バレエ治療院|ダンサーの鍼灸治療,コンディショニング,バレエ解剖学講座,ジュニアのコンクール・留学準備,フィギュア・新体操ジュニアの昇級テスト対策,新宿,代々木|鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院、ダンサーのためのバレエ鍼灸、バレエ整体、コンディショニング、バレエ解剖学講座、バレエジュニア・フィギュア、新体操ジュニアのトレーニング。バレエ治療院鍼灸スペースあんじゅ@東京代々木

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

ダンサーズ症例ケース

ダンサーが悩むケガの症例と治療について紹介しています。
【テーマ】
■■O脚■■
■■アキレス腱■■
■■膝痛・半月板■■
■■腰痛、ぎっくり腰、ヘルニア■■
■■股関節痛■■
■■側湾■■
■■肉離れ■■
■■有痛性外脛骨・三角骨■■
■■ダンサーの甲■■
■■肋骨の痛み■■
■■バレエ留学への道■■
■■バレエ整体■■
■■過去のケガの再発■■
■■冷え性による血流障害■■

タグ:「アキレス腱痛」の記事一覧

『最近、足首、アキレス腱の辺りが痛いんです。』
と訴えたいたのは現在、膝を治療中のY先生。膝痛は、長時間、膝を折っていたポーズが続いたことで膝穴に圧力がかかってしまったのが原因だったのですが、膝がよくなってきたところ、次にアキレス腱痛がでたそうそうなのです。
 
このような状態は、カラダのバランスがうまくとれないため起きることなので、痛みがあるところだけ治療しても効果がでないことが少なくありません。と言うのも、バレエ、ダンスでは膝と足首は、それ以外、全てのボティバランスと常に連動しているからです。
 
よおく聞いて、診てみると、プリエで膝が折りたたまれる時、僅かに膝に揺れが見えました。ドゥミプリエは楽になってきたけれど、グランは未だちょっと怖い、という時期、気持ち的にプリエをしっかりすることにためらいが出たりします。
 
膝は大腿部と下腿部の中間にあり、内へも外へも動く訳なんですが、バレエのプリエでは足部と同じ方向に揃えることが大切。長年踊っていると、どうしてもその方向にカラダをもっていきたいと無意識に外へ外へと動かそうとします。
 
痛みやケガがない時にはすんなり出来たことが、なかなかうまくいかないことが続きます。と言うのも、挫傷して治療をしている時は、通常のすっと開く感覚が途切れてしまうため、どうしても力が入りやすい。でも、無意識に働く部分も残っている、それが、膝のブレとなって現れれるのです。
 
結局、アキレス腱の痛みは膝痛の関連として現れたもので、きちんとした膝の位置でプリエが入ると、足首にでていたツレる感じは無くなりました。
 
ケガをしていても、教えの仕事は中断できない教師やダンサーの場合、治療しながらでも踊らなければなりません。その間大切なのは、力ではなくカラダの内側からの声をよく聞くこと。これは、運動神経ではなく、感覚神経の役割で、これまでの踊りで必ず養ってきたものだからこそ、焦らなければ少しずつ戻ってきます。
 
バレエ治療院あんじゅでは、治療と並行して、膝の位置の修正、足首の位置の修正などもサポートしています。
 
 
 
バレエのケガ 膝、アキレス腱
 
膝痛・アキレス腱の治療は   >>>バレエ鍼灸
膝痛を克服してバレエに戻っていくための解剖学講座は   >>>バレエにアナトミー
 
 
Posted at 10:57
<< 前のページへ
|
次のページへ >>