バレエ治療院|ダンサーの鍼灸治療,コンディショニング,バレエ解剖学講座,ジュニアのコンクール・留学準備,フィギュア・新体操ジュニアの昇級テスト対策,新宿,代々木|鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院、ダンサーのためのバレエ鍼灸、バレエ整体、コンディショニング、バレエ解剖学講座、バレエジュニア・フィギュア、新体操ジュニアのトレーニング。バレエ治療院鍼灸スペースあんじゅ@東京代々木

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

ダンサーズ症例ケース

ダンサーが悩むケガの症例と治療について紹介しています。
【テーマ】
■■O脚■■
■■アキレス腱■■
■■膝痛・半月板■■
■■腰痛、ぎっくり腰、ヘルニア■■
■■股関節痛■■
■■側湾■■
■■肉離れ■■
■■有痛性外脛骨・三角骨■■
■■種子骨■■
■■肋骨の痛み■■
■■ターンアウトforプロ■■
■■ダンサーの甲■■
■■バレエ留学への道■■
■■バレエ整体■■
■■過去のケガの再発■■
■■冷え性による血流障害■■

タグ:「膝痛」の記事一覧

 ダンスの中でも、特にコンテンポラリーを踊るダンサーは、一種独特の柔軟性があると感じます。
 
バレエダンサーも柔らかいのは当然なのですが、それとは少し違う性質があると診ています。レッスン自体はクラシックの基礎レッスンが土台なのですが、その先の作品を踊るについて、コンテンポラリー独特のムーブメントを体現するのに適したカラダをしているとつくづく感じるのです。
 
ダンサーの膝痛、膝蓋支帯、コンテンポラリーダンサーその独特の柔軟性が、作品を更に興味深く面白いものにしてくれるのですが、ダンサーのカラダにかかる負担は、振り付けが複雑になればなるほど、大きくなる傾向にあります。 特に、コンテンポラリーダンスでは、床とのコンタクトが多く、そのコンタクト自体もスピードやパワーがクラシックバレエよりも大きいため、こと、膝にかかる負担は増してきます。深いプリエからの大きなジャンプだったり、床に沈み込んでから回転したりなど、深く膝を折るシーンも少なくありません。しかも、ダンサーのカラダ自体が柔らかいので、その衝撃がケガに繋がることが多くなります。
 
筋肉がしっかり付いているタイプのダンサーだとのみこめる負荷も、筋肉も柔らかいタイプだと、靱帯や腱に負荷がかかりすぎ、炎症をおこしやすくなります。 膝痛を抱えるタイプのダンサーは、膝蓋骨の動きが緩いタイプに多く、このタイプのダンサーは、膝蓋骨をグッと上に引き上げておける筋力を常に保っておくことが必要です。
 
特に女性の場合は、ホルモンのバランスによって靱帯や腱が緩みやすい時期があります。生理前後に不調になる傾向のある人は、自分の生理周期を把握しておくことも大切です。 とは言っても、炎症がある膝は放っておいても変わらないし、抗炎症剤を飲んでも、湿布をしても治らないケースもあります。このような、膝の炎症には、バレエ鍼灸で行なっている施灸がとても高い効果を出してくれます。
 
1、2週間しても治らない炎症であれば、早めに対処しておくことがオススメです。膝関節は 、曲げ伸ばしをスムーズにさせるため、靱帯や腱が複雑に交差しています。痛いままカバーしながら踊っていると、膝上の筋肉だけでなく膝下の筋肉にも負荷がかかり、下腿全体の動きにズレが出始めます。動きのズレがあるまま踊っていると、体重を支えれらなくなるため、更に膝への負担が増えていきます。
 
又、膝ではなく、他の部位の故障が引き金となって、膝関節に負担がかかってしまう場合もあります。
 
Aさんの場合は、内側膝蓋支帯に炎症が出ていました。その膝をかばうため、反対側の大腿に負担がかかり、ディヴェロペでつるような状態にもなっていました。 膝にでていた炎症は、施灸によって抑え、大腿部に出ていた硬結を緩めると格段に脚はあげやすくなりました。今回のケースのポイントは、以前おった足部の骨折を報告してくれていたので、その部分にも治療が加えられたことです。
 
足部は、カラダを支える大切な土台で、ダンサーには中足骨、楔状骨、舟状骨、三角骨などのケガが少なくありません。年代が若い 軽く考えがちな過去のケガも、年を経てそれより上の関節に負荷をかけてしまい、踊りづらくなってしまったケースも診ています。
 
膝関節は、ショックアブゾーバーのような働きをしてくれるからこそ、ジャンプも回転も可能なのです。膝が緩いタイプ、又、過去、膝から下の関節を痛めた経験のあるダンサーは、自分のカラダの調子をみながら適切なケアや治療をすることが必要です。
 
 
 
Posted at 10:02
スプリッツに左右差がある、といって来院するバレエジュニアは少なくありません。
ほとんどのケースでは、上半身がふにゃふにゃ、手の指がふにゃふにゃ、肩がポコンと上にあがっていて脚だけでがんばろうとする子が多いので、背筋やカエルなどをやりながら上半身をつかう意識を目覚めさせていき、腕や背中のエクササイズと首をつけるエクササイズをおこなうことで少しずつ改善され、早い子だと1回のセッションで克服出来る子もいます。

中にはどうにも改善が診られないというケースが出てくるのですが、今回来院したジュニアの場合、診ていると左の股関節のつっかかりがとれにくいのです。
 
人のカラダは100%左右対称ということはほとんどなく多少の左右差は誰もが持っています。それはカンパニーダンサーでも同じこと。股関節ヒップソケットも全く同じ方向についているという訳ではないのです。

ただ、股関節に多少の左右差があっても、上記のエクササイズを繰り返しているうちに、小学生だと(他、おおよそ20歳以下までだと)少しずつ左右が揃ってくることがほとんどなのです。それは得意な脚ばかりやって苦手な方があまりやらないうちにバランスが崩れていたり、苦手な方の体幹と腕がつながりにくかったりするからで、セッションでは苦手な方向を先にやったり、苦手な方の肩を開かせることを中心にしたりして取り組むとほぼ揃っていくのです。
 
がしかし、なかなか効果がでにくいというジュニアもたまにはいます。
そのような場合、エクササイズを続けてやらせるだけでなく、カラダ全体をよく注意して診る必要があります。
 
オスグッド、バレエ治療
 Mちゃんは場合、2,3ヶ月で4㎝も背が伸びた状況にあり、小学5年生にして既に156cmもありました。となるとどうしても成長痛がでても不思議ではない状況。よく診ていると、前や横に移動するエクササイズの時に足をすっているし、更に、立っている時に左脚に寄って立つ率が多いのです。

そこで彼女にこそっと理由を聞いてみると『右のお膝が痛いの』ということでした。オスグッドだったのです。

Mちゃん自身は『膝が痛い』ということをお母さんに話しているつもりでしたが、『左のスプリッツがうまくいかない』ということの方が強く伝わってしまっていたようです。左がうまくいかないのは、右の膝が痛くてうまく使えないため、左の股関節に体重をのせて立つクセがつき、結果、体重がのかかっている左股関節の方がつまく伸びずスプリッツの左右差につながってしまっていたからだったのです。自分のカラダを正確に把握して両親や先生に伝えるということは、小学生ではとても難しいこと。

改めて、立ち姿、座り姿などからもしっかり診る必要性を痛感しました。
原因が判ったので、トレーニングは一時中断し、施灸をおこなってから、椅子に座っての上半身のエクササイズに切り替えて診ました。立つことに上半身が大切だというのは、小学生のジュニアには理解はしにくいのですが、そのエクササイズの後、椅子から立ち上がると膝を曲げて伸ばしても痛みが出ないことから、すこ~しカラダでつかんでくれたようです。


短期間で身長が伸びたジュニアでも膝痛にケースとそうでないケースがあるので、誰もが注意すべきと強調するものではありませんが、左右差がある時、痛いところがあるかないか、ご自宅でしっかり聞いてみてくださいね。
 
スプリッツ左右差の改善には >>>ターンアウトアップ+プラス
Posted at 10:43
緩い膝蓋骨と膝痛  [2018年06月15日]
膝に痛みを抱えるダンサーの中に、膝のお皿=膝蓋骨がゆるい人が少なからずいます。
 
膝がゆるいとは、どういうことかというと、自分の膝のお皿を軽く左右からつまんでから、内側や外側に動かしてみると判ります。
大概の人は、外へも内へもさほど動かないのですが、ゆるいタイプの方は、膝蓋骨をつまんで動かすとグニュっと移動するのです。もちろんリラックスした状態でやるからこそなのですが、膝蓋骨がゆるいと、立っていても踊っていても負荷がかかりやすいという危険性が潜んでいるのです。
 
 
 
特にカラダが柔らかいダンサーさんは膝がゆるみやすい傾向にあります。他、ホルモンのバランスの影響を受けやすいタイプの人が、生理周期によって膝がゆるみやすかったりします。
 
膝関節は、曲げたり伸ばしたりが多い関節なので、この膝蓋骨が衝撃から守ってくれている訳です。この骨が動きやすいということは、つまり、膝関節周囲への負担が大きくなりやすいということを意味します。
この膝がゆるいタイプに加え、X脚が合わさると、更に膝関節への負担は増してしまいやすい。
 
バレエやダンスでは柔らかいプリエが重要と言われますが、大切なのはプリエの後、しっかり膝が伸びること。きっちり膝が伸びた脚では、膝下と膝上、つまり下腿と大腿が一本になるので(この時膝蓋骨は上に上がっています)アンドゥオールもしやすく、ジャンプの着地の負担も吸収してくれます。
 
けれど、膝がゆるいタイプは、膝蓋骨がきっちりあがりきらない時期があり、その時の負荷がダイレクトに膝関節周囲に及びやすいのです。気がつかないうちに膝が重くなって腫れてくる場合は、まず第一に炎症を取り除くことが最優先です。
 
炎症を抑えると同時に大切なのが、周辺筋肉の硬さを緩めること。炎症がある部分の組織を守ろうと硬くなっている筋肉では膝蓋骨は上がりきれないのです。
 
他に、レッスンだけでなく日常生活でも気をつけたこと、それが膝押し。立位の体重をにがすためツイツイ膝押し立ちをしやすいのですが、膝に炎症がある時はなおさら注意が必要です。レッスンでは気をつけても、日常生活では意識が抜けやすくなります。膝がゆるいタイプだと気付いた方は、日頃の姿勢チェックも大切です。
 
バレエの膝痛の治療は
Posted at 10:19
バレエ学校の試験の後、足首が痛くなって来院したRさん。
来た時には、足首だけでなく膝痛も訴えていました。
 
問い合わせがあった時は、捻挫とありましたが、足部を診ると、よくある捻挫(踝の外側にある前距腓靭帯)ではなく、踝の内側、しかもかなり足底に近い部分(後脛骨筋)に炎症が残っていました。
 
足首が痛い、バレエ

この筋肉・腱は足の指を内側に曲げる筋肉で、足のアーチを作る大切な筋肉なのですが、彼女の場合、足の指の力がとても強いため、バレエシューズでもポワントでもこの筋肉をつめて踊っていたようです。
 
彼女にはもう一つ特徴がありました。それは、膝のハイパーエクステンション=X脚。この脚はバレエ向きと言われますが、実はコントロールするのは難しいのです。X脚の場合、膝蓋骨をしっかり上に引き上げることがポイントなのですが、見た目きれいな脚なため、コントロールを忘れてしまうと、膝が奥に入ってしまうのです。
 
しかも、足首にケガがあると、足底からのアプロンにズレが生じやすい。膝には、大きな炎症はありませんでしたが、しっかり治療を行い、お皿が上がりやすいように調整しました。
 
X脚や膝蓋骨が緩いタイプは、コントロールが難しいのですが、足指が強いとその力だけで踊れてしまったします。けれど、学年が上がり複雑なパが増えていくと、コントロール不足からケガになることも少なくありません。
 
X脚や緩い膝蓋骨など、自分のカラダの特徴は、10代半ば位にはちゃんと把握しておくことが大切です。そのまま続けることで、靭帯を損傷する、というケースにも発展します。
 
 
捻挫、足部の痛み、アキレス腱痛、そして緩い膝からくる膝痛など、はしっかり治療し、コントロールできるようにしていきましょう。
 
 
治療についてはこちらを  >>>バレエ鍼灸   
ボディーコントロール・トレーニングについては こちらをご覧ください。
Posted at 10:32
膝は曲げたり伸ばしたり、膝下は回旋したり複雑な動きをするため、お膝のお皿(膝蓋骨)を中心に、何重にも腱や靭帯が張り巡らされています。又、体重をしっかり受け止めるために大腿骨と膝下の骨(脛骨)との間に半月板が挟まっています。
 
元からカラダの柔らかいダンサーの中には、この膝蓋骨が緩くて膝が左右にぶれやすいタイプが少なからずいます。
 
両方の脚が5番でいる時は安定していても、ジャンプやアレグロのパは、軸脚と動作脚に分かれて踊る。つまり、片足で着地することがとても多い。しかも、ビッグジャンプの着地では体重の何倍もの荷重がかかります。
 
多種多様な動きを含むコンテンポラリーダンスの場合、ふとしたことでうまく重力をコントロールしきれなかった時、膝への負担がかかりすぎることもあります。
 
踊る量が半端ないダンサーや教えで長時間立ち続けている先生の中には、緩い膝に負担がかかって、半月板が傷ついてしまうことがあるのです。本人はそんなつもりはなかったと言うレッスン内容で傷がついてしまうケースもありました。
 
半月板は外側と内側の半円状になっています。
 
 
半月板損傷、バレエ
 
今までに診た中で、繰り返す刺激に損傷していた半月板が消滅していたという例もありました。他、半月板に亀裂が入ったり、ささくれのようにめくれたり、割れてしまうケースもあります。
 
損傷度合いによってオペが必要になってきますが、血管で栄養されている外側の損傷の場合は比較的軽症と考えられ、オペをしなくて済むことがあります。いずれもしっかり画像診断を受けることが大切です。
 
半月板の損傷時には、大抵の場合、膝周囲の靭帯や腱にも炎症が出ており、これが痛みの原因である場合もあります。
 
診断を受けた後は、適切な鍼灸治療を受けることで回復は劇的に早くなります。
 
更に、しばらく通常のレッスンができないため、脚の筋肉が少しずつ衰えていってしまうのも見逃せないポイント。ここを軽く見てレッスンに復帰すると、筋肉のバランスが取れず又膝に負担がかかってしまうことになります。
 
 
 
他、ジャンプの着地でケガをした場合など、復帰したレッスンでジャンプをする度に、恐怖心がおき、そのわずかな心理的な負担からカラダのバランスが崩れ、痛めた箇所に負担をかけてしまう、というメンタル的な葛藤が起きることもままあります。
 
大切なのは、
1)画像診断をとり、現状を把握すること。
2)適切な治療を受けて、膝周囲の炎症を取り除くこと
3)レッスン、リハーサルへの復帰を念頭に置いた適切な筋トレを行うこと
です。
 
心理的なストレスがかかっている場合は、なかなか自分で解消できない場合もありますので、バレエ治療院でも東洋医学的・西洋医学的な面からアドバイスとしています。
 
実際ケガをしてみると、そう言えば、ああいう時にいつもここが崩れやすい、脚だけで飛んでいたなど、ケガをしたからこそ見直せることに沢山気づけます。
 
実は、そういう視点こそがとても大切。現状をしっかり見つめ直し、治療やトレーニングを加えながら復帰すると、ケガをする前よりカラダの感覚が鋭くなっていくことが少なくありません。
 
ケガをマイナスに捉えないで、色々な視点を取り入れていくことで、踊るカラダのバランスはとりもどせていきます。
 
バレエ治療院あんじゅは、治療でトレーニングで、解剖学講座で、半月板損傷から回復を願うダンサーのサポートをしています。
 
膝痛の治療は   >>>バレエ鍼灸
膝痛を克服してバレエに戻っていくための解剖学講座は   >>>バレエにアナトミー
 
 
Posted at 11:45
<< 前のページへ
|
次のページへ >>