バレエ鍼灸、バレエ整体、ターンアウト改善、解剖学講師兼フロアバレエ資格者による施術、アキレス腱痛、足首の捻挫、三角骨障害、股関節痛、膝痛、アラベスクラインの修正、フィギュア、新体操、シンクロジュニアの開脚改善、東京、代々木、バレエ治療院、鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

ダンサーズ症例ケース

タグ:「バレエ鍼灸」の記事一覧

くるぶし周りが痛くてポワントで踊れないと言って来院したMさん。その捻挫は3年前だそうです。『これまで何軒かの接骨院に行ったけれど、甲がでにくいのは捻挫が原因だと言われてきたんです。』とおっしゃったのはお母さま。

はい、確かに数年前の捻挫の処置がよくなく、その後足部を痛め踊りを止める決意をした大カンパニーを辞める決意をしたダンサーさんを治療したことがあるので、そういう可能性もあるでしょう。けれど、診てみると痛めたという足首部分の皮下や皮膚に大きな差があるようには感じられません。3年前に痛めて、それが治らず未だに靱帯がゆるいというなら、もっと足首はふらふらしていてもおかしくはないのですが、そうでもない。

けれど、痛みがでる方のつま先を伸ばしてもらうと痛みがでる。
そこで、よく診ていると、問題なのはその伸ばし方でした。

ジュニアに多い(実はジュニアだけでなくシニアにも多いのですが)、足趾に力を込めて丸めて伸ばす伸ばし方をしている。そのため甲がでにくくなっているのですが、たとえ、そういうケースだとしても、私が補正してつま先を伸ばしていくとほとんど痛みを伴わずつま先が伸び、甲がでていきます。

実際のところ、つま先を伸ばそうとするとアキレス腱やくるぶしが痛いと言う場合、伸ばし方に原因があることが多く、その場合、炎症があっても骨に問題があることはまれです。

ただ、今回は違っていました。どう違っているかと言うと、補正しながら正しくつま先を伸ばさせていこうとしても、踵周囲でロックがかかり、それより先に伸びる余地がとても少なかったのです。

こういうケースはごく少数ですが存在します。
そして、その原因の多くは距骨の突起にあります。

 三角骨障害、バレエ、原因、治療
こちらの記事でも書いていますが(三角骨障害)ジュニアからずっと踊っていてポワントに移行した時にきちんと立てないと言う場合、距骨の突起が底屈(ポワントにすること)を阻害している可能性もあります。この距骨突起は誰にでもあるのですが、突起の形によって、バレエでいうつま先をのばしてポワントで立つための動きに制限がかかるのです。

距骨に特徴がある生徒の中には、痛みがでずそのままずっと踊ってしまう子が少なくなく、その結果、数年後に三角骨ができる、そしてできた三角骨が骨折したと言う例は山のようにあり、あんじゅでも何例も治療とトレーニングをおこなっています。


残念なことに一般の医療施設ではバレエやダンスの症例を数多く診ている訳ではないので、くるぶしの痛みを数年前の捻挫が原因と診断してしまうこともあります。

今回のケースではまず、痛みがでている箇所(実際は前距腓靱帯でななく)後脛骨筋腱とアキレス腱直上に施灸をし、合わせてふくらはぎ、スネの筋肉の緊張を緩める施術をおこないました。

そして大切なのは、距骨の突起に特徴があってもしっかり立てるところを探して立つ練習。そのポイントは上半身の強化です。こちらは、トレーニングメニュー【ターンアウトアップ+プラス】でおこないます。
 
 
長引くバレエ、ダンスのケガについてはこちらにお問い合わせください。
 
 
>>>電話:090-9362-0080
 
 
Posted at 10:27
コンテンポラリーやモダン、ジャスダンスのダンサーさん達の中には、柔軟性が十分にあってカラダのキレも良く、アップしないでも踊れてしまうタイプがいます。
この系のダンサーさんは、関節や筋肉自体は柔らかいのに、太もも前が奥までぎゅっと固まっていたり、お尻にコリコリの筋肉があったりします。
 
Yさんもそういうタイプでした。来院した時は、急性腰痛が起きた直後で、動くのも大変という状況でした。
 
診てみると腸骨稜ラインと仙骨の筋膜に炎症があり、骨盤周囲の筋肉が筋性防御でガチガチ。胸椎から腰椎まで一過性の側弯までできていました。まずは、炎症を抑え、固まっている筋肉をほぐすことが優先。その治療の間、何をどうしてもこうなってのかの経緯を聞きました。
 
すると。。。
『ヘルニアがあって、腰の筋肉をが固まりやすいので、伸ばそうとぶら下がって腰を引っ張るストレッチをよくやるのです』ということ。今回の急性腰痛発症前もそのストレッチを繰り返していたそうなのです。そして、一年に一度は同じような腰痛を発症していたそうです。
 
分からないではないです。骨盤周囲の筋肉が固まってくるととても踊りにくくてスゴくもどかしい。けれど、固まっているものに力を入れ引っ張って伸ばそうとすると、筋肉は逆に縮まろうとします。これを反作用と言います。
力で引っ張る系のストレッチでは、大きな筋肉が主に引き伸ばされ、内側のある小さかったり細かったりする筋肉は、引きずられてしまい、本来の働きができなくなってしまいます。
 
 バレエの腰痛、鍼灸スペースあんじゅ
治療の合い間、筋肉の特性と現状何が起きているかとお話しして、腰を引っ張って伸ばすストレッチは今後やらないようにお願いしました。
 
筋膜の炎症も一週間毎3回の施術でほとんど治りましたが、殿部と大腿部の深いコリはなかなか手強く、途中整体も加えながら、計5回の施術で、通常のレッスンと教えに復帰できるようになりました。
 
床からのアプロンを使って踊るバレエとは違い、モダンやコンテンポラリーは床とのコンタクトがとても多いダンス。どうしても重心が下に落ちてしまいやすいからこと、腰の位置は常に上に保っている方がよいのです。細かく
 
 柔軟な動きには対応できるカラダも、筋肉は自体はが固まっている状態で踊れば、筋肉を包む筋膜にズレだって起きてしまいます。筋膜は、季節の変わり目にも微妙に反応します。これから、蒸し暑い気温と冷えた室内との温度差がキツくなっていく時期。
他に、生理や年齢の影響もあります。
 
ダンサーのカラダは楽器と同じくらいデリケートなのです。自分のカラダの声を聞くだけでなく、筋肉の特性を知った上で、必要なのでストレッチなどを組み立てていくことが大切です。
 
 
 
 
 
Posted at 10:55
『最近、足首、アキレス腱の辺りが痛いんです。』
 
と訴えたいたのは現在、膝を治療中のY先生。膝痛は、長時間、膝を折っていたポーズが続いたことで膝穴に圧力がかかってしまったのが原因だったのですが、膝がよくなってきたところ、次にアキレス腱痛がでたそうそうなのです。
 
このような状態は、カラダのバランスがうまくとれないため起きることなので、痛みがあるところだけ治療しても効果がでないことが少なくありません。と言うのも、バレエ、ダンスでは膝と足首は、それ以外、全てのボティバランスと常に連動しているからです。
 
よおく聞いて、診てみると、プリエで膝が折りたたまれる時、僅かに膝に揺れが見えました。ドゥミプリエは楽になってきたけれど、グランは未だちょっと怖い、という時期、気持ち的にプリエをしっかりすることにためらいが出たりします。
 
バレエの膝痛、
膝は大腿部と下腿部の中間にあり、内へも外へも動く訳なんですが、バレエのプリエでは足部と同じ方向に揃えることが大切。長年踊っていると、どうしてもその方向にカラダをもっていきたいと無意識に外へ外へと動かそうとします。
 
痛みやケガがない時にはすんなり出来たことが、なかなかうまくいかないことが続きます。と言うのも、挫傷して治療をしている時は、通常のすっと開く感覚が途切れてしまうため、どうしても力が入りやすい。でも、無意識に働く部分も残っている、それが、膝のブレとなって現れれるのです。
 
結局、アキレス腱の痛みは膝痛の関連として現れたもので、きちんとした膝の位置でプリエが入ると、足首にでていたツレる感じは無くなりました。
 
ケガをしていても、教えの仕事は中断できない教師やダンサーの場合、治療しながらでも踊らなければなりません。その間大切なのは、力ではなくカラダの内側からの声をよく聞くこと。これは、運動神経ではなく、感覚神経の役割で、これまでの踊りで必ず養ってきたものだからこそ、焦らなければ少しずつ戻ってきます。
 
バレエ治療院あんじゅでは、治療と並行して、膝の位置の修正、足首の位置の修正などもサポートしています。
 
膝痛・アキレス腱の治療は   >>>バレエ鍼灸
 
 
 
 
膝痛を克服してバレエに戻っていくための解剖学講座は   >>>バレエにアナトミー
 
 
 
 
Posted at 10:57
バレエの解剖学でも大切な肋骨。普段はあまり意識しない骨ですが、このくしゃみの反動でヒビがはいることもあるなど、繊細な構造をしています。
 
肋骨の骨は全部で12対。
 
 
肋骨が痛い、リフト、ダンス
 肋骨が痛い、リフト、ダンス
その内1番目から10番目までは真ん中の胸骨についている(正確に言うと胸骨に接続しているのは第7まで)なのですが、11番目と12番目は、浮肋といって胸骨には接続しておらず浮いています。

ただ、この浮肋以外に踊っていて痛める場合もあります。それは、リフトでの接触で思わぬ負荷がかる場合が多い。いずれにせよ、背中が柔らかい女性ダンサーには時々ここを痛める人がでます。

肋骨は痛めてもコルセットがしにくく、処置も少ない箇所であることが辛いところ。リフトやコンテンポラリーのコンタクトなどで接触した結果、軽い骨折やヒビがはいったり、肋骨の間の筋膜を痛めることもある。

バレエ鍼灸ではこの症状も治療可能です。捻挫や筋膜炎に効果の高いお灸のパワーが治癒を早めてくれます。

治療+α大切なのは、ポスチャー=姿勢。
最近のダンサーは色々なジャンルを踊るせいもあり、頭部からトルソー、骨盤までのラインが崩れやすかったりします。そこを見直すことで、挫傷後の回復もより早まります。
 
 
 
Posted at 10:33
腰痛は、運動時痛、と静止時痛に分けられます。そして10代でもその両方の腰痛を抱えることがあります。

運動時痛を診てみましょう。
特に、アラベスクや、デリエールのカンブレ、又アップでの背筋トレで腰が痛い、と言う場合、ほとんどのケースで骨盤周囲の筋肉から上の脊柱起立筋に強い筋緊張がでています。そのため本来つかわれるべき筋肉の働きが阻害され、普段以上の負荷が腰にかかってしまいます。

背面の筋緊張は、人によっては気づかないこともあります。レッスンで動いてカラダが温まってくると緊張がほぐれて動けてしまうことも多いので、そのまま踊りつづけてしまう。けれど、深層筋にはまだ筋緊張が残っていて、やがてそれが強い腰の痛みになることが起きてしまいます。こう言う時には、筋緊張を越え、筋膜の炎症になっています。

もう一つの腰痛、静止時痛はというと、例えば、リハーサルで自分は待機の時、床に座っている時に動かしている訳ではないのに、腰が痛くなるのが、静止時痛。これは、腰や背中の筋緊張も診られますが、どちらかというと、逆に姿勢保持の筋肉は働いておらず、骨盤や脊柱の靱帯や腱に負担がかかっているのが診られます。そのため、腰骨の後ろ(腸骨稜)に強い緊張がでていたり、炎症が出ていることもあります。

筋力や柔軟性が充分高いはずの10代にどうしてこのような腰痛が起きるのでしょうか。
どんなに若くても小学生の時と同じにはいかない、と言うことです。中学生、高校生でもカラダの柔らかいジュニアはいます。けれど、その柔らかさは、骨に支えられているからこそ。ホルモンの関係もあり、筋肉は成長と共に少しずつ変わっていきます。その時、姿勢を考えず背中を反らせたり、アラベスクで脚を高くあげることだけを続けていると、脊柱起立筋を逆に硬くさせることにつながり、【いつもと同じように】反っているのに、腰が痛い、となるのです。

もう一つある原因が、普段の姿勢。こちらの方が深刻かもしれません。
日中の授業で長時間座っていることが多い10代。座っている姿勢が崩れてしまい背中や腰をおとして座ると、骨盤と腰の筋肉をつなぐ靱帯に常に負担がかかっている状態をつくってしまいます。この時腹筋側(体幹前面)は緩んでしまってお腹が出た状態になっていることがほとんど。このような状態が常時続いていると、動いているわけでないのに腰が痛い、と感じるようになってしまいます。
静止時痛のジュニアに長座させると、ほとんどが腰が後ろに落ちてしまいます。踊らせると動けて回れるのに、です。
 
どちらのケースも、出ている炎症を抑え、筋緊張がでている部分を緩めることが治療の基本ですが、更に必要なのが姿勢の確認。場合によっては、筋トレが必要なケースもあります。
                
待機の時や普段の生活で、このような姿勢をしていませんか?こうなっていたら要注意。
日頃の意識の差が、踊れるカラダを作っていくのです。
 
一ヶ月治らないバレエの腰痛には >>>バレエ鍼灸
 
 
 
 反ると痛い、腰痛、バレエのケガ
 
 
Posted at 10:43
甲が痛い ダンサー症例集  [2017年03月24日]
足部の甲が痛くてポワントで立てないと言う時、何が起こっているのでしょうか?


■骨がどうにかなっちゃったの?
■痛い時と痛くない時があったりするのってどうしてなの?
■このままずっとポワントで立てないの?

こんな風に不安になったりしますね。

一つひとつ診ていきましょう。

■骨がどうにかなっちゃったの?

バレエシューズと違って、ポワントをはくと足の自由が利き難くなります。本来ポワントは足部やシューズそのもので立つものではありませんが、レッスン量やリハーサル量が多かったりすれば、その分足部にも負担はかかります。

甲の部分は、筋肉が薄いため、人によっては骨が痛いのかと勘違いするケースが少なくありません。もちろん骨折というケースもありますが、その場合は歩く時にも痛いはず。バレエの甲の痛みは、ほとんどのケースで甲の軟部組織(筋肉・筋膜・靱帯・腱など)に傷ができたため感じる痛みです。


■このままポワントでずっと立てないの?
甲に痛みを生じやすいのは、足ゆびの力が強いタイプが少なくありません。子供の頃、ポワントで直ぐたててしまったタイプ。そして足が強いので、ジャンプが得意なタイプ。骨折だと復帰には2~3ヶ月かかりますが、炎症による痛みの場合、適切な治療を終えれば、ポワントで踊れるようになります。
 
 
では、ここで、甲の構造から診ていきましょう。
 
 
ダンサーの足の甲,ケガ,痛み
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

皮膚の下に、血管やリンパ管が走っています。
そして、足のゆびさきに届く筋肉のスジが走っています。
そしてそれぞれの骨の間にも細くて細かい筋肉があります。
筋肉は筋膜に包まれていて、靱帯や腱で骨に固定されています。
その下が骨なのです。
 

足のゆびが強いタイプは、この甲を走っている筋肉・腱の力が強い。つま先を伸ばそうとゆびの力でぐいっと引っ張ってばかりいると筋肉や腱の組織に大きな負担をかけて踊っていることになるのです。その繰り返しが、踊る量がカラダのコンディション、年齢による筋肉の衰えなどがあって、カラダのコントロールが利かなくなった瞬間にケガにつながっていくのです。
 
 

■痛い時とそうでない時があったりするのってどうしてなの?

骨折の場合、痛覚が常に刺激されることになるので、ほとんどが常に痛みを抱えることになります。足の骨はとても小さいので、鋭い痛みというより違和感だったり、ツンとする感じ、重い感じだったりします。

筋肉・腱や靱帯などの軟部組織に傷がある時も痛覚が刺激されますが、手に傷をつくった後と似たように痛かったりそうでなかったりします。ほとんどのケースで痛みがマックスの時は、上半身の引き上げが足りていない時です。特にポワントからアテールに下りてくる時のアプロンが足りていないと、足部には何倍もの体重がかかりやすくなります。そのために、傷のある部分が刺激されて思わぬ痛みを感じるのです。

ポイントは、どこかに痛みがある時は、カラダの捻れがあるということ。
捻れがあるため、引き上げが足りずカラダのパーツに負担がかかり、それが痛みになっているのです。傷ができてしまっているとその痛みをほっておくと、他の部位への負担が増えます。よくあるのは、膝が痛くてかばっていたら腰が痛くなった、はこの典型例です。

 
【ダンサーの甲の痛みの治療法】

治療について言うと甲の痛みは、灸と鍼で炎症を抑えることが第一になります。更に、甲に走っているスネの筋肉を緩めること、又、骨盤周囲筋の筋肉の緊張があれば、そこも緩めることが大切です。甲の炎症を抑えただけだと、最終的には又直ぐ痛くなるケースが少なくないからです。

後大切なのは、セルフケア、足ゆびをほぐす、スネから以下の筋肉を緩める、そしてきちんと使えるつま先をつくるエクササイズも欠かせません。
甲の痛みがある時は、先ず足部のくるぶし以下はアイシングしておきましょう。そして適切な治療を受けることが大切です。
 
甲の痛みの治療については、こちらをご覧ください。
 
 
>>>電話:090-9362-0080
 
 
Posted at 14:20
『股関節が鳴るんです』こう話す方がいます。
 
実際にカラダが鳴る訳ではないのですが、脚を動かすと股関節でコキっと音がなったように感じることがあります。何故、こんな音が出るのでしょうか。
 
骨盤の構造から診て股関節自体が鳴るのではありません。股関節は一番大きな関節で脚が抜けないように、靭帯、腱でしっかり骨盤と結びついています。
 
 
ダンサーの股関節痛
 
この音は、骨が鳴るのではなく、股関節周囲の組織(靭帯や腱、関節胞)に荷重がかかった結果、音が鳴るように感じるのです。同様の音は、肩関節や足首などでも聞こえたりする場合もあります。
 
股関節が悪いのではないかとレントゲンととっても何もない。結果、痛みが出てくるまでほっておくケースも少なくありません。
 
可動域が高くカラダの柔らかいダンサーの場合、脚を動かせる範囲が広いため、関節の接合面の限界ぎりぎりにまで動かせてしまう場合が少なくありません。
この時に大腿四頭筋の腱が他の筋肉の腱とぶつかってしまうことがあります。音が聞こえるのは、こういう時です。
 
ただ、これを繰り返していると、股関節の接合面への負荷を受けるため骨棘ができてしまう場合があります。そうなると、それほど動かしているつもりでなくても、骨棘に当って痛みが消えないことになってしまいます。
 
ジュニアの場合は、未だカラダが完成されておらず、上半身が鍛えられていないケースが多々あります。この時期に脚だけで踊るクセをつけてしまうと、大腿四頭筋の筋肉が発達してまいます。
太くなった筋肉を支えるために、腱には余分な負担がかかる。特に脚をあげる時、『一回鳴らしてからあげちゃうんです』のようなクセがつくと、腱に炎症が出てくる場合があります。
 
大人バレエの場合、ほとんどの人が太ももの筋肉・大腿四頭筋を酷使しています。そのため、ジュニア以上に腱には負荷がかかって固くなっています。年齢、体型、カラダの柔軟性にもよりますが、音が聞こえるのは、柔軟性があるタイプであることが少なくないです。
 
いずれのケースでも、音が聞こえるように感じるのは、骨ではなく、股関節に負荷がかかっている証拠。鳴るだけでなく股関節に炎症が出てしまったらまず、炎症を取り除くこと。
 
そして、最も大切なのは、股関節だけでなく、全身のコーディネーションでアンドゥオールすることを見直すことです。
 
バレエの股関節痛の治療は 
 
 
>>>電話:090-9362-0080
 
 
Posted at 21:34
ダンサーの側湾 II  [2016年09月09日]
一方の後天的な側湾は、成長後に起きる症状です。
 
一番多いのは一過性の側湾。
これは、脊柱起立筋のバランスが崩れて強い筋性防御が発生した時に起こります。主訴として、腰の痛み、背中が突っ張り、場合によっては股関節痛や頸椎周囲のコリを訴えるケースが多く、よく診ると側湾になっているというタイプです。
 
例えば、肩甲骨の内側の左に強い筋性防御がある時、脊柱は左にひっぱられるため、結果その下の腰椎が右に湾曲してしまいます。本人は、腰が重いのが解消されないと思っていてもその背景に側湾が潜んでいたりします。
 
このような一過性のケースで重要なのは、筋性防御を緩めて脊柱起立筋のバランスを取り戻すこと。これには、施灸が効果的です。場合によっては、深層から腰椎周りに筋肉をほぐすところから始めることもあります。
一過性の場合、筋バランスが戻ると治療前にあった側湾は解消します。
 
一過性の側湾以外の後天的な側湾症があります。次回はそちらを見ていきます。
 
 
 
 
>>>電話:090-9362-0080
 
 
Posted at 11:12
ダンサーの側湾 I  [2016年09月06日]
左、もしくは右に強いコリと痛みを訴えて来院するケースが多々あります。
このような場合、
筋膜性腰痛もしくは、末梢性の座骨神経痛であるケースもあるのですが、もう一つ見逃せないのが、側湾です。脊柱は元々縦にS字の形をしているのですが、横にもS字を描いているのが簡単に言うと側湾症です。
 
 ダンサーの側弯痛、バレエ治療院あんじゅ
この側湾症には二つあり、先天的なものと後天的なものがあります。先天的なタイプは、ホルモンの関係で女性に多く、思春期頃に発生することがほとんどで、ダンサーの中には軽い側湾を持っている方も少なくありません。先天的なものなので、側湾がなくなることはありません。
 
けれど、湾曲が強いタイプでなければ、クラシックのテクニックは左右均等に使うことが土台にあるので、テクニックを身につけていく段階で側湾による筋バランスの違いが気にならなくなってきます。
 
先天性の側湾の場合、ホルモンのバランスが変わる生理と連動して強いコリが出たり痛みがでるケースが多々あり、数ヶ月定期的なメンテナンスを行い、ホルモンバランスを整えながらコリがたまらないカラダに整えていくことがポイントです。バレエ鍼灸で治療したのち、整体、場合によってはターンアウトアップ+プラスで側湾のコリをためないトレーニングをするのもオススメです。
 
次回は、後天的な側湾を診ていきます。
 
 
 
>>>電話:090-9362-0080
 
 
Posted at 21:09
「ホント、ここに来れてよかったです。全身もしっかり診てくれて、その上でピンポイントで治してくれるから。ここみたいに、ちゃんと診てくれるところってないですよ」
 
治療後、背中もスッキリしたと開口一番こう語ってくれたのは、ダンサーIさん。
 
 
腰から下のつっぱりと、足の親指の痺れが取れないと来院して三ヶ月。初回にあったバリバリなつっぱりはなくなっています。けれど、この間教えやレッスンを休むわけにはいきません。だからこそメンテナンスが大切なのです。
 
バレエ鍼灸、あんじゅ
足の親指の痺れというと、即ヘルニアと心配する方が少なくありませんが、神経を圧迫するほどの真性の坐骨神経痛は少なく、ほとんどが腰から下の筋肉が硬くなって神経を圧迫するから起きているのです。彼女の場合は、脛の前、腰椎から殿部にかけて強いコリとハリがありました。
 
脚をたくさん使うのがダンスの動き。いろいろなムーブメントで全て100%、正しいポジションで踊れることもなかったりします。床の問題、複雑な振り付け、パートナリングの問題など。そういう環境で踊っていると、どうしても脊柱のコントロールが上手くいかず、結果脚に負担がかかってくる。
 
 
足の親指の痺れだから、腰から下のだけで治療すれば、スッキリ踊れるように戻れるかというとそうではないのが、ダンサーのカラダ。全身を使うからこそダンスのムーブメントになっているのです。
 
 バレエの鍼灸は、踊るカラダのバランスを取り戻す鍼灸治療です。
 
 
 
>>>電話:090-9362-0080
 
 
 
Posted at 16:13
Aさんが初めて来院された時は、痛みがマックスで、膝を伸ばすことも曲げることも辛かった状態でした。バレエだけでなくどのダンスでも柔らかい膝はとても重要。なのに、常時4日は教えを続けてきたのです。

ダンスの先生は、元々のカラダのキャパシティーが比較的に高いことや「痛いのなんか当たり前」的なちょい体育会的忍耐力も持っているので、治療したほうがいいよという状態でも続けて踊っていたりする。

バ レエやダンスの障害で、膝の場合、膝だけを治していていても、踊りに戻れるようにはなりません。Aさんの場合、膝周りにある炎症を抑えることが第一でした が、それに加え、骨盤周囲筋や大腿、下腿の筋肉の硬さをほぐし、炎症による筋性防御をおこさないようにする必要がありました。

バレエ鍼灸、鍼灸スペースあんじゅ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最初は週一、その後は2週間に一度、10回ほど治療が進んだところで、伸びきらなかった膝が伸びるようになっていきました。ここまでに約3ヶ月半ほどの時間でしたが、遅いというよりむしろ早い位な感じの症状だったので、やはり元からの力があるんだなと思います。

そこで、4ヶ月目からは、 ご本人の希望もあり、バレエ鍼灸とパーソナルセッション「ターンアウトアップ+プラス」を交互に受ける組み立てで、ムーブメントの調整と治療を並行して続けてきました。

バレエ鍼灸による治療は、膝に関わる組織を修復することはできるのですが、バレエダンスは、膝の炎症が治まってもそれで即踊りの戻れないこともありま
す。し ばらくの間最小限の動きに留めていたことで、自然なダンスの動きを忘れてしまう。。。さあ膝が楽になってきたからガンガン踊れると思いきやなんかぎこちな いという状態は、脳の仕組みによるものなのですが、だからこそ踊りへのリハビリが必要なのです。

ターンアウトアップ+プラス
では、何故膝 を痛めたのか、その根底にある歪みを実感してもらうところから始めます。そして歪みのでないラインで立つ、プリエする、伸ばすなどの動きを取り入れていき ます。すると、自然に骨盤が立つポジションがかんじられ、カラダが支えられている感覚が少しずつよみがえっていくのです。


バレエ鍼灸とターンアウトアップ+プラスを併用して受けている中でAさんが感じていたのは「こんなに力で固めて使ってきたんだ。。。。だ」ということ。

そして「骨で踊るとそんなに力を使わないで、しかも楽に踊れるんだ!!!」ということです。現在は自身がつかんだ感覚をクラスの教えで生徒さんにも伝えているそうです。

元からの力があるダンサーは、不調で踊りにくくなると、大抵、テクニックの問題だと思って、更にレッスンを積んでいくことが少なくありません。しかし、それが、結果ケガを引き起こしてしまうことになっていくのは、その根底に歪みが潜んでいるから。


もう一度、自らのカラダを見つめ直してみると、そこには前より楽に踊っている自分を発見できます。
そのためにも、痛い箇所はしっかり治す、そして、動くカラダの仕組みを知ってみる、これが大切です。

ダン酢障害、膝痛の治療は
 
>>>バレエ鍼灸
 
 
>>>電話:090-9362-0080
 
 
Posted at 10:45
腓腹筋とヒラメ筋のスジが合体してかかとの骨・踵骨に付着する腱の部分をアキレス腱と言います。
男性ダンサーにアキレス腱そのものを痛めるケースが多いのは、男性のダンステクニックの中でも華やかで見栄えのするビッグジャンプが多いことと関係があります。

ジャンプの着地時にカラダのかかる負担は体重の何倍にもなります。より高く飛ぼうとすると、バレーボールやバスケットボールのように低くかがむ必要があります。
ムーブメントの美しさを重視するバレエは、アンドゥオールとアプロンによって背中を丸めてかがむような姿勢をせずとも高くジャンプするのですが、そのため姿勢の元となる体幹や脚の筋肉もバランス良くつかっていくことが大切なのです。

バレエの治療においては、アキレス腱の障害でも足首周りだけ治療すれば踊りに戻れるのではないことが、こちらの例でおわかりいただけると思います。

 
クラシックバレエダンサー Yさまのケース
 
3日後のステージのためのリハ終了後、アキレス腱に痛みを感じる
初発は半年前で、その後2ヶ月は休んだとのこと。

アキレス腱障害の場合、腓腹筋によく出てる強いコリが少ないことからも、彼がプロ中のプロのダンサーでありカラダがよくコントロールされていることが判ります。

アキレス左側に炎症があり、左右の腱の状態は明らかに違いが出ており、この部分の炎症を鍼と灸で取り除いていきました。

カラダを支える足部に障害があると、バランスをとるため他の部分にもコリが出ることが少なくなく、彼の場合は、肩甲挙筋と僧帽筋の中部にコリがありました。聞くと、リハでもリフトの調整が難しかったとのこと。訓練されたダンサーなので、リフトの失敗に至るまでにはなりませんが、そのまま続けていくと自分のカラダへの負担になっていきます。

アキレス腱の治療に加え、脊柱起立筋のバランスを整えて、治療を終わりました。

アキレス腱・三角骨・外脛骨・鍼灸スペースあんじゅ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2日後の治療で診ると、アキレス腱の炎症は少なくなっており、小康状態と言えました。ただ、その前に診た背部のコリが強くなり、腓腹筋の深いところにもコリが出ている状態でした。舞台直前でリハーサルは終日、リフトの確認も多かっただろうことが見て取れる状態でした。

アキレス腱の炎症にはアイシングを施しながら、腓腹筋のコリと背中のコリを鍼をつかって動かす整体針で柔らかくしていき、その後、施灸で炎症を取り除きました。
この状態では、ジャンプの多い純クラシック系の演目は避けた方が良いだろうと伝えると、彼自身もそのことを考えており「足への負担の軽いコンテンポラリー系の作品に変更したよ」と語っていました。

本来、この状態であれば休養をとるか、どうしてもの場合は出演数を減らすのが普通なのですが、出演が決まっている来日公演で、来日した後のアクシデントのため、治療・加療しながらのステージとなりましたが、その後無事5日間のステージを終えたとお聞きしました。
 
追記:
女性ダンサーの場合は、ポワントワークによってアキレス腱に痛みを生じるケースが少なくありません。ただ、女性の場合は、アキレス腱そのものよりも、アキレス腱周囲に炎症や痛みを起こすことが多いのです。これをアキレス腱周囲炎と言います。
これについては、後日、このコラムにて紹介していきます。
 
 
 

>>>電話:090-9362-0080
 
 
Posted at 23:05
ダンサーと筋筋膜性腰痛  [2014年09月28日]
フィギュアスケートの羽生選手がシーズン初めの大会を欠場することなったというニュースが流れましたね。
その原因が「筋筋膜性腰痛」

どんな症状かを簡単に説明しましょう。
筋肉は筋膜という膜に包まれています。この筋膜と筋肉のバランスが崩れて炎症がおこり痛みがでている状態です。
この腰痛、耳慣れないかもしれませんが『ぎっくり腰』もこの筋筋膜性腰痛に入ります。そう聞くと思い当たる方も少なくないですね。
 
ぎっくり腰は、急に重いものを持とうとした時や、不意に大きなくしゃみをした時になりやすいと言われています。「グキッ」と言う音が聞こえたような痛みが走るのでこう呼ばれていますが、ダンサーもこの痛みに悩まされることがあるのです。

ダンサーの場合はどんな時になるのでしょうか?
振り付けで不意にステップを変えた瞬間などに起きることもありますが、これはぎっくり腰と少し似ているケースになります。

この他、リハーサルの合間のフッとした瞬間、教えとパフォーマンス準備で忙しかった期間が終わってほっとしている時など、緊張がすこしほどけた時になることも少なくありません。

こういった時に、気温差のある日が続いた、生理のサイクルが重なってしまい「グキッと」が起きてしまうのです。
レッスンでもリハでもなかった、教えでもなかった、自分では何をしたわけじゃないのに、何故いきなりなるの?と皆さんおっしゃるのですが、よくお聞きすると筋膜のズレが起きやすい他の要因があったりするのです。

この腰痛、安静にしていれば1、2週間もすれば動けるようになりますし、整形外科さんや接骨院さんの中には『まず安静にして下さい』と言うところが少なくないです。安静といっても、翌週は生徒さんの発表会があって休むどころじゃない、自分のリハーサルが詰まっているなど、ダンサーだとそういかない場合が少なくありません。
 
そのための治療法がバレエ鍼灸です。
炎症を抑える効果が高いお灸と痛みを抑える効果がある鍼で、筋肉と筋膜のバランスを直します。そして、バレエの解剖学にそって、ターンアウトしやすいように動きのバランスを整えて行きます。
 

ベリーダンサーMさまのケース
 
『市川先生、今、シャワーから出た途端、腰が痛くなり、横になっています。 何がなんだか、きつねにつままれたような気持ちです。
昨日はいつも通り教えをして、
今日もいつもと変わらない生活してたのですが、シャワー出た途端、いたた…という。 少し様子見てみますが、今仰向けに寝てます…』
 
 
何をした訳じゃないのに…と来院されたMさま。実は、2日間のワークショップが一週間後に、生徒さんの発表会が3週間後に控えている状況でした。しかも、9月のはいり気温差が出てきた天候とも重なっていました。

拝 見すると、腸骨稜と仙骨脇に炎症がでていました。骨盤周囲の筋肉は複雑に走っていて、それぞれが緩やかに動くからこそ踊れるのですが、2カ所に炎症がある ため筋肉自体に硬さが出ていました。炎症はお灸で抑え、固まっている筋肉は鍼でほぐしていきました。脚を上げたり、曲げたりする時に使われる筋肉も含めて 動きのバランスを整えた後、帰りには普通にしゃがむことがでました。その週末のワークショップも無事終わりました~の声をいただきました。
 

筋膜性腰痛、ダンス、治療
シアターダンサー Wさまのケース
『先生お疲れ様です。右半身の腰から太もものあたりと右の肩甲骨あたりがびりびりするような感覚があり、是非みていただきたいです。』
 
 この数日はいつも通りのスケジュールだったWさん。なのにどうして…と来院されました。伺ってみると、肩と骨盤のコーディネーションをしきりに繰り返していたそうです。(このコーディネーションは、あんじゅで教えているものです)いつも症状がでる右側ばかり繰り返していたようで、全体のラインが崩れていました。
 
最初に筋膜リリースで崩れているラインを調整してから、鍼で全体的に硬くなっている筋肉を緩め、腸骨稜と仙骨周りはお灸を処方。一番気になっていたのが、右 の肩甲骨周り。動かしながら調整する整体針で動きのバランスを整えると、左右差がなくなりました。その後、翌月の公演リハーサルに戻られています。
 
 
ダンサーの筋筋膜性腰痛の重要ポイント
まず筋肉、筋膜のひきつれをおこしている炎症をしっかり取り除くこと。
次に、骨盤を中心に、腰の動きに関わる筋肉、ラインを整えて、動きのバランスを取り戻していくことです。


>>>バレエ鍼灸
 

>>>電話:090-9362-0080
 
 
 
Posted at 10:18
年末に膝に水がたまってしまった状態でいらしたAさまのケースをご紹介します。
今回はお許しいただき、写真を掲載させていただきます。


分かりますでしょうか?右膝下と外側のふくらんだ写真がいらした段階の状態でした。

このときは、痛みも強くてプリエにするのもツライ状態で、太ももの筋肉にも強い緊張が見られました。こういう時は、最初にマニュピレーションで筋緊張をゆるめると後の鍼も効果的になってくるので、最初にマニュピレーションを行いました。

それが終わった段階が、②の写真です。どうですか、①でふくらんだ感じあったところがスッとしてきているのがお分かりいただけますか?
そして、最終的にバレエ鍼灸で、膝の炎症をとりのぞいていくと、どんどん腫れが引いていったのですね。その写真が③です。

その次のご予約でいらした時に伺った喜びの声はこちらです~


膝が痛くて水も溜まってたのに、翌日には腫れてたのがなくなったんです。助かりました。又すぐ痛くなるかな…と思ってたけどお灸が効いたみたいで【プリエ】も楽でした~


今日までなんとかなってホントに良かったです。早く膝治してパーソナルレッスンの方に戻りたい~。

K・Aさま
バレエ鍼灸は痛みや炎症がなくなってプリエがらくになるバレエ鍼灸はこちらから
>>>バレエ鍼灸
 

>>>電話:090-9362-0080
 
 
Posted at 00:05
年末に膝に水がたまってしまった状態でいらしたAさまのケースをご紹介します。
今回はお許しいただき、写真を掲載させていただきます。

分かりますでしょうか?右膝下と外側のふくらんだ写真がいらした段階の状態でした。

このときは、痛みも強くてプリエにするのもツライ状態で、太ももの筋肉にも強い緊張が見られました。こういう時は、最初にマニュピレーションで筋緊張をゆるめると後の鍼も効果的になってくるので、最初にマニュピレーションを行いました。

それが終わった段階が、②の写真です。どうですか、①でふくらんだ感じあったところがスッとしてきているのがお分かりいただけますか?そして、最終的にバレエ鍼灸で、膝の炎症をとりのぞいていくと、どんどん腫れが引いていったのですね。その写真が③です。

その次のご予約でいらした時に伺った喜びの声はこちらです~

膝が痛くて水も溜まってたのに、翌日には腫れてたのがなくなったんです。助かりました。又すぐ痛くなるかな…と思ってたけどお灸が効いたみたいで【プリエ】も楽でした~


今日までなんとかなってホントに良かったです。早く膝治してパーソナルレッスンの方に戻りたい~。

K・Aさま
バレエ鍼灸は痛みや炎症がなくなってプリエがらくになるバレエ鍼灸とは
 
>>>電話:090-9362-0080
 
 
Posted at 00:05
膝の痛み ②  [2013年11月10日]
 
◇膝の構造の解説
膝は曲がる動作がとても多いため、曲げる際の負担を吸収するように沢山の組織が関わっています。
下に、その筋肉と動きを大まかに紹介します。図と併せて見てくださいね。

膝に関わる筋肉
四頭筋 股関節は曲げる 膝下は伸ばす
外側ハムストリング 股関節は後ろに伸ばす 膝下は曲げてターンアウトさせる
内転筋群 大腿(太もも)を内側に寄せる 大腿(太もも)を内側に寄せる
縫工筋 股関節をターンアウトさせる 膝下は曲げる
 ※これは一部です


膝の動きを支える組織 半月板、前十字靱帯、後十字靱帯、内側外側側副靱帯、膝蓋靱帯、腸徑靱帯
このほかにも沢山あるのですがこれらの筋肉組織が関わっている膝の運動、股関節の運動とも連動していています。膝単体でバレエの動きをするのではないのですが、膝は横!という意識がとても強く、それがねじれを生じさせる要因ともなっています。


◇注意が必要なポイント 痛みの段階が行き着く先
最初のサイン 痛みが消えにくくなる
次のサイン 痛みを抱えて続けると、別のところが痛くなる痛みの連鎖が始まってくる

  右が痛かったなら、左の腰が重くなるなど別の部位に負担かいく
その行き着く先 膝周囲の筋肉が耐えかね、靱帯や半月板に影響が出てくる 靱帯の損傷や半月板の割れを引き起こしかねません。
プロとして沢山のダンサーを診てきた経験から、今の状態を続けるとこうなっていくだろうという先も見えてきます。治療の際には、今どの段階なのか、そのことについてお話しています。

痛みの段階でいくと、二つ目のステージの状態は人によって期間が異なり、長くつづいたりするケースもありますが、その段階が長引けば長引くほど、膝に負担がかかっているということでもあり、最終的に靱帯をきったり、半月板を痛めたりすることに近づいてしまうのです。

一度ハサミで切った布が元の布に戻らない様に、一端カラダの組織にメスをいれると、その後、元の組織に戻ることはありません。だからこそ、痛みを取る治療、筋肉を適度に柔らかくするメンテナンスが大切なのです。


◇バレエ的な視点
1ミリでも外へアンドゥオールしたい、の思いが筋肉を硬くする。

股関節の可動域があっても、四頭筋を強く働かせてしまっていると、膝に負担がかかってしまいます。この状態で、ジャンプから着地すると一気に膝への負担は増してしまいます。

四頭筋には、股関節をターンアウト=アンドゥオールさせる働きはないのでできるなら使いたくない。でもアンドゥオールしたいと、無理に開こうとすると、結果一番使いたくない四頭筋をつかってしまうのです。太ももから回すという意識でいると、四頭筋はどんどん硬くなっていきます。

大切なのは、一部ではなく、カラダ全体でアンドゥオールすること。
最終的には、これが重要なのです。


◇治療でのポイント
まず、一番痛みがおきている部位を中心に、膝に関わる筋肉をゆるめていきます。更に大切なのは、骨盤周囲筋をゆるめること。セラピーのポイントは、痛みのある膝だけを治すのではない、ということです。

先ほども書きましたが、大抵痛みをかかえている時、その上か、又下に問題がある場合が多く、膝だけみていても、実際に踊りやレッスンに戻った時に、治ってなかったということが起きるのです。

曲げても伸ばしていても痛みが強い場合にはしばらくコンスタントに通う必要があります。これは、痛みの連鎖が他に及んでいるためで、この連鎖のサイクルが落ちついてくれば、レッスンやスケジュールを考えて様子をみながらの治療にうつります。

その後、炎症もとれ、周囲の組織や部位にもゆるみがでてくるようになったら、個別に使い方のアドバイスなどを加えたメンテナンスに移行、痛みをおこさないラインをカラダにしみこませていく、これも大切なポイントです。

◇クライアントさまからの声

メイク道具買ったんでんすよ〜膝が痛かったからもう舞台出ないだろうって、断捨離流行ってた時に、旦那と一緒にバンバン捨てちゃってたんですよ〜
もういっぺん出られるって思うと嬉しくていろいろ買っちゃいました。
 
受けた後はスゴく調子いいんですよ。カラダ軽くて。舞台前に又よろしくお願いします。
 
N・Rさま
元々関節が柔らかく、膝の靭帯が緩みやすいタイプのRさま。以前にオペも経験されていました。プリエをすると痛みがでる状態から、治療メンテナンスで、無事発表会に参加されました。


膝が痛くて、もう骨がどうにかなっちゃったのかと心配で、それならバレエは止めた方がいいのかなと思ってたんですが、そうじゃなかったんですね。ホットしました。
 
Kさま
膝が痛い=骨の異常、関節の異常、と感じることも少なくありません。画像審査をしても、痛みの原因が分からない場合がとても多いのですが、バレエの運動学、解剖学で診ると、アンドゥオールがうまくできていないためにねじれがおきているケースがとても多いのです。

筋肉の緊張、硬いところをゆるめていくことに加えて、運動学的な視点に基づいたセラピーがとても重要になってきます。

膝の痛み、プリエやジャンプの着地で感じる膝の違和感が気になる方はご相談ください。
 
 
>>>電話:090-9362-0080
 
 
Posted at 13:55
膝の痛み ①  [2013年10月27日]
◇よくお問い合わせいただく症状
よくあるお問い合せの一つが膝の痛みです。スネから膝の外側が痛い、グランプリエの途中で痛い、グランプリエで膝が曲がりきらない、膝の内側が痛い、などなどいろんな痛みをかかえて問合せがきます。

大抵は、画像審査で骨には異常ないと言われるケースがほとんどです。けれど、膝の中が引っかかるような感じで痛くて踊れない…中にはこういう声もあります。


◇実際にお聞きする声

ジャンプの着地でヤバって感じたんです、、、次の出番には大丈夫ですよね。。。。
プリエをすると膝のところに違和感がずっとあって。骨がどうにかなったのかと調べたんですが、何ともないと言われて。でもずっと膝が痛いのです。
◇何故起こる?膝の痛み
バレエ・ダンスを踊っていると一度は感じる膝の痛み、違和感。これはどうして起こるのでしょうか?

最初のケースは男性ダンサーに多いパターンです。以前、あるダンサーさんに『どうして舞台を降板したの?』と聞いたことがあったのですが、その答えは『リハーサルで古傷に痛みが出て、ジャンプが飛べなくなったからだよ』でした。ジャンプは男性ダンサーの見せ場的なテクニックの一つ。リハーサルが続いて負担が掛かることも大変多いのです。

この他多いのは、プリエをした時に痛みを抱えているケース。こちらは女性に多い症状です。こういう症状がある時、ご本人は気づかない内に太ももと膝下にねじれがおきていることがほとんど。バレエのプリエは膝と足の方向は同じでなければならないのですが、これがうまくいっていない時に膝に負担が掛かかり痛みを起こさせるのです。

◇鑑別のポイント
膝痛の時も注意しなければならない基本はやはり部位の特定。
そして炎症の程度を診ることも大切です。

膝の構造には沢山の筋肉・靱帯・骨が関わっているので、
同じ膝の痛みと言ってもどこが痛いのかで、原因となっている筋肉や
腱も違ってくるのです。

A 膝上  大腿四頭筋  ・・・男性>女性
B 膝下  大腿四頭筋の腱・・・男性>女性
C 膝外  腸徑靱帯・ハムストリング・・・女性≦男性
D 膝内  内側のハムストリング・関節の裂隙・・・女性>男性
E 膝裏  股関節・・・女性>男性

体重を支えるため脚の筋肉には大きな負担が掛かります。そのためジャンプ系の多い男性の場合、膝上や膝下に痛みが出るケースが多い。

膝の外や膝の内側が痛い場合、太ももの筋肉も硬くなっています。これは膝にかかる負担を脚の筋肉でカバーしようとしているせいなのです。又、膝痛の場合、腰にも硬い固まりがあるケースがとても多い。つまり、膝痛は、骨盤周囲筋の硬さから始まっていたというケースも多いのです。なので、膝だけを部分的に処置しても治らないのです。更に、ひとり一人の骨格や筋肉はそれぞれ違うため、ねじれがおきている場合、膝のどこに負担がいくかは、それぞれ違ってくるのです。

今回も、長くなってきたので、分けてお届けします。次回は、膝の構造から、注意が必要なポイント、バレエ的なポイントの視点から
書いていきますね。
 
 
>>>電話:090-9362-0080
 
 
Posted at 18:48
アキレス腱が痛い  [2013年08月30日]
◆よくお問い合せいただく症状
よくあるお問い合せの一つがアキレス腱のトラブル。ダンサーに本当に多いです。
ビッグジャンプやプティソーテ、ジャンプはバレエ・ダンスに欠かせません。
又、近年多いコンテンポラリー系の振り付けには、多様な動きを見せようと
これまでにないステップを組んだりすることがあるのですが、
それは=足首への大きな負担になることも多いのです。

◆カルテに書かれているや実際の声

プリエをしたり、ポワンテにしたりするとアキレスが痛い。
ポワントを履いたら大丈夫なんだけど。。。がまんしてたんですが、切れそうな感じになっちゃってこわかったです。   
アキレス腱が痛い。
ジャンプの着地のときにブチッという音が聞こえた感じで、それ以来飛ぶたびに痛かったり気になったりしてたんです。
◆鑑別のポイント
『アキレス腱が痛い』という場合、注意しなければならない基本はやはり部位の特定です。アキレス腱は人間の中で一番強くて太い腱で、かなりの巾があります。

 腱の真ん中=アキレス腱炎
 腱の外側、もしくは内側=アキレス腱周囲炎


アキレス腱そのものは、腓腹筋(ふくらはぎの筋肉)とヒラメ筋(その内側にある筋肉)の腱が重なって踵の骨に付く二重構造になっているためとても強いのです。腱の真ん中に強い痛みがある場合は、かなりの衝撃を受けて腱に亀裂が入っている場合も考えられ、これがいわゆる真性のアキレス腱炎で、どちらかというとビッグジャンプをする男性ダンサーに多い症状です。


腱の外側と内側の窪んでいる部分、ここを触ると強い痛みを感じるケース。これがアキレス腱周囲炎です。
アキレス腱そのものに炎症があるのではなく、アキレス腱の脇を通る後脛骨筋もしくは長腓骨筋のどちらかの炎症であるケースで、つま先の細かい動きが求められる女性ダンサーに多い症状です。


◆解剖学的視点
この二つに共通している状態、それは、アキレス腱以外にも、ふくらはぎの筋肉(腓腹筋)がオーバーユースで非常に硬くなっていること。何故そうなるのか?解剖図でその構造を診てみるとわかりやすいです。

膝から下は、輪切りにすると三層構造になっています。


前脛骨筋と足指を伸ばす(フレックスにする)筋肉
下腿三頭筋(腓腹筋とヒラメ筋)
真ん中(奥)後脛骨筋と長腓骨筋と足指を曲げる(ポワントにする)筋肉=深部底屈筋
 
 アキレス腱痛、原因、ダンス
ふくらはぎの一番太いところでは、実に半分近くを後面にある下腿三頭筋が占めています。この構造がポイントでもあるのです。ふくらはぎの筋肉=腓腹筋とヒラメ筋が硬くなっていくと、その負担が別の筋肉に及んでいくんです。その方向にはふたつパターンがあります。

一つが真っ直ぐ踵の骨に付くアキレス腱そのもの これがAのパターン
高さのあるジャンプの着地で、引き上げが足りない状態が続くとふくらはぎへの負担は増大し、アキレス腱に大きな負荷がかかっている状態。

そして、もう一つが、足の奥にある後脛骨筋、そして長腓骨筋に負担がかかる。これがBのパターンです
硬くなったふくらはぎに圧迫され、奥にある指の筋肉は柔らかさを失ってしまうのです。この筋肉は、ふくらはぎの筋肉の下を通り、足底に向かう途中で、アキレス腱の脇を通る、この構造から、両脇が痛くてもアキレス腱が痛いと感じる。これがアキレス腱周囲炎です。


◆バレエ的な視点
ポワンテにする時に大切な筋肉で、アキレス腱の内側を通るのが=後脛骨筋 
エシャペをする時に大切な筋肉で、アキレス腱の外側を通るのが=長腓骨筋

◆治療でのポイント
ではセラピーではどういう治療をするか?ですが、
アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎、両方とも治癒へのアプローチはほぼ同じになります。
基本は、
◎腱の炎症を取りのぞく
◎腓腹筋の深部に潜むコリをほぐしていく
◎骨盤から足部までのコーディネーションを調えていく

炎症の程度によりますが、アキレス腱そのものの断裂(部分断裂)ではない場合、リハーサル・レッスンをしながらでも2ヶ月ほどで回復していきます。
ただ、踊っている時には痛みは感じないのに、イスやものにぶつかった時に痛みを感じる、と言う場合は未だ炎症が残っているサイン。表面上の痛みがなくなっただけでは、アキレス腱関連の痛みは解決しないのです。

その理由はこちら
1)腱の成分=コラーゲンであること。 筋肉より治癒に時間がかかります
2)踊りの姿勢(ポジション)が同じままだとふくらはぎにかかる負担が変わらないため


ケガを治すことに加えて、アライメントの調整をしっかりすることがポイントなのです。


◆クライアント様からの実際の声
Cさま ジャズ・モダンダンスの舞台後に故障 
足がある~ちゃんと立っている感じが分かります           
Yさま 舞台リハの合間に故障 PDDの舞台復帰
もう舞台に間に合わないと思ってました。痛くなくて踊れるのがホントに嬉しいです
Aさま 以前から痛みが発表会前に痛みがマックスになる
他では湿布だけとか、休めとしか言われなかったのに…舞台に出られるって分かってホットしました。

バレエの先生へのメッセージ
骨盤の下に足部がくる、という基本のアライメントをしっかりつたえてあげてください。
膝下の美しさはバレリーナの特徴。生徒達はきれいな膝を目指して一生懸命レッスンしています。けれど、伸びた膝を意識するあまり、逆に膝を押しつけてしまうケースがとても増えています。

しっかりアンドゥオールできているか確認しようと、1番から5番のポジションを目で見て確認しようとすることもあります。それではすでにアライメントはずれてしまっています。
ぎゅうぎゅうに固めた膝周辺の筋肉は柔らかさを失い、結果的にアンドゥオールがしにくくなりますよね。
伸びた膝で1番~5番のポジションを保とうとするあまり、後ろ体重の姿勢になっているケースも少なくありません。すると、知らず知らずにふくらはぎの筋肉に付加をかけていることになってしまいますよね。

骨盤の下に足部。基本のアライメントをしっかり伝えてあげてください!!

バレエのための解剖学、バレエアナトミーはバレエ教師・インストラクターのための講座です。基本の解剖学に加えて、バレエの運動学、そして何故生徒達がそういう動きになるのか?が分かると生徒達の踊りの質が確実のアップしていきます。

>>>バレエのための解剖学 バレエアナトミー
 
 
 
Posted at 11:49
いろんな位置にずらしてストレッチしてもだめだし、座っていても痛い
スゴンのグランバットマンが全然あがらなくなってしまったんです
 
 ハムストリングの故障にはいろんなケースがあります
・足をドゥヴァンに90度ちかくあげると突っ張って痛い
・前後のスプリッツはいけるけれど、左右開脚だと突っ張ってしまう
・グランバットマンでは大丈夫だけれど、パンシェの軸足になると痛くてのれない


どういうことがおきているんでしょうか?
アンドゥオールに関わる骨盤周りの筋肉の緊張が続くと、脚の筋肉が緊張してくるんです。

何故なんでしょうか?

よく質問されますが、それは『脚の筋肉は骨盤から始まっているから』

バレエ・ダンスではアンドゥオールが動きの基本。
そのために骨盤のプレースメントを厳しく指摘されるのです。
けれど、リハーサルやレッスンがたてこんで筋肉の緊張が続いてしまうと
表層だけじゃなく、深層筋にコリがたまっていってしまうのです。

多少痛くても最初の内は動いてしまえば大丈夫→続けていたら骨盤周りが硬くなる→脚の筋肉にまで筋緊張が及ぶ
こういう状態になっているのです。

この時大切なのは、患部の痛みがどのレベルにあるか?
そして、他のどの筋肉に筋肉の緊張があるのか
をしっかり診ること。


一般の施術でほぐしても直ぐ元に戻ってしまうのは、
バレエ・ダンスの動きという視点で診ることがないからでもあります。

ハムストリングをほぐすのは基本。でも、それだけではバレエ・ダンスではダメ。
痛みをおこす姿勢やポーズを特定して、バレエの運動学的にずれを調整してながら痛みをとる
これが踊りの戻っていくには重要なんです



◎いろんな位置にずらしてストレッチしてもだめだし、座っていても痛い
2年ほどハムストリングの違和感を感じていろいろ試すけれど改善が診られない状態で来院。踊り以外に振り付けもあるため、座位での筋緊張も非常に高い。
ドゥバン・ディアゴナル・スゴンのうちドゥバンでの痛みが一番強く、その姿勢でおきる深層筋のコリをとりのぞいくと深層筋のコリが少しずつゆるむにつれ、ドゥヴァンでのストレッチが大きく改善しています。
◎スゴンのグランバットマンが全然あがらなくなってしまったんです
非常にカラダが柔わかく股関節の可動域も高いタイプ。発表会に向けてのリハーサル中に、ハムストリングの違和感が始まり、スゴンがあがらなくなってしまった。
内側のハムストリングと内転筋の筋緊張が一番つよく、これを緩和させ、整体鍼にて動きの調整をおこない90度も上がらなかったスゴンのグランバットマンが元の135度まであがるように改善しました。


どのポーズをすればどこが痛いのかピンポイントで分かってもらえるのは、やっぱり踊っていた方だからですね。バレエ用語で説明しても直ぐ分かってもらえるからホントに安心です。
ハムストリングの肉離れをしっかり治してレッスン・リハーサルに復帰しましょう。
 
 

>>>電話:090-9362-0080


Posted at 12:39
『今治療しているところは左足なのに、このところプリエすると右側もちゃんと踏めないんです』   
『一ヶ月くらいなんとかしのいできたけれど、背中のハリが邪魔してカンブレで反れないんです』






こういうことはありませんか?

何故なんですか?とよく質問されます。
そうですよね。

だって
『いつもと変わったことをした訳ではないのに…』
『ストレッチしたりマッサージしたり、いつもと同じようにしてるのに…』

皆さんそう思ってやってきます


最初に今までの経過を伺いながら、さまざまな点をチェックをします。
痛みがあるところでは、まずその痛みの原因を調べます。
打撲痛なのか?筋膜性の痛みなのか?神経性の痛みなのか?内臓からくるものなのか?

炎症が起きている場合は、炎症の度合いを調べます。
痛みもあるものなのか?熱感がある炎症なのか?圧をかけた時に感じるものなのか?

他にもいろんな方向から診てセラピーを始めるのですが、『季節性の要因』も考慮にいれます。


普段はあまり気づかないけれど、私たち人間は住んでいる環境からの影響を受けて生きています。
ジメジメ肌にまとわりつく湿気、梅雨なのに小寒い、など、湿性の大気はカラダにも影響があります。
以前怪我をしたところ、
肉離れの痕があるふくらはぎ、アキレス腱のつっぱり、ハムストリングの奥の方など、
湿気はカラダの奥の方にたまっていって、
昔の古傷を攻撃したりします。また、深層筋にコリをつくったりするのです。


―むち打ちを経験したことのあると、梅雨時期がツライ―と聞きますが、これも原因は同じ【湿邪】
日本だと5月末から7月末くらい間での梅雨や9月の長雨の時、
ヨーロッパだと雨の多い4月や12月には同じような症状が出てくることがあります。



紹介した症例ケースを振ってみましょう                

◎右側もプリエしにくい     
右側にも、以前、ふくらはぎ(腓腹筋腱)を痛めた病歴があり、左側と同じように鍼+お灸で治療をおこないました。この時のポイントがツボ療 法。季節的な要因を考慮してツボを選び、カラダの内側から調えていくことで、筋肉は驚くほど柔らかくなります。加えて、徒手整体で腰から下の筋肉をほぐし ていくと、柔らかくプリエが出来るように戻っていきました。
◎背中がつっぱってカンブレできない
カンブレをする時に一番痛みがでるのは、肩甲骨のやや下の位置。ピンとはった突っ張りがここから首までつづいていました。鍼でや や深めにあるコリを取りのぞき、首肩のコリに抜群の効果がある脊柱灸で更にほぐしていきます。状態を診るとやはり【湿邪】の影響がでているため、湿気対策 のツボを選び、カラダを調えていきました。最後に、動かす鍼・整体鍼で腰から上をほぐすと、しっかりトルソからカンブレで反れるようになりました。
 過去の肉離れ、アキレス腱痛、膝痛、坐骨神経痛れが気になってきたら
 
 
 
>>>電話:090-9362-0080
 
Posted at 12:35
<< 前のページへ
|
次のページへ >>