンサー Yさまのケース
 
3日後のステージのためのリハ終了後、アキレス腱に痛みを感じる
初発は半年前で、その後2ヶ月は休んだとのこと。

アキレス腱障害の場合、腓腹筋によく出てる強いコリが少ないことからも、彼がプロ中のプロのダンサーでありカラダがよくコントロールされていることが判ります。

アキレス左側に炎症があり、左右の腱の状態は明らかに違いが出ており、この部分の炎症を鍼と灸で取り除いていきました。

カラダを支える足部に障害があると、バランスをとるため他の部分にもコリが出ることが少なくなく、彼の場合は、肩甲挙筋と僧帽筋の中部にコリがありました。聞くと、リハでもリフトの調整が難しかったとのこと。訓練されたダンサーなので、リフトの失敗に至るまでにはなりませんが、そのまま続けていくと自分のカラダへの負担になっていきます。

アキレス腱の治療に加え、脊柱起立筋のバランスを整えて、治療を終わりました。

2日後の治療で診ると、アキレス腱の炎症は少なくなっており、小康状態と言えました。ただ、その前に診た背部のコリが強くなり、腓腹筋の深いところにもコリが出ている状態でした。舞台直前でリハーサルは終日、リフトの確認も多かっただろうことが見て取れる状態でした。

アキレス腱の炎症にはアイシングを施しながら、腓腹筋のコリと背中のコリを鍼をつかって動かす整体針で柔らかくしていき、その後、施灸で炎症を取り除きました。

この状態では、ジャンプの多い純クラシック系の演目は避けた方が良いだろうと伝えると、彼自身もそのことを考えており「足への負担の軽いコンテンポラリー系の作品に変更したよ」と語っていました。

本来、この状態であれば休養をとるか、どうしてもの場合は出演数を減らすのが普通なのですが、出演が決まっている来日公演で、来日した後のアクシデントのため、治療・加療しながらのステージとなりましたが、その後無事5日間のステージを終えたとお聞きしました。
 
追記:
女性ダンサーの場合は、ポワントワークによってアキレス腱に痛みを生じるケースが少なくありません。ただ、女性の場合は、アキレス腱そのものよりも、アキレス腱周囲に炎症や痛みを起こすことが多いのです。これをアキレス腱周囲炎と言います。
これについては、後日、このコラムにて紹介していきます。
 
 
Posted at 23:05
症例ケース 足首捻挫  [2014年08月31日]
Hさま (バレエダンサー)


舞台が3週間後と迫っている中で来院されました。『3ヶ月前にのばしてしまったようなんですが、治療してても治らないんです』という状態でした。

挫傷してかなり経つのに、前距腓靱帯に炎症が残っており、外くるぶし(外果)後ろの後脛骨筋腱にも炎症が出ていました。バレエ鍼灸では、お灸と鍼でピンポイントに施術をしていきます。舞台直前だとリハーサルも増えていくため、足首にかかる負担も当然増えていくので、炎症が繰り返されやすいのですが、3ヶ月も治らないということはありません。

まず、一回目の治療で伸びなかったつま先がしっかり伸びるようになりました。(参考 写真)
舞台前までに計3回の治療をおこない、舞台リハ、当日をしっかり踊れたとこのことです。




Mさま (社交ダンサー)


右足首に痛みが出て来院。翌月にパーティー、さらに翌々月にイギリス留学を控えていました。
約1週間ほど前に、足首をひねってしまったとのことでした。

Hさまと同じように前距腓靱帯に炎症があり、お灸と鍼の施術をおこないました。炎症はとれましたが、どうも『ツイストがうまくいかない』状態が残ります。

足首のケガでもバレエ治療院では踊るカラダ全体を拝見します。診てみると下肢(腰から下)に変に硬い部分がでていてコーディネーションがうまくいかないのです。よく伺ってみると2ヶ月前に膝を打撲していたそうです。それによる筋肉の偏りを取り除くと、格段に足首の楽に動かせるようになりました。

Mさまの踊っているのは高さのあるヒールで踊る社交ダンス。ツイストができないと踊りにキレがうまれません。2回の施術で、お仕事に戻っていらっしゃいます。

 

足首の捻挫で重要ポイント
まずはピンポイントな治療で炎症をしっかり取り除くこと。そして
それぞれのダンスで負担のかかりやすい下肢の筋肉を緩め、カラダのバランスを取り戻していくことです。


>>>バレエ鍼灸
>>>電話:090-9362-0080
 
Posted at 12:54
膝の痛み ②  [2013年11月10日]
◇膝の構造の解説
膝は曲がる動作がとても多いため、曲げる際の負担を吸収するように沢山の組織が関わっています。
下に、その筋肉と動きを大まかに紹介します。図と併せて見てくださいね。

膝に関わる筋肉
四頭筋 股関節は曲げる 膝下は伸ばす
外側ハムストリング 股関節は後ろに伸ばす 膝下は曲げてターンアウトさせる
内転筋群 大腿(太もも)を内側に寄せる 大腿(太もも)を内側に寄せる
縫工筋 股関節をターンアウトさせる 膝下は曲げる
                    
             
       
               








※これは一部のご紹介です


膝の動きを支える組織 半月板、前十字靱帯、後十字靱帯、           内側外側側副靱帯、膝蓋靱帯、腸徑靱帯
  




このほかにも沢山あるのですがこれらの筋肉組織が関わっている膝の運動、
股関節の運動とも連動していています。膝単体でバレエの動きをするの
ではないのですが、膝は横!という意識がとても強く、それがねじれを
生じさせる要因ともなっています。


◇注意が必要なポイント 痛みの段階が行き着く先
最初のサイン 痛みが消えにくくなる
次のサイン 痛みを抱えて続けると、別のところが痛くなる痛みの連鎖が始まってくる

  右が痛かったなら、左の腰が重くなるなど別の部位に負担かいく
その行き着く先 膝周囲の筋肉が耐えかね、靱帯や半月板に影響が出てくる 靱帯の損傷や半月板の割れを引き起こしかねません。




 
   
           












プロとして沢山のダンサーを診てきた経験から、今の状態を続けると
こうなっていくだろうという先も見えてきます。治療の際には、今どの段階なのか、
そのことについてお話しています。

痛みの段階でいくと、二つ目のステージの状態は人によって期間が異なり、
長くつづいたりするケースもありますが、その段階が長引けば長引くほど、
膝に負担がかかっているということでもあり、最終的に靱帯をきったり、
半月板を痛めたりすることに近づいてしまうのです。

一度ハサミで切った布が元の布に戻らない様に、一端カラダの組織に
メスをいれると、その後、元の組織に戻ることはありません。
だからこそ、痛みを取る治療、筋肉を適度に柔らかくするメンテナンスが
大切なのです。


◇バレエ的な視点
1ミリでも外へアンドゥオールしたい、の思いが筋肉を硬くする。

股関節の可動域があっても、四頭筋を強く働かせてしまっていると、
膝に負担がかかってしまいます。この状態で、ジャンプから着地すると
一気に膝への負担は増してしまいます。

四頭筋には、股関節をターンアウト=アンドゥオールさせる働きはないので
できるなら使いたくない。でもアンドゥオールしたいと、無理に開こうとすると、
結果一番使いたくない四頭筋をつかってしまうのです。
太ももから回すという意識でいると、四頭筋はどんどん硬くなっていきます。

大切なのは、一部ではなく、カラダ全体でアンドゥオールすること。
最終的には、これが重要なのです。



◇セラピーでのポイント
まず、一番痛みがおきている部位を中心に、膝に関わる筋肉をゆるめていきます。
更に大切なのは、骨盤周囲筋をゆるめること。
セラピーのポイントは、痛みのある膝だけを治すのではない、ということです。

先ほども書きましたが、大抵痛みをかかえている時、その上か、又下に問題がある
場合が多く、膝だけみていても、実際に踊りやレッスンに戻った時に、
治ってなかったということが起きるのです。

曲げても伸ばしていても痛みが強い場合にはしばらくコンスタントに通う必要
があります。これは、痛みの連鎖が他に及んでいるためで、この連鎖のサイクル
が落ちついてくれば、レッスンやスケジュールを考えて様子をみながらの治療にうつります。

その後、炎症もとれ、周囲の組織や部位にもゆるみがでてくるようになったら、
個別に使い方のアドバイスなどを加えたメンテナンスに移行、痛みをおこさない
ラインをカラダにしみこませていく、これも大切なポイントです。

◇クライアントさまからの声

メイク道具買ったんでんすよ〜膝が痛かったからもう舞台出ないだろうって、断捨離流行ってた時に、旦那と一緒にバンバン捨てちゃってたんですよ〜
もういっぺん出られるって思うと嬉しくていろいろ買っちゃいました。
 
受けた後はスゴく調子いいんですよ。カラダ軽くて。舞台前に又よろしくお願いします。
 
N・Rさま














元々関節が柔らかく、膝の靭帯が緩みやすいタイプのRさま。
以前にオペも経験されていました。
プリエをすると痛みがでる状態から、治療メンテナンスで、無事発表会に参加されました。



膝が痛くて、もう骨がどうにかなっちゃったのかと心配で、それならバレエは止めた方がいいのかなと思ってたんですが、そうじゃなかったんですね。ホットしました。
 
Kさま









膝が痛い=骨の異常、関節の異常、と感じることも少なくありません。
画像審査をしても、痛みの原因が分からない場合がとても多いのですが、
バレエの運動学、解剖学で診ると、アンドゥオールがうまくできていないために
ねじれがおきているケースがとても多いのです。

筋肉の緊張、硬いところをゆるめていくことに加えて、運動学的な視点に
基づいたセラピーがとても重要になってきます。


膝の痛み、プリエやジャンプの着地で感じる膝の違和感が気になる方はご相談ください。

>>>ご予約・お問い合せ
>>>電話:090-9362-0080
Posted at 13:55
膝の痛み ①  [2013年10月27日]
◇よくお問い合わせいただく症状
よくあるお問い合せの一つが膝の痛みです。
スネから膝の外側が痛い、グランプリエの途中で痛い、
グランプリエで膝が曲がりきらない、
膝の内側が痛い、などなどいろんな痛みをかかえて問合せがきます。

大抵は、画像審査で骨には異常ないと言われるケースがほとんどです。
けれど、膝の中が引っかかるような感じで痛くて踊れない…
中にはこういう声もあります。


◇実際にお聞きする声

ジャンプの着地でヤバって感じたんです、、、次の出番には大丈夫ですよね。。。。
プリエをすると膝のところに違和感がずっとあって。骨がどうにかなったのかと調べたんですが、何ともないと言われて。でもずっと膝が痛いのです。


◇何故起こる?膝の痛み
バレエ・ダンスを踊っていると一度は感じる膝の痛み、違和感。これは
どうして起こるのでしょうか?

最初のケースは男性ダンサーに多いパターンです。
以前、あるダンサーさんに『どうして舞台を降板したの?』と聞いたこと
があったのですが、その答えは『リハーサルで古傷に痛みが出て、
ジャンプが飛べなくなったからだよ』でした。ジャンプは男性ダンサー
の見せ場的なテクニックの一つ。リハーサルが続いて負担が掛かること
も大変多いのです。

この他多いのは、プリエをした時に痛みを抱えているケース。こちらは
女性に多い症状です。こういう症状がある時、ご本人は気づかない
内に太ももと膝下にねじれがおきていることがほとんど。
バレエのプリエは膝と足の方向は同じでなければならないのですが、
これがうまくいっていない時に膝に負担が掛かかり痛みを起こさせるのです。


◇鑑別のポイント
膝痛の時も注意しなければならない基本はやはり部位の特定。
そして炎症の程度を診ることも大切です。

膝の構造には沢山の筋肉・靱帯・骨が関わっているので、
同じ膝の痛みと言ってもどこが痛いのかで、原因となっている筋肉や
腱も違ってくるのです。

A 膝上  大腿四頭筋  ・・・男性>女性
B 膝下  大腿四頭筋の腱・・・男性>女性
C 膝外  腸徑靱帯・ハムストリング・・・女性≦男性
D 膝内  内側のハムストリング・関節の裂隙・・・女性>男性
E 膝裏  股関節・・・女性>男性

体重を支えるため脚の筋肉には大きな負担が掛かります。
そのためジャンプ系の多い男性の場合、膝上や膝下に痛みが出る
ケースが多い。

膝の外や膝の内側が痛い場合、太ももの筋肉も硬くなっています。
これは膝にかかる負担を脚の筋肉でカバーしようとしているせいなのです。
又、膝痛の場合、腰にも硬い固まりがあるケースがとても多い。
つまり、膝痛は、骨盤周囲筋の硬さから始まっていたというケースも
多いのです。なので、膝だけを部分的に処置しても治らないのです。
更に、ひとり一人の骨格や筋肉はそれぞれ違うため、ねじれが
おきている場合、膝のどこに負担がいくかは、それぞれ違ってくるのです。



今回も、長くなってきたので、分けてお届けします。
次回は、膝の構造から、注意が必要なポイント、バレエ的なポイントの視点から
書いていきますね。


Posted at 18:48
<< 前のページへ
|
次のページへ >>