バレエ鍼灸、バレエ整体、ターンアウト改善、解剖学講師兼フロアバレエ資格者による施術、アキレス腱痛、足首の捻挫、三角骨障害、股関節痛、膝痛、アラベスクラインの修正、フィギュア、新体操、シンクロジュニアの開脚改善、東京、代々木、バレエ治療院、鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

【テーマ】
■■骨で踊ろう■■
■■クライアントボイス・なう■■
■■バレエジュニアのカラダづくり■■
■■講習会・出張講座■■
■■バレエ鍼灸ヒストリー■■
■■コンクール・ヴァリエーション■■
■■バレエ留学■■
■■バレエ・ダンス考察■■

タグ:「バレエ」の記事一覧

2016年夏、アメリカからいらしたバレエジュニアNさん。2年ぶりの里帰りに合わせてパーソナルセッションターンアウトアップ+プラスを受けに来てくれました。日米の血をひく彼女、バレエでは理想とされるX脚で、股関節の可動域も充分あり、一般的な日本人より開きやすいカラダをしているのに、ターンアウトに左右差を感じ、脚が上がりにくい、と言うのです。
 
二年前、初めて彼女を診た際、私が驚いたのは、脚を一本に揃うラインにもっていくと、余りにも簡単にターンアウトしてしまったことでした。
 
これは、施術者である私が、カラダの角度を診て、大腿部と下腿部と足部がスッと一本になるラインに整え、それからアンドゥオールに開いてもらったからでもありますが、日本人のジュニアの場合だと『開く方向に持っていこうとするとぐっとでてくる抵抗感』があるのですが、彼女には変な抵抗感は全くなく、スルッと簡単にひらいてしまったのです。欧米人の血がはいっている彼女、これが骨格による違いなのだと、痛感させられました。
 
その後2年経った今年、ほっそりとしたラインに女性らしさが出てきて、相変わらずのX脚なのですが、若干脚にお肉がついてきており、それが自分でもとても気になるようでした。
 
X脚の場合、何気なく立っていても、膝が過伸展してしまい下腿部の腓腹筋が後ろに押しだされる状態になりやすいため、コントロールが大変なのですが、軸がとりづらいという原因は、やはり【膝押し】でした。見た目、膝の後ろが伸びているので、きれいに見えますが、軸として考えると後ろに押した分、立ちにくくなり、より後ろに伸びやすいX脚だと更に軸がとりにくくなるのです。
 
本人は押しているつもりはないのですが、カラダの構造からもどうしても押してしまいやすいのがX脚。今回は、膝のお皿を押さずに上に上げるエクササイズを細かく解説しながらやることに時間をかけました。自分の意志で脚を一本に揃える感覚を身につけることがとても大切だからです。
 
上で述べたスルッと開くライン、施術者ではなく踊り手自身ができるようにならない限り、踊れるカラダにはなりません。バレエでは常にプリエがあり、そこから脚が伸び、いろんなパにつながっていきます。それらすべてのムーブメントにおいて、自らのカラダに呼びかけてコントロールしながら動かせるようになり、いずれは、コントロール自体が自然にできるようになる必要があります。
 
これらの過程には、運動神経よりも動きを調整する感覚神経が必要なのですが、若いうちはどうしても動く=運動神経になりやすい、大雑把な動きになりやすく、結果つま先も伸びきらない。お膝のお皿アップをして、更にそこからポワントのラインを育てるのは時間がかかります。
 
膝のお皿を上げるためには、脚だけでは完成しません。しっかり腕が体幹とつながっている安定した上半身があるからこそ、軸脚が更に使えるようになるのです。そのために、腕のトレーニングも加えます。脚も腕も、トレーニングの指標となるのは、前からお話ししている【骨】です。どの骨のどこを意識して、どの骨と繋げるか、これがポイントです。
 
今回はこれらのトレーニングを3回のセッションで行いましたが、最後、ここまで持ってくることができました。脚のラインを揃えてお皿を押さずにしっかり軸に立てると、真ん中に集まり、5番も変化します。5番が安定すること=軸脚がしっかり立てること、になります。
 
 ターンアウト改善、バレエ治療院あんじゅ
 
 
X脚の改善には
 
Posted at 10:42
市川先生
ご連絡が遅くなりました。先日のin 横浜コンクール、入選で終えました。一度DVD を見て戴き、またご指南戴けたらと存じます。
うれしいお知らせを頂いたのは、Sさんのお母様から。
 彼女は、足部がよく育ってきていました。
 
細身のため、まだまだ体幹をキープするのがあと少し足りないのですが、発表会ならよくできましたね~と言われていい内容です。ただ、コンペティションではそうはいかないのが難しいところ。
 
初めて見る先生方は、これまでの頑張りは知りません。しかもどの参加者も頑張っている。その中で、しっかりと踊りを見せていかなければ上位には届かないんです。
 
そのために大切なのは、脚を上げるとか沢山回るとかの部分的テクニックではなく、ジュニアながらしっかりヴァリエーションを踊れる基本の姿勢ができているか、なんです。
 
上位にいくジュニア達の体幹は本当にブレが少ない。そこの違いは、分かっていても、実際に練習すると、どうしても脚技にとらわれがちなんです。
 
脚技を安定してキレイに見せるのは、例えばアティテュードターンやバロネばかり練習していてもダメな場合があります。
 
というのも、それらのステップはポーズではなく、その前後に必ずつなぎのパがあるから。結局、出から、途中から、最後はけるところまで、一度たりとも体幹が落ちていると、パはキレイに見えないのです。
 
そのための姿勢づくりは、じつは結構地味な作業なので、若いジュニアにとってはあまり面白くないのかもしれない。けれど、結局、基本の姿勢ができていないから、パが決まらないんですよね。
 
やっているうちにそこに気づいていったジュニアほ、少しずつカラダが変わり成果が上がっていくのです。
 
特に女性は、年齢によりカラダが変わっていきます。中学生に上がって以降、成果が出ない、、とあんじゅに来た時には、お尻に余計なお肉がついてしまっていたジュニアもいました。まえと同じように脚を高く上げようとした結果、太ももとお尻の筋肉が変わってしまい、これを修正するのにとても時間がかかった例もあります。
 
前のコラムでも言っていますが、脚は上げるのではありません。しっかりとした体幹、上半身があれば、高く上がっていくのです
 
力んで踊り続けた結果脚も太くなり、身長も伸びないケースもあります。
今は、一昔前と違い、女性ダンサーでもせめて160cmは必要と言われる(カンパニーによると165cmのところもあります)時代。
 
カラダの変化に踊りがついていかなくなっているのであれば尚更見直すべきは基本の姿勢。それが、しなやかで伸びやかなバレエボディの土台になるのです。それは=、ケガも少ないカラダでもあります。
 
あんじゅは、成長による変化で悩んでいるジュニアの姿勢づくりをサポートしています。
 
 
 
>>>電話:090-9362-0080
 
 
 
Posted at 11:23
パーソナルセッション・ターンアウトアップ+プラスでの出来事。
コンクールにも出て、少しずつ自分の踊る方向性を考え始めたMさん。
 
『私、自主練はかなりやる方なんですが、ただ闇雲に練習しててもダメだなって思ったんです。先生(これ、私のことです)は、何か違うって思った時は、どうしてるんですか?』
 
そうそう、こういう反応を待っているのです。
 
足りないカラダのためにこれをやりましょう、とエクササイズを渡してやる、これも大切なんですが、それよりももっと大切なのは、自分で違い気づき、何故上手くいかないのか?を自分の頭で考えて、じゃあ次はどうすればいいんだろう、と試行錯誤すること、なんです。
 
目の前のエクササイズをただ続けるだけでは、やり難いことは上手くならない。
ここまで来てくれたのはブラボー‼︎ こうなるとカラダの変化も少しずつ早くなっていく可能性が見えてきています。
 
なので、こう答えました。
『例えば因数分解の問題を間違えたら、、、』
と例えを出したら、
『あ、、数学、苦手なんです^^;』だったので、英語で伝えてみました。
 
『英語の文章問題で間違えたら、代名詞を間違えたか?人称を間違えたか?語順か?って分解して再度確認するでしょう?それと同じことをすればいいのよ』
 
に英語の得意なMさんは『英語もバレエも同じなんですね』と納得したよう。
どうやって分解していくかは、この質問が出る前にエクササイズでやっている時に、色々分解して伝えてやってくれているんですが、ただ、やっているだけ、よりも、自分で気づいて、このことなのか?と理解しながらやると、脳とカラダの関係は更に密接につながって、カラダの反応は良くなっていくのです。
 
分解していくには、バレエの解剖学が土台でお見せできませんが、確実に60分でラインが変わってきます。
 
自分のカラダを見直して、ラインを変えていきたいジュニアは、こちらからお問い合わせください。
 
 
 
 
 
>>>電話:090-9362-0080
 
 
 
 
Posted at 23:14
バレエストレッチのカエルができない、スプリッツができない、開脚が苦手、ディヴェロッペであがりにくい脚がある。。。などなど、レッスンで苦手なことがあるケースは多々あります。レッスンを受けているのは一人ではないから、できない部分で止めて先に進まないということはほとんどありません。結果、長くレッスンは続けているのに、テクニックが育たないということになってしまいます。その背景に、左右差など、カラダに歪みを作ってしまっているというケースが少なくないのです。

ジュニアの時代は、成長期特有のカラダの柔らかさや、動きを覚える記憶力などもあって、歪みがあってもヴァリエーションが踊れてしまう場合が多いのですが、踊っている本人に聞いてみると、実はとってもやりづらい部分があって、先生の指示通りやろうとしてるのだけど、うまくいかないし、がんばりすぎると痛くなったりする。。。ということがあるのです。

日本人の上半身は、バレエの生まれた国の人の骨格と比べてとても薄く、安定感に欠けます。クラシックバレエの基本からみると、安定した上半身があるからこそ軽やかな脚さばきが可能なのですが、ジュニアの目は、先生やできるお友達の脚や足先にばかり目が行きがち。これが、脚だけで踊るクセになりがちなのです。

小学生くらいまでは体重も軽いので、脚だけで踊っていてもなんとかなるけれど、中学生になりカラダが変わり始めると、重心もずれてきて、脚だけでは踊れなくなっていきます。この段階で、特に上半身が柔らかいタイプのジュニアに、脊柱の歪み、更に骨盤の歪みが定着してしまうケースが出てきます。筋肉が強いタイプだと、太ももやふくらはぎがドンドン太くなっていきます。
10歳から12歳、まだ生理が始まる前、始まったばかりの段階だと、クセによるカラダの歪みも修正が可能です。

普段の生活で、どうも片側だけに寄って立っている座っている、このようなクセを早く見つけること、これがとても大切です。
 
 
ターンアウト改善、バレエ治療院あんじゅ
 
 
 
Posted at 13:09
 4月うれしい報告が届きました。
 
市川先生!
おはようございます☀
無事カナダのサマープログラム参加できることになりまさした!次は7月からのサマープログラム1ヶ月間に向けて頑張ります!
 
本当にありがとうございました!!
 
Mさん
今年1月~3月、バレエスクールの特別クラスや夏の講習会に参加するため写真撮影のサポートをしていました。写真はポーズなので、まだいいのですが、動きの全てを見せなければならないビデオオーディションは、写真オーディションよりも難しくなります。
 
Mさんは毎回出す課題をしっかりこなしてくれて、無事サマープログラムへの参加を勝ち取りました。
 
今回のビデオオーディションは、バーとセンターのアンシェヌマンを組むところから自身で取り組みたいというので、音楽の選定やパの組み合わせや撮影のポイントなども含め、できる限りのサポートをしました。この時に役にたってくれたのが、バー・アスティエの資格取得のための教科内容。
 
認定講師のための勉強では、クラスをつくるために様々のことを学びました。カラダの構造を考えてどのようにエクササイズを組むべきか、エクササイズに必要な要素を音楽とどう組み合わせていくのか、美しいラインをつくるには、何が必要なのか、などなど、これらは全て現在のあんじゅのメニューに活かされてます。
 
写真撮影、ビデオ撮影などのサポートを希望される方には、個別にその時のエピソードをお伝えしています。
 
 
ターンアウト改善、バレエ治療院あんじゅ
 
 
Posted at 10:36
解剖学講座を受けたH先生の感想です。
 
解剖学楽しかったです。自分のカラダではできるんですが、どうすればうまく伝えられるんだろうと本も読んでみたことあるんですが、具体的にしかも踊りで学んでいくから分かりやすかったです。
(実際にクラスで)カラダを支える支点を伝えたら、すごく動きやすくなってるのが見てて分かります。高齢な方の場合だと回るのはやらせてないんですが、目指せピルエット‼も夢じゃないですね。
 ダンサーやバレエの先生になる方は、カラダを使う感覚が優れています。だからこそ踊りが仕事になるのですが、このタイプの方に多いのが、『自分のカラダではわかって いるのだけど、それを伝える時にうまく『表現しにくい』なんです。
 
ジュニアでも大人の生徒さんでも、見本をみせれば全て同じようにできるのであれば、レッスンはさくさく進むけれど、人のカラダはそう簡単にはいかないもの。
 
 
踊り続けていると気づけない点がこれ、、「人のカラダは踊るためにできているのではない」ということ。大切なのは、筋肉や骨を含め、人のカラダはどう成り立っているのか?を識ってみること。ここが分かると、教えるポイントが見えて気やすいのです。
 
バレエの解剖学『バレエアナトミー』は、どのメソッドとも共存する内容をお伝えしています。
どうやったらうまく伝わるのかしら?と思う方は、こちらをご覧ください。
 
 
Posted at 10:05
こんな映像を見たことがありませんか?
『何人かでバスケットボールをパスしあうなかで、何回パスが行き交ったか数えるテスト映。終わったあとで、パスの回数を答えるのですが、もう一つ質問があるのです。ちょっとやってみませんか?
 
( インフレームでは載せられないようなので、クリックしてください)
 
これは、注意力テストと言われるものなのですが、何かに集中しすぎると目の前にあるものが見えないことがあります。
やってみた方、見つかりましたか?
 
バレエで言うと、股関節を開きたい、膝が前を向かないプリエをしたいと誰もが思っています。そのため注意力の多くが脚に偏りすぎて、カラダの他の部分に注意がいかないことがとても多いのです。それが、上体を使わず脚だけで踊ってしまうクセになっていくのですが、この状態にいるとどんなに上体が大切だと伝えても理解してもらえないことが少なくない。そのため、最近は、解剖学のミニ講座で使ったような比較写真をみてもらいながら、カラダ全体に意識を向けられるような時間を作っています。
 
その時に面白い発見があったのです。
 
一つは、バレエを習っているジュニアは開いた脚ばかりに注目してしまう、ということ。腰から下じゃなくて、とヒントを出して何枚か違う画像を見せて、ようやく気づく、そういうケースがほとんどなのです。
 
それだけ、バレエを踊るものにとって、股関節から開いたプリエが大切だと認識されている証拠なのですが、実は気づいて欲しいのは、肩や首、頭、背中、腕のラインで、そこに気づくのに、ちょっと時間がかかるのです。
 
そしてもう一つは、新体操を習っているジュニアでは、全く違う結果がでたということ。
バレエだけを習っているジュニアと同じことをやったところ、最初の一枚目で直ぐ、何が違う、これも違う、と幾つもの違いを言い当てたのです。それも、脚以外の違いをしっかり見分けていたんです。
 
これは、新体操とバレエのレッスンの違いが関与しています。バレエは集団でレッスンしますが、隣の列を合わせて、腕の位置を揃えるというのは、発表会のリハーサル段階まではあまり出てきません。もちろん、きちんと列に並ぶことは重要ですが、一人ひとりきちんとパができるようになるかを中心にレッスンします。
 
新体操は、チームでの練習が多く、隣と列を合わせる、肩や腕の位置を合わせるというシンクロができないと(最終的に結果がでないから)試合にだしてもらえなかったり、上のクラスに上がれなかったりするのです。そのため、普段から他の人のカラダの位置をしっかり認識して揃える視点がそだっていくのです。
 
この認識があるかないか、はカラダを育てていく過程でとても重要になります。どのダンスも脚だけでは踊れません。大切なのは、カラダの全体性。
 
脚が開かない、高く上がらない、ポワントで立てない、足が太い、痛い、などバレエのケガや悩みの多くは、腰から下に集中しています。けれど、大切なのは、腰から上で、安定した上体があるからこそ、細かいステップも可能だということなのです。
 
 
Posted at 11:48
今月に入ってやはり増えてきました。何がかというと寝違え・ぎっくり腰です。
メンテナンスにいらしているNさま。今日は肩が…ってはいってらしたのです。
 
今月の頭くらいから肩が痛くて…荷物変にもったか…って思ってたんです。いろいろ動かしてもあんまり変わらないから、子どもに揉んでもらおうかって思ったんですが。。。。
診ると、あら〜寝違えですね、な状態でした。寝違えで大切なのは、首から背中の、どの辺り間でツッパリがでているかしっかり診ること。ギュウギュウ押しても診えてこない筋を特定するのがポイントです。そしてお灸が効くのです。


でも、感動〜こんなに楽になってるなんて。肩、寝違えだったんですね〜早く治って良かったです〜
ホント、鍼って面白いですね。
ヴァリエーションを踊る予定になっているのMさまのご感想はこちらです。


あ、起きれる〜
今朝もまだ、起きる時にカラダ持ちあげるのがツラくて…だったのに、今楽です。
そうなんです。やっぱりやってきてしまう、この季節。冬から春の変わり目は、寝違え・ぎっくり腰が多発するんです。
 
何をしたわけでもないのに…リハーサルつまっててどうしようかってホント心配で…でも、今靴下はくのに全然違います〜
固まったままだと、レッスンやリハーサルどころか靴下だってはくのに一苦労しますよね。そんな季節性ある寝違え・ぎっくり腰は、予兆をつかまえるのがポイント。あれ、いつもよりほぐれない…なんで??と感じたら、筋膜が癒着し始めているかもしれません。早めに温めてあげましょう。


それでもダメ…なら、やっぱりバレエ鍼灸ですね。
アラベスク、アティテュードが楽になるセラピー、それがバレエ鍼灸です。
 
 
バレエ鍼灸
 
 
 
Posted at 00:11
こうやると無理なく伸びてるのが分かります 
Nさま
 
写真では、大きな差がみられないようだけど
こっちは全然負担がすくないです 

Tさま


お二人に甲を育てるエクササイズを試していただきました~
その時の感想がこちらです♪


そしてその甲を育てるエクササイズとは ?
チャレンジしたい方はこちらへ 甲を育てるエクササイズ
Posted at 14:42
<< 前のページへ
|
次のページへ >>