バレエ鍼灸、バレエ整体、ターンアウト改善、解剖学講師兼フロアバレエ資格者による施術、アキレス腱痛、足首の捻挫、三角骨障害、股関節痛、膝痛、アラベスクラインの修正、フィギュア、新体操、シンクロジュニアの開脚改善、東京、代々木、バレエ治療院、鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

ダンサーズ症例ケース

タグ:「バレエ」の記事一覧

膝に痛みを抱えるダンサーの中に、膝のお皿=膝蓋骨がゆるい人が少なからずいます。
 
膝がゆるいとは、どういうことかというと、自分の膝のお皿を軽く左右からつまんでから、内側や外側に動かしてみると判ります。
大概の人は、外へも内へもさほど動かないのですが、ゆるいタイプの方は、膝蓋骨をつまんで動かすとグニュっと移動するのです。もちろんリラックスした状態でやるからこそなのですが、膝蓋骨がゆるいと、立っていても踊っていても負荷がかかりやすいという危険性が潜んでいるのです。
 
特にカラダが柔らかいダンサーさんは膝がゆるみやすい傾向にあります。他、ホルモンのバランスの影響を受けやすいタイプの人が、生理周期によって膝がゆるみやすかったりします。
 
膝関節は、曲げたり伸ばしたりが多い関節なので、この膝蓋骨が衝撃から守ってくれている訳です。この骨が動きやすいということは、つまり、膝関節周囲への負担が大きくなりやすいということを意味します。
この膝がゆるいタイプに加え、X脚が合わさると、更に膝関節への負担は増してしまいやすい。
 
バレエやダンスでは柔らかいプリエが重要と言われますが、大切なのはプリエの後、しっかり膝が伸びること。きっちり膝が伸びた脚では、膝下と膝上、つまり下腿と大腿が一本になるので(この時膝蓋骨は上に上がっています)アンドゥオールもしやすく、ジャンプの着地の負担も吸収してくれます。
 
けれど、膝がゆるいタイプは、膝蓋骨がきっちりあがりきらない時期があり、その時の負荷がダイレクトに膝関節周囲に及びやすいのです。気がつかないうちに膝が重くなって腫れてくる場合は、まず第一に炎症を取り除くことが最優先です。
 
炎症を抑えると同時に大切なのが、周辺筋肉の硬さを緩めること。炎症がある部分の組織を守ろうと硬くなっている筋肉では膝蓋骨は上がりきれないのです。
 
他に、レッスンだけでなく日常生活でも気をつけたこと、それが膝押し。立位の体重をにがすためツイツイ膝押し立ちをしやすいのですが、膝に炎症がある時はなおさら注意が必要です。レッスンでは気をつけても、日常生活では意識が抜けやすくなります。膝がゆるいタイプだと気付いた方は、日頃の姿勢チェックも大切です。
 
バレエの膝痛の治療は
 
 
Posted at 10:19
先日、始めてバレエ整体で伺わせていただきましたYと申します。素晴らしい施術に感激いたしました。感謝いたします。是非、次はターンアッププラスで伺わせていただきたいと思います。
 
Yさんのお母様より
 
10代のカラダは、本来は柔軟性が高いはずなのですが、色々なきっかけで固まってしまうケースもおきます。レッスンだけでなく発表会のリハーサル、加えてコンクールに挑戦する場合は、レッスンも増えます。更に、部活にでなければならないと言うケースもあります。
いくら10代のカラダでも、長時間の負荷がかかり続けると筋肉は硬くなってしまいます。


また、中学受験を機にしばらくお稽古を休む、又、減らした後にも、注意が必要です。これまで、週4~6、ほぼ毎日レッスンしていた日々から、座りっぱなしの日常に変わり、カラダを動かすのは週1回、もしくは全くレッスンをしない生活。自分ではさあ踊れると意気込んでも、カラダの感覚が戻らないことが多いのです。その時に無理を重ねてしまうと、筋肉が硬くなり、カラダに歪みが出てきてしまいます。

何年もの訓練を経ているダンサーでも、夏休み明けはゆっくり調整したりするものです。
取り戻そうとがんばってしまうと、力みから無駄な力で踊ることになりかねません。
このような時必要なことは、
踊らない生活でできてしまったカラダの歪みを整えること
立つ、座るだけでなく、机に向かう姿勢やスマホを見ている姿勢が歪みをもたらすことが多々あります。クラシックバレエは、一本の軸に集めることがとても重要な踊り。歪みがあるとカラダが集まらず軸のないまま外側の筋肉で踊りがちになります。肩関節股関節だけでなく、手や脚の小さな関節も含めて、固まっている関節をほぐし、バランスのとれるバレエボディーに戻すことが大切です。

http://all-in-one-cms.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/acucare-ange.com/files/AcucareAnge_balletanatomy.jpg

バレエ整体は、バレエの解剖学に沿ってバレエのラインを取り戻すためのメニュー。
本番前の調整だけでなく、リハビリにも使える整体とアロマトリートメントです。
 
Posted at 13:53
腓腹筋とヒラメ筋のスジが合体してかかとの骨・踵骨に付着する腱の部分をアキレス腱と言います。
男性ダンサーにアキレス腱そのものを痛めるケースが多いのは、男性のダンステクニックの中でも華やかで見栄えのするビッグジャンプが多いことと関係があります。

ジャンプの着地時にカラダのかかる負担は体重の何倍にもなります。より高く飛ぼうとすると、バレーボールやバスケットボールのように低くかがむ必要があります。
ムーブメントの美しさを重視するバレエは、アンドゥオールとアプロンによって背中を丸めてかがむような姿勢をせずとも高くジャンプするのですが、そのため姿勢の元となる体幹や脚の筋肉もバランス良くつかっていくことが大切なのです。

バレエの治療においては、アキレス腱の障害でも足首周りだけ治療すれば踊りに戻れるのではないことが、こちらの例でおわかりいただけると思います。

 
クラシックバレエダンサー Yさまのケース
 
3日後のステージのためのリハ終了後、アキレス腱に痛みを感じる
初発は半年前で、その後2ヶ月は休んだとのこと。

アキレス腱障害の場合、腓腹筋によく出てる強いコリが少ないことからも、彼がプロ中のプロのダンサーでありカラダがよくコントロールされていることが判ります。

アキレス左側に炎症があり、左右の腱の状態は明らかに違いが出ており、この部分の炎症を鍼と灸で取り除いていきました。

カラダを支える足部に障害があると、バランスをとるため他の部分にもコリが出ることが少なくなく、彼の場合は、肩甲挙筋と僧帽筋の中部にコリがありました。聞くと、リハでもリフトの調整が難しかったとのこと。訓練されたダンサーなので、リフトの失敗に至るまでにはなりませんが、そのまま続けていくと自分のカラダへの負担になっていきます。

アキレス腱の治療に加え、脊柱起立筋のバランスを整えて、治療を終わりました。

アキレス腱・三角骨・外脛骨・鍼灸スペースあんじゅ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2日後の治療で診ると、アキレス腱の炎症は少なくなっており、小康状態と言えました。ただ、その前に診た背部のコリが強くなり、腓腹筋の深いところにもコリが出ている状態でした。舞台直前でリハーサルは終日、リフトの確認も多かっただろうことが見て取れる状態でした。

アキレス腱の炎症にはアイシングを施しながら、腓腹筋のコリと背中のコリを鍼をつかって動かす整体針で柔らかくしていき、その後、施灸で炎症を取り除きました。
この状態では、ジャンプの多い純クラシック系の演目は避けた方が良いだろうと伝えると、彼自身もそのことを考えており「足への負担の軽いコンテンポラリー系の作品に変更したよ」と語っていました。

本来、この状態であれば休養をとるか、どうしてもの場合は出演数を減らすのが普通なのですが、出演が決まっている来日公演で、来日した後のアクシデントのため、治療・加療しながらのステージとなりましたが、その後無事5日間のステージを終えたとお聞きしました。
 
追記:
女性ダンサーの場合は、ポワントワークによってアキレス腱に痛みを生じるケースが少なくありません。ただ、女性の場合は、アキレス腱そのものよりも、アキレス腱周囲に炎症や痛みを起こすことが多いのです。これをアキレス腱周囲炎と言います。
これについては、後日、このコラムにて紹介していきます。
 
 
 

>>>電話:090-9362-0080
 
 
Posted at 23:05
ダンサーのケガ 足首捻挫  [2014年08月31日]
Hさま (バレエダンサー)

舞台が3週間後と迫っている中で来院されました。『3ヶ月前にのばしてしまったようなんですが、治療してても治らないんです』という状態でした。

挫傷してかなり経つのに、前距腓靱帯に炎症が残っており、外くるぶし(外果)後ろの後脛骨筋腱にも炎症が出ていました。バレエ鍼灸では、お灸と鍼でピンポイントに施術をしていきます。舞台直前だとリハーサルも増えていくため、足首にかかる負担も当然増えていくので、炎症が繰り返されやすいのですが、3ヶ月も治らないということはありません。

まず、一回目の治療で伸びなかったつま先がしっかり伸びるようになりました。(参考 写真)
舞台前までに計3回の治療をおこない、舞台リハ、当日をしっかり踊れたとこのことです。


Mさま (社交ダンサー)

右足首に痛みが出て来院。翌月にパーティー、さらに翌々月にイギリス留学を控えていました。
約1週間ほど前に、足首をひねってしまったとのことでした。

Hさまと同じように前距腓靱帯に炎症があり、お灸と鍼の施術をおこないました。炎症はとれましたが、どうも『ツイストがうまくいかない』状態が残ります。

足首のケガでもバレエ治療院では踊るカラダ全体を拝見します。診てみると下肢(腰から下)に変に硬い部分がでていてコーディネーションがうまくいかないのです。よく伺ってみると2ヶ月前に膝を打撲していたそうです。それによる筋肉の偏りを取り除くと、格段に足首の楽に動かせるようになりました。

Mさまの踊っているのは高さのあるヒールで踊る社交ダンス。ツイストができないと踊りにキレがうまれません。2回の施術で、お仕事に戻っていらっしゃいます。

 

足首の捻挫で重要ポイント
まずはピンポイントな治療で炎症をしっかり取り除くこと。そして
それぞれのダンスで負担のかかりやすい下肢の筋肉を緩め、カラダのバランスを取り戻していくことです。


>>>バレエ鍼灸
 

>>>電話:090-9362-0080
 
 
 
Posted at 12:54
<< 前のページへ
|
次のページへ >>