バレエ治療院|ダンサーの鍼灸治療,コンディショニング,バレエ解剖学講座,ジュニアのコンクール・留学準備,フィギュア・新体操ジュニアの昇級テスト対策,新宿,代々木|鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院、ダンサーのためのバレエ鍼灸、バレエ整体、コンディショニング、バレエ解剖学講座、バレエジュニア・フィギュア、新体操ジュニアのトレーニング。バレエ治療院鍼灸スペースあんじゅ@東京代々木

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

【テーマ】
■■骨で踊ろう■■
■■クライアントボイス・なう■■
■■バレエジュニアのカラダづくり■■
■■講習会・出張講座■■
■■バレエ鍼灸ヒストリー■■
■■コンクール・ヴァリエーション■■
■■バレエ留学■■
■■バレエ・ダンス考察■■

タグ:「ポワント」の記事一覧

2019年も骨で踊ろう!  [2018年11月12日]
昨日11日日曜日のアスティエクラス。高校生、大学生も参加してくれました。 このところ、最初の呼吸から上半身のエクササイズは、椅子に座ったスタイルで行っています。   その理由は、 骨盤を立たせるため   床に座ったり、寝たスタイルでおこなうのが、フロアバー(Barre au Sol)なのですが、クラスの最初から座っておこなうとどうしても骨盤が立ちにくいのですね。そこ... [全文を読む]
Posted at 10:54
カラダの条件 早生まれ  [2018年10月25日]
そしてそれが、生まれ月と関係があったりするのです。   日本では、4月から学期が始まるため、新入生も4月産まれから受付になります。となると1月から3月に産まれた早生まれの子の場合、最大で10ヶ月から8ヶ月の差がでることになるのです。 幼稚園や小学生低学年ではこの8ヶ月差というのは大きな違いになるけれど、学年は同じ。 4月生まれの子もいるので、カラダの大きさや受け取り方に差があると、... [全文を読む]
Posted at 10:08
解剖学を含め、いろいろ研究されている先生から質問されたのが、中足骨。 『市川先生は、中足骨が大事と言ってましたが、5本ある中足骨の長さが揃っていないから、外側に体重が流れてしまうんですか?』と聞かれました。 あんじゅでも、ルルベに立つときに足の指ではなく、この中足骨が大事であると話しています。ルルベは、そもそも、爪先立ちではありません。まだ筋力が弱く、カラダができていないジュニアだと、どうして... [全文を読む]
Posted at 13:23
アキレス腱の近くが痛くなってくるとポワントも履きづらくなりますね。。。つまったような痛みの原因は、足底の筋肉がつかえていないのが原因です。そんな痛みを駆けてきたHさまの声をご紹介します~ 発表会前になるとリハーサルがつづくじゃないですか、そしたらアキレス腱が痛くなってきて、もう出るの止めようかと思うくらいで、舞台終わっても治らなかったんです。     ここ... [全文を読む]
Posted at 08:57
こうやると無理なく伸びてるのが分かります Nさま   写真では、大きな差がみられないようだけど こっちは全然負担がすくないです Tさまお二人に甲を育てるエクササイズを試していただきました~その時の感想がこちらです♪そしてその甲を育てるエクササイズとは ?チャレンジしたい方はこちらへ 甲を育てるエクササイズ
Posted at 14:42
<< 前のページへ
|
次のページへ >>