バレエ鍼灸、バレエ整体、ターンアウト改善、解剖学講師兼フロアバレエ資格者による施術、アキレス腱痛、足首の捻挫、三角骨障害、股関節痛、膝痛、アラベスクラインの修正、フィギュア、新体操、シンクロジュニアの開脚改善、東京、代々木、バレエ治療院、鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

ダンサーズ症例ケース

タグ:「ダンサーの腰痛」の記事一覧

コンテンポラリーやモダン、ジャスダンスのダンサーさん達の中には、柔軟性が十分にあってカラダのキレも良く、アップしないでも踊れてしまうタイプがいます。
この系のダンサーさんは、関節や筋肉自体は柔らかいのに、太もも前が奥までぎゅっと固まっていたり、お尻にコリコリの筋肉があったりします。
 
Yさんもそういうタイプでした。来院した時は、急性腰痛が起きた直後で、動くのも大変という状況でした。
 
診てみると腸骨稜ラインと仙骨の筋膜に炎症があり、骨盤周囲の筋肉が筋性防御でガチガチ。胸椎から腰椎まで一過性の側弯までできていました。まずは、炎症を抑え、固まっている筋肉をほぐすことが優先。その治療の間、何をどうしてもこうなってのかの経緯を聞きました。
 
すると。。。
『ヘルニアがあって、腰の筋肉をが固まりやすいので、伸ばそうとぶら下がって腰を引っ張るストレッチをよくやるのです』ということ。今回の急性腰痛発症前もそのストレッチを繰り返していたそうなのです。そして、一年に一度は同じような腰痛を発症していたそうです。
 
分からないではないです。骨盤周囲の筋肉が固まってくるととても踊りにくくてスゴくもどかしい。けれど、固まっているものに力を入れ引っ張って伸ばそうとすると、筋肉は逆に縮まろうとします。これを反作用と言います。
力で引っ張る系のストレッチでは、大きな筋肉が主に引き伸ばされ、内側のある小さかったり細かったりする筋肉は、引きずられてしまい、本来の働きができなくなってしまいます。
 
 バレエの腰痛、鍼灸スペースあんじゅ
治療の合い間、筋肉の特性と現状何が起きているかとお話しして、腰を引っ張って伸ばすストレッチは今後やらないようにお願いしました。
 
筋膜の炎症も一週間毎3回の施術でほとんど治りましたが、殿部と大腿部の深いコリはなかなか手強く、途中整体も加えながら、計5回の施術で、通常のレッスンと教えに復帰できるようになりました。
 
床からのアプロンを使って踊るバレエとは違い、モダンやコンテンポラリーは床とのコンタクトがとても多いダンス。どうしても重心が下に落ちてしまいやすいからこと、腰の位置は常に上に保っている方がよいのです。細かく
 
 柔軟な動きには対応できるカラダも、筋肉は自体はが固まっている状態で踊れば、筋肉を包む筋膜にズレだって起きてしまいます。筋膜は、季節の変わり目にも微妙に反応します。これから、蒸し暑い気温と冷えた室内との温度差がキツくなっていく時期。
他に、生理や年齢の影響もあります。
 
ダンサーのカラダは楽器と同じくらいデリケートなのです。自分のカラダの声を聞くだけでなく、筋肉の特性を知った上で、必要なのでストレッチなどを組み立てていくことが大切です。
 
 
 
 
 
Posted at 10:55
いきなりやってくる腰の痛み。そう、ぎっくり腰は踊っていたってなるのです。
 
バレエダンスでは、基本のレッスンに以外に、いろんな振り付けがあります。しかも、現在の公演ではクラシック以外の振り付けも沢山。その中には大きく上体を丸めたり反らしたり、左右に揺れてみたり、ムーブメントは多様化しています。
 
そんなリハーサルが続いている時に、突然襲ってくるぎっくり腰。
きっかけは様々ですね。。。
 
冷たい床に座っていたりするのが原因だったり、風邪で少し休んでいた後に踊りだしたらぎっくり腰になることもあります。セットの道具をちょっと持ち上げた後、腰に違和感を感じて、そのまま気づかずにリハーサルしていたら、動けなくなった、、、こんなケースもあります。
 
ぎっくり腰には、先に紹介した、筋筋膜性腰痛のように、比較的表層の筋膜に炎症があるもの以外にも、筋膜の下にある筋肉が硬く固まってしまい、動きづらくなっているタイプもあります。
 
 
ぎっくり腰は分けてみるとこんな感じと言えます。
筋膜に炎症があるタイプは、表層雪崩。積もった雪のうちズルッと移動してしまう表層の雪が筋肉を包んでいる筋膜と考えてください。
 
でも、表層の雪の下には、以前に積もって硬くなっている雪もありますよね。それが大きな塊になって雪崩になることもあります。そうなると、そのまま規模は大きかったりしますね。これが、筋性防御を起こしているぎっくり腰です。
 
この時の状態を一言で言うと、腰ががっちり固められたようになっていて、動かせない。。。。前に動かせないない場合も後ろに動かせない場合もあります。
 
この時、カラダには何が起こっているのでしょうか?
 
バレエ鍼灸
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
背中にある骨、脊柱には大切な神経が走っています。運動神経のみならず、感覚神経も、自律神経も含まれていて、これが働かなくなるのが脊髄損傷です。だからこそ、腰に異変がおきたら、大切な神経を守ろうと、天然のコルセットのように腰の筋肉を固めて守ろうとするのです。そのため、腰の動きが制限されてしまう。
 
これがぎっくり腰のもう一つのタイプです。これが筋性防御なのですが、これはカラダを守ろうとする生体の反応なのですが、これが起きていると、踊るどころではなくなってしまうのです。
 
 
このタイプのぎっくり腰では、まず深層で固まっている筋肉をほぐしていくことが第一になります。腰にある脊柱起立筋は、表層から深層まで何層もの層になっており、又、骨盤を介して、骨盤周囲の筋肉にも影響が出ていることがほとんどなので、そこも緩めていきます。
 
この両方が緩んでくると、かなり楽になった感じが出ます。人によっては、すくっと立ち上がりやすくなっていたり、靴下を履くのに屈んでも気にならない、というケースもあります。
 
けれど、バレエダンスはこれだけでは足りないのです。
特にリハーサルや舞台直接前の場合は、振り付けが求める動きに対応できるように戻すことがポイント
 
動きの調整では、鍼を用いて行う方法とバレエの解剖学にそって手技で調整する方法と使い分けて行います。
特に、股関節の深い屈曲や、膝の曲げ伸ばし、体幹の前屈などで動きが止まらないように、調整していくことで、挫傷の程度や年齢や踊りの種類によりますが、早ければ1回、2回で舞台に戻っていくことが可能です。
 
さて、突然やってくる腰痛はぎっくり腰だけではありません。
中でも少なくないのが、腰椎ヘルニアによる腰の痛み。このタイプだと、腰だけではなく、腰から下の脚に痺れや痛みが出てきます。
 
ダンサーの急性ぎっくり腰、ヘルニアによる腰痛の治療は
 
 
 
>>>電話:090-9362-0080
 
 
Posted at 21:15
<< 前のページへ
|
次のページへ >>