バレエ鍼灸、バレエ整体、ターンアウト改善、解剖学講師兼フロアバレエ資格者による施術、アキレス腱痛、足首の捻挫、三角骨障害、股関節痛、膝痛、アラベスクラインの修正、フィギュア、新体操、シンクロジュニアの開脚改善、東京、代々木、バレエ治療院、鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

ダンサーズ症例ケース

タグ:「ターンアウト改善」の記事一覧

カラダが柔らかいので、安定感、キープ力に欠けていて弱いのが悩みだというA・Sさん。
出産後、カラダが変わったと話しています。
 
骨盤が左右に開く出産で、骨格には大きな負荷がかかります。帝王切開の場合は、腹筋の感覚が戻りきらなくなります。
 
コンテンポラリーダンスをしていたAさん、20代になってからカラダの基礎作りとしてバレエを始めたそうです。コンテを踊ってきただけあり、ムーブメント自体は、なんの問題もない。けれど、ポワントとなるとどうしても立ちきれないのだそうです。
 
コンテンポラリーダンスは、バレエのテクニックに近いジャンルと、モダンやヒップホップに近いジャンルに分かれますが、いずれも重心に違いがあります。そのため、カラダを意識する場所が違うのですね。
 
診てみると、下腿の内、脛骨を捻って甲を伸ばそうとしていました。動く力があるダンサーの場合、バレエシューズでのレッスンなら多少ねじれていても動けてしまいます。(これはこれで危ないのではありますが)、けれど、ポワントワークはどうしても捻れがあると立ちきれません。
 
このようなケースでも、姿勢の崩れをチェックすることから始めていきます。
 
すると、腕にも捻れがあり、うまくアプロンが利かない状態になっていることが判り、同時に肩と首のラインにもズレが出ていることも判りました。
こういうケース、本人の自覚として歪みを強く感じる場合もあるけれど、皆さんがおっしゃるのは、『ずれてる』とか『はまってない感覚がある』なんです。
 
そして、動けるだけあって動きの中で、なんとか『ハマった』ところにもって行こうとするんです。これが、うまくいく時といかない時があり、うまくいかないまま、ずっとズレを修正しようとしていると、ケガにつながったりします。
 
先ほど書いた腕が捻じれ。これは猿腕との関係もありますが、ダンサーには結構猿腕少なくないのです。ということは、カラダをコントロールすることで、猿腕特有の腕の捻れは解消される、ということなのです。それがうまく解消されないのは、歪みや捻れが腕や肩だけの問題ではない、ということ。
 
最初は床に寝て、重心の確認、立って、捻れを修正した状態で、膝を伸ばす、などのエクササイズを行いました。
トレーニングを続けていくと、頭部から首の、肩のラインもズレが減ってきて、そうすると立方も変わっていきます。最初は、若干左に偏った立ち方だったのが、真ん中に戻っていくと、どんどんラインが修正されていきます。カラダが元から柔らかいダンサーは、微妙な左右差があっても、帳尻を合わせやすいのですが、それが出産を期にくずれてしまったのですね。これは女性特有の症状とも言えます。
 
出産経験がない場合でも、ホルモンバランスによってカラダのラインがずれやすいケースもあります。それについては、別のコラムで取り上げます。
 
いずれにせよ、いくら柔軟性があるからと言って、ズレや歪みを残したまま踊り続けることは、技の完成度を下げることにつながりやすいし、カラダにも負担がかかり、ケガになっていきます。
 
歪みがとれて立ちやすいカラダになってみると、『ああ、そうだった、ここだったっけ』という感覚が戻ってきます。そこに戻ること、あんじゅはそのサポートをしてます。
 
 
 
>>>電話:090-9362-0080
 
Posted at 10:48
O脚をコントロールする  [2018年03月04日]
約1年前からパーソナルセッション『ターンアウトアップ+プラス』を受けているRちゃん。カラダが硬いから、が悩みの種だったのですが、本人が思っているほど硬いわけではないのです。彼女の”硬い”は、決してその言葉通りではありません。
 
開脚だってスプリッツだってできるんです。けれど、リラックスしてストレッチするのが苦手でどうしても固まってしまいやすい。
 
そして、股関節の可動域はあるのに、どうしても5番がはまらないのが悩み。だから余計に固まってしまう。そうすると、バーの最初から固まって踊るので、スムーズに動けません。ヴァリエーションも踊れているのに、伸びやかさが足りない、自分でもどうすればいいのか、と悩んでいました。
 
その原因の一つが、実は膝押しを続けた結果のO脚。O脚だとルルベやポワント時に重心が後ろにずれてしまいやすい。
 
バレエ的にまっすぐ立つことの難しさから、多くのジュニアが膝を押して立ち、レッスンを続けてしまっています。そのクセが直らないと、足首と伸びなくなり、結果、下手をするとカラダに歪みを作ってしまいかねない。彼女もそうでした。
 
そうすると、アプロンが成り立たないので力で踊らざるえません。体重の軽い小学生の頃ならなんとかごまかせても、中学生になってカラダが変わって、皿に難しいパの組み合わせが入ってくるようになると、力が入ってどうしても思うように踊れなくなってしまうのです。
 
このくせを直すのに、この一年、彼女は随分頑張りました。ストレッチも『骨』で支えることを視点を入れてもらうと、力が抜けるようになってきた。すると、『オン ザフット』(ここでは、片足にきちんと体重を乗せて立つこと)もすんなりとできるようになってきています。
 
これまでやってもらったことは、脚の力ではなく、上半身を使う意識を育てること。これは書くのは簡単ですが、実践するのはなかなかむずかしく、エクササイズ段階ではできるようになってきても、動きになると直ぐ脚の力で踊りだす、の繰り返しが続きました。
 
初めの頃は、骨や関節など、解剖学的にポイントとなるカラダのパーツを意識してもらうことが多かったのですが、最近続けてきたのは、感覚を育てること。レッスンで先生がおっしゃることと似ています。
 
肩を上げない、肘を落とさない、のようなカラダの場所を示す指摘だけでなく、『水が流れるように』とか『ページをめくるように』など、感覚的な言葉を使っています。
このことの必要性を最近は特に感じるようになってします。
 
足、踵、つま先、膝、股関節、など気を付けなければならない箇所は幾つものありますが、その部分ばかりを気にしてしまうと実際の踊りはガチガチになってしまいますよね。そうなんですよね。踊っている時に感じていることは、カラダのパーツではなく全体性。
 
パーソナルセッションでも同じことが必要だとつくづく感じました。
 
カラダの部分には注意は払うけれと、最終的には、カラダが集まってきて、外へと開かれていく感覚が出てくる、そうなるとカラダがふわっと持ち上がってくるようになっていく。羽生結弦さん流に言うと【絶対ポイント】が見えてくると、確実に楽に踊れるようになるのです。それが『オン ザフット』の違いに出てきました。
 
Rちゃんの目標はもっと先にあって、それに向かって頑張っています。あんじゅもそれをサポートしています。
 
O脚に悩んでいる、力が抜けない、中学生に上がったら回れなくなったなど、悩みを抱えているジュニアはこちらもあわせてみてくださいね。
 バレエジュニアのカラダ作りについては
 
バレエのO脚、改善点
 
 
 
>>>ターンアウトアップ+プラス
 
Posted at 10:41
<< 前のページへ
|
次のページへ >>