バレエ治療院|アキレス腱,ハムストリング,ふくらはぎ,股関節,膝,腰の治療,バレエ整体,ターンアウト改善,バレエの解剖学,新宿,代々木|鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院、ケガを治すバレエ鍼灸、歪みを整えるバレエ整体、軸を見直すパーソナルトレーニング、バレエ解剖学講座。バレエ治療院鍼灸スペースあんじゅ@東京代々木

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

ダンサーズ症例ケース

ダンサーが悩むケガの症例と治療について紹介しています。
【テーマ】
■■アキレス腱■■
■■膝痛■■
■■腰痛、ぎっくり腰、ヘルニア■■
■■股関節痛■■
■■側湾■■
■■肉離れ■■
■■有痛性外脛骨・三角骨■■
■■ダンサーの甲■■
■■過去のケガの再発■■

タグ:「ヘルニア」の記事一覧

さて、ダンサーに多い腰痛。
「もしかして、、、ヘルニアになっちゃったの??」と心配になっている時どうすればいいのか?です。
 
ヘルニアの可能性があるかどうか?最終的には画像診断が必要ですが、その前に自分でチェックできることがあります。
それはこちら↓
 
 
1)腰の症状で、痛みよりも痺れが強いのか?

2)いつもしびれているのか?朝起きた時から、1日中、寝ている時も痺れた感じがあるのか?

3)温めても変わらないのか?冷やしても変わらないのか?

です。もし、3つともに◯がつくなら、神経の圧迫があるヘルニアの可能性が高いので、整形外科で画像診断を受けることが大切です。
 
 
 
ヘルニア画像
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ここに加えたい視点、特にバレエ治療院としての視点はこちら。

4)ディベロペ・ドゥバンの時に痺れを感じるか?

5)床に寝て脚をそれほど開かずに上にバットマンにしていく時、どの位の角度で痺れが出るか?

です。

もし、神経の圧迫があるヘルニアだとしたら、ディベロペやバットマンで、90度も行かないうちに痺れや痛みが出てくるはずです。
何故なら、大腿の後ろを走る坐骨神経が引き延ばされるからです。

90度くらいまでならあげられている状態だと、ヘルニアがあったとしても神経を圧迫している可能性は少なく、貴方の腰や脚の痺れや痛みの原因は、骨盤周囲筋や大腿部の筋肉が硬くなって神経を圧迫しているから起きる末梢性の座骨神経痛の可能性が高いのです。
考えてもみてください。本当に神経を圧迫しているなら、24時間痺れが続くはず、ですよね。
 

つまり、
温めて痺れや痛みが消えるなら、それは血液循環との関連性がある
また、冷やして痺れや痛みが消えるなら、それは炎症との関連がある
のです。
これらを総合して鑑別していくことが大切なのです。

踊っていると骨盤周囲は大きく動かされます。骨盤や下腿のラインに歪みが出ていると、カラダ全体を支えるため筋肉に負担がかかり、深層筋まで硬くなっていきます。
通常の人よりも柔軟性が高く、動くことになれているダンサーは多少の硬さもレッスンやストレッチで修正がしやすいため、深層筋のコリが神経を圧迫する段階になるまで、気づかないことも少なくありません。

腰椎に多いヘルニアですが、頚椎に起きる場合もあります。扇子や帽子など小道具を使って踊っていて、首から肩、腕、指に違和感や痺れを感じるケースもありました。
 

繰り返しになりますが、ヘルニアの治療としては、筋性防御が起きている腰痛と同じように、深層筋のコリを緩めること、そして炎症が出ているところはおさえる。
最終的に、ディベロペ、バットマン、アティチュード、又はポールドブラなどがスムーズにいくよう、ムーブメントの調整をすること、これがポイントです。
 
 

バレエ・ダンスのヘルニア治療はこちらから
>>>バレエ治療院あんじゅ バレエ鍼灸
Posted at 14:23
 
 
バレエ・ダンス障害、今回はヘルニアによる腰痛です。二回に分けて紹介します。
 
**************************************
 
腰が痛いと思って念のため検査したら、ヘルニアが見つかったんです。
 
 
 

と来院されたKさん。
舞台のリハーサルで随分腰に負担がかかっていたようです。

画像のコピーを見せてもらいましたが、確かに脊柱の隙間は狭いのですが、椎間板の突出した部分が神経を圧迫しているようには見えません。
ヘルニアがあると診断されたL5・S1周辺の圧迫テストでも、下肢の痺れが増すような症状は出てきません。けれど、腰から下、特に大腿部裏には痺れや痛みがあると言っています。
 
 
圧迫テスト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ヘルニアがありますね。。。と診断された時、大切なポイントがあります。それは、
『どのくらい神経を圧迫しているのか?』

脊椎の神経が出てくる箇所で圧迫が起きているのが真性のヘルニア。圧迫されている度合いによって症状に差が出ます。
できれば、◯%位の圧迫があるか、具体的な数字が確認できれば、ヘルニアの程度を推測することができます。
隙間が狭くなっていても外にはみ出た椎間板が神経圧迫を起こしていないケースもあります。ですから、どの程度圧迫があるのかを確認することが大切なのです。
 
 
ダンサーのヘルニア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
厚生労働省が出している『ヘルニアガイドライン』でも、オペが必要になるほどの症状は全体の 20%以下と書かれています。
Kさんの場合、腰椎周辺への圧迫テストよりも、大腿後部への圧迫テストの方に反応がありました。こういうケースでは、ほとんどの場合が、末梢性の座骨神経痛であることが多い。

特に、カラダが柔らかく、床に寝た状態で脚を伸ばすと耳まで届くほどの柔軟性があるダンサーの場合は、坐骨神経が走る範囲だけを診ているとバレエ治療としては足りません。
神経の圧迫がある部位を特定し、そこの筋緊張を取り除くことが一番重要ですが、加えて、踊る際に負担がかかりやすい骨盤周囲筋を緩めターンアウトしやすいように整えていくことがポイントです。

彼女のケースでは、踊りを続けながらバレエ鍼灸を10回、途中、リハビリでターンアウトアップを2回受け、症状がなくなってレッスンやリハーサルをしても痺れや痛みが出なくなったところで治療は終了しました。
バレエ、ダンスでは後ろに深くそったり、後ろ脚を高くあげたりするため、腰を痛めるケースが多々あります。
『腰だけで反らないで』と言うよく聞く注意の意味は腰の筋肉だけで背中を反らす癖をつけるとゆくゆく、腰を痛める可能性が高く、やがて、ヘルニアになる危険性もあるから、です。
 
一番は、腰だけに負担がかからない使い方を身につけることですが、実際に腰が痛いときにはどう対処すればいいのでしょうか?
 
 
(続く)
Posted at 11:39
<< 前のページへ
|
次のページへ >>