バレエ鍼灸、バレエ整体、ターンアウト改善、解剖学講師兼フロアバレエ資格者による施術、アキレス腱痛、足首の捻挫、三角骨障害、股関節痛、膝痛、アラベスクラインの修正、フィギュア、新体操、シンクロジュニアの開脚改善、東京、代々木、バレエ治療院、鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

ダンサーズ症例ケース

タグ:「出産後のダンサー」の記事一覧

カラダが柔らかいので、安定感、キープ力に欠けていて弱いのが悩みだというA・Sさん。
出産後、カラダが変わったと話しています。
 
骨盤が左右に開く出産で、骨格には大きな負荷がかかります。帝王切開の場合は、腹筋の感覚が戻りきらなくなります。
 
コンテンポラリーダンスをしていたAさん、20代になってからカラダの基礎作りとしてバレエを始めたそうです。コンテを踊ってきただけあり、ムーブメント自体は、なんの問題もない。けれど、ポワントとなるとどうしても立ちきれないのだそうです。
 
コンテンポラリーダンスは、バレエのテクニックに近いジャンルと、モダンやヒップホップに近いジャンルに分かれますが、いずれも重心に違いがあります。そのため、カラダを意識する場所が違うのですね。
 
診てみると、下腿の内、脛骨を捻って甲を伸ばそうとしていました。動く力があるダンサーの場合、バレエシューズでのレッスンなら多少ねじれていても動けてしまいます。(これはこれで危ないのではありますが)、けれど、ポワントワークはどうしても捻れがあると立ちきれません。
 
このようなケースでも、姿勢の崩れをチェックすることから始めていきます。
 
すると、腕にも捻れがあり、うまくアプロンが利かない状態になっていることが判り、同時に肩と首のラインにもズレが出ていることも判りました。
こういうケース、本人の自覚として歪みを強く感じる場合もあるけれど、皆さんがおっしゃるのは、『ずれてる』とか『はまってない感覚がある』なんです。
 
そして、動けるだけあって動きの中で、なんとか『ハマった』ところにもって行こうとするんです。これが、うまくいく時といかない時があり、うまくいかないまま、ずっとズレを修正しようとしていると、ケガにつながったりします。
 
先ほど書いた腕が捻じれ。これは猿腕との関係もありますが、ダンサーには結構猿腕少なくないのです。ということは、カラダをコントロールすることで、猿腕特有の腕の捻れは解消される、ということなのです。それがうまく解消されないのは、歪みや捻れが腕や肩だけの問題ではない、ということ。
 
最初は床に寝て、重心の確認、立って、捻れを修正した状態で、膝を伸ばす、などのエクササイズを行いました。
トレーニングを続けていくと、頭部から首の、肩のラインもズレが減ってきて、そうすると立方も変わっていきます。最初は、若干左に偏った立ち方だったのが、真ん中に戻っていくと、どんどんラインが修正されていきます。カラダが元から柔らかいダンサーは、微妙な左右差があっても、帳尻を合わせやすいのですが、それが出産を期にくずれてしまったのですね。これは女性特有の症状とも言えます。
 
出産経験がない場合でも、ホルモンバランスによってカラダのラインがずれやすいケースもあります。それについては、別のコラムで取り上げます。
 
いずれにせよ、いくら柔軟性があるからと言って、ズレや歪みを残したまま踊り続けることは、技の完成度を下げることにつながりやすいし、カラダにも負担がかかり、ケガになっていきます。
 
歪みがとれて立ちやすいカラダになってみると、『ああ、そうだった、ここだったっけ』という感覚が戻ってきます。そこに戻ること、あんじゅはそのサポートをしてます。
 
 
 
>>>電話:090-9362-0080
 
Posted at 10:48
<< 前のページへ
|
次のページへ >>