バレエ鍼灸、バレエ整体、ターンアウト改善、解剖学講師兼フロアバレエ資格者による施術、アキレス腱痛、足首の捻挫、三角骨障害、股関節痛、膝痛、アラベスクラインの修正、フィギュア、新体操、シンクロジュニアの開脚改善、東京、代々木、バレエ治療院、鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

【テーマ】
■■骨で踊ろう■■
■■クライアントボイス・なう■■
■■バレエジュニアのカラダづくり■■
■■講習会・出張講座■■
■■バレエ鍼灸ヒストリー■■
■■コンクール・ヴァリエーション■■
■■バレエ留学■■
■■バレエ・ダンス考察■■

タグ:「ターンアウト」の記事一覧

パーソナルトレーニングにきているジュニアで、なかなかクセが抜けきれないタイプがいます。
その彼女たちを診ていると、結構同じパターンが診られるんですね。
 
体型で言うと、お尻が落ちています。
そして力で固めて立っているんです。
 
又、カラダの使い方にも似ているところがあります。
それは何かというと、一つ指摘したらその事はできるけれど、その前に指摘したことは、その時には忘れてしまっていること。
 
カラダのコーディネーションやコントロールは、一個だけ気をつけていれば、ハイ終わり完成です、なんてありえないですよね。 例えば、日本式のお辞儀で言うと、立った姿勢で背中はスッとさせたまま上体を倒していく時、背中は伸びていても、膝が曲がっていたらそれはお辞儀にはならない。
 
それと同じことなんですが、この二つ以上のポイントを同時にコーディネーションしていくこと、これが苦手なんです。
 
そういうタイプは、どうしても脚だけでアンドゥオールしている子に多く、どんなに上半身や腕というと視点をみせても、いっ時はやれるけど、直ぐ元に戻ってしまって、先に進めないパターンをなりやすい。
二つ以上の視点も、一個前のが土台にあって、それがあるからこそ、次がつながる、と言うふうにつなげていきたいのに、二個目が出てくると一個目は抜けちゃう、となるとその次の三個目には到底行きつけなくて、足踏みと言うことが本当に多いのです。
 
でも、これって、恐らくバレエのレッスンでも同じことを言われてるはずです。結局、何故上手くいかないのか、の理由や原因は同じ所に行き着く訳です。
 
なんでそんなことになってしまうのか、よくよく診ていると、強い思い込み、があるんだなぁ、と。
つま先はどんな時も力を入れても伸ばさなきゃ、とか、プリエはどうしても開かなきゃとか、そう言う思い込みなんですよね。 つま先は確かに伸びているかもしれないけれど、力を入れてるから、脚はインになっちゃうし、プリエは一見開いているように見えるけど、骨盤の位置は下がってしまっているから、アテールに戻る時にはお尻がもごもごしてしまうとか、、、
 
その思い込みを外したいからこそ、いろんなエクササイズで、支えやすい骨の位置を指摘しています。
 
二つ以上の視点をつなげながら動くのは最初は難しいのですが、繰り返し続けるとスルッと抜ける瞬間があります。 そうすると『あ、何かが違う』と言う反応が出てくるんですが、次にはそれを、いつものレッスンでも活かせるようになる、ここが出来てくると格段に進歩していきます。
頑張れジュニア‼︎
 
 
ターンアウト改善、バレエ治療院あんじゅ
 
 
 
Posted at 10:36
パーソナルセッション・ターンアウトアップ+プラスでの出来事。
コンクールにも出て、少しずつ自分の踊る方向性を考え始めたMさん。
 
『私、自主練はかなりやる方なんですが、ただ闇雲に練習しててもダメだなって思ったんです。先生(これ、私のことです)は、何か違うって思った時は、どうしてるんですか?』
 
そうそう、こういう反応を待っているのです。
 
足りないカラダのためにこれをやりましょう、とエクササイズを渡してやる、これも大切なんですが、それよりももっと大切なのは、自分で違い気づき、何故上手くいかないのか?を自分の頭で考えて、じゃあ次はどうすればいいんだろう、と試行錯誤すること、なんです。
 
目の前のエクササイズをただ続けるだけでは、やり難いことは上手くならない。
ここまで来てくれたのはブラボー‼︎ こうなるとカラダの変化も少しずつ早くなっていく可能性が見えてきています。
 
なので、こう答えました。
『例えば因数分解の問題を間違えたら、、、』
と例えを出したら、
『あ、、数学、苦手なんです^^;』だったので、英語で伝えてみました。
 
『英語の文章問題で間違えたら、代名詞を間違えたか?人称を間違えたか?語順か?って分解して再度確認するでしょう?それと同じことをすればいいのよ』
 
に英語の得意なMさんは『英語もバレエも同じなんですね』と納得したよう。
どうやって分解していくかは、この質問が出る前にエクササイズでやっている時に、色々分解して伝えてやってくれているんですが、ただ、やっているだけ、よりも、自分で気づいて、このことなのか?と理解しながらやると、脳とカラダの関係は更に密接につながって、カラダの反応は良くなっていくのです。
 
分解していくには、バレエの解剖学が土台でお見せできませんが、確実に60分でラインが変わってきます。
 
自分のカラダを見直して、ラインを変えていきたいジュニアは、こちらからお問い合わせください。
 
 
 
 
 
>>>電話:090-9362-0080
 
 
 
 
Posted at 23:14
 
中学生のクラスで、試したら、腕のラインを直すだけで、ピルエットアンデダンがクルッと回れるようになったんです。
大人の方も、腕のラインを注意するようになってきたら、スクッとするようになってきてます。
 
バレエ教師 Yさん Iさん
バレエについての解剖学もいろいろなアプローチが増えてきました。海外で踊ってきたダンサーさんが、ご自分の経験などを土台にカラダの使い方を解剖しているクラスは以前からありましたが、最近は医療関係者による医学的なアプローチも出てきています。
 
医療関係者のバレエ、ダンスへの探求は歓迎するところですが、ターンアウトするのにはこれとこの筋肉を意識する、とか、甲を出すにはこの筋肉を伸ばす、という部分的なアプローチは、治療という点から診れば効果がでる可能性はあっても、脚を開きクロスして立ち、プリエというカラダ全体のムーブメントを土台に踊っていくバレエの解剖学としては、かなり局所的な見方ではないかと考えています。
 
私自身、バー・アスティエやバレエのレッスンを受けている時には、筋肉の名前や場所を意識しているかというと実はしていない、のです。
 
骨や筋肉の場所や働きを意識しているのは、クラス前や自主練でのストレッチ、筋トレの時。
 
クラス中は、全身をどう引き上げまとめていくか、を先生の言葉を耳にしながら自分のカラダに語りかけていくのが普通で、どこか特定の部位、例えば膝の内側や仙骨にフォーカスしてしまうと、プリエのタイミングを逸したり、脚が逆に出なくなったりする、そういうことの方が多いのです。
 
では、何故、バレエを教えるのに解剖学が求められているのか?
 
1つには、日本特有の背景があると考えています。
日本でバレエが始まった時、キチンとしたメソッドを土台にしたスタイルで入ってこなかった。そこに尽きるのではないか、と。
 
今の日本では、ワガノワを始め、RADやチェケッティメソッドを教える有資格者の先生も沢山いるし、そういう先生が増えてきていますが、まだまだ多くの先生は、ご自分が習ってきた、教えてもらった方法を踏襲してクラスを作っています。
 
それでも、日本人の適応力と努力の積み重ねは素晴らしく、今では多くの日本人バレエダンサーが海外のカンパニーで踊っている。又、海外のコンクールでも多くてジュニアが入賞し、留学する、その素地を作ったのは先生達のお力があってこそ。
 
ただ、近年特にその傾向が強い子供の体力低下、不良姿勢、そして、ますます盛んになっているコンクールへの参加希望、更には、子育てを終えた世代の女性が大人になってからバレエを初めて習いポワントをはきたい人が沢山いるという傾向に、現場の先生方はとても苦労されているようです。
 
先生自身は、幼少からずっと踊ってきたため、できない、分からない生徒が何につまづいているのか、が見えてこないケースもあります。
 
このような状況に必要なのは、筋肉や骨の名前や場所や働きだけでなく、カラダ全体をバレエのムーブメントから見つめ直す視点なのだと痛感しています。
 
バレエアナトミーが始まって5年目。これまで受講された先生方は45名になりました。
最近は、ワガノワメソッドを勉強中の先生やカンパニーダンサーで教えをしている先生も受講してくれている解剖学講座バレエアナトミー。
 
教えをしている中で、もっとこう伝えたいのにという時の土台になるのがカラダの仕組み。
生徒さんは、先生が語る言葉をとても頼りにしています。そんな先生の引き出しを沢山増やすこと、そのために必要な視点は、筋肉や骨だけでは足りません。感覚や神経的なアプローチも含め、バレエのムーブメントを解剖していくことが大切なんです。
 
生徒さんが、あ、こうかも、とスッと気づける、そんなクラスにしていきませんか?先生のお教室で沢山の笑顔とやる気がアップする。
バレエアナトミーがサポートします。
 
 
 
 
バレエの解剖学講座
 
 
 
 
Posted at 11:05
T・Mさま
今回、アティテュードで移動していく振り付けがあるんですが、うまく軸にのれなくてどうしてもうまくいかなかったんです。。。
でも脚ってこんなに軽かったんですね。アラベスクやアティテュードの脚って、どうやったら高くなるんだろうか…無理って思ってたのに、こんなに軽くあがるなんてホントにびっくりです。
それに、軸がとれると後ろの脚がセンターからはずれないんだ。
この感覚と場所を忘れないように繰り返します~













舞台で思いっきり踊りたいのに、軸が安定しなくて悩んでいらしたのがTさま。骨盤のゆがみをチェックしてターンアウトを変えていくパーソナルセッションをうけていらっしゃいます。

最初は、床で寝ていても軸のズレに気づかないほどだったのですが、3回受けたところで大きな変化がありました。O脚のラインが補正されてきていて、骨盤から脚へのラインがバレリーナラインになってきています


アラベスクやアティテュードは、あげる脚とカラダのバランスがとれているのが大切。そのためには、軸足にしっかりのれることがポイントなんです。この時、どこで支えるかの場所がはっきりしていると軸がとれやすくなります。

そのポイントのひとつが、ターンアウト筋が意識できているか、です。軸足にしっかりのるためのポイントがしっかり意識できると骨盤がくっとあがってきます。そうすると、股関節の外旋度がアップするのです。アラベスクやアティテュードの後ろ脚って、無理にあげるものではなくて、軸に乗れていると自然にあがってくるようになるのです。

アラベスクの軸が分かってくるメニューはこちらです。  
 
 
ターンアウト改善、バレエ治療院あんじゅ
 
 
 
 
 
Posted at 00:11
昨年からターンアウトアップ+プラスを受けていらっしゃるNさま
先日のセッションでとってもうれしい喜びの声を聞かせていただきました。


今までいろんな先生から言われてきて、ここがつまってるんだって分かってはいたんだけど、具体的にどこ?というのと、抜き方が分からなかったんですよ。
 
今そのそれがつかめてきてるって感じでです。

セッション受けるようになってから、いろんな先生に『手の力が抜けてきたね』とか、『上体がきれいになってきたね』とか言われてなんかうれしかったです。

中でも、発表会の後久しぶりに会ったのが、ワガノワメソッドの国家資格ももってて、ロシアのバレエ団で踊ってた先生。
私を見たとたん『太もものところ、細くなったじゃない』って言ってくれてもうめちゃ嬉しかったですよ〜
 
膝が痛いのになんでやってるんだろうって思うこともあったれど、やっぱりできるだけ長く続けたいんですよ〜

N・Rさま
15年もバレエを続けているNさま。実は膝のオペを経験されています。
最初は、膝の治療でバレエ鍼灸を受けていらしたのですが、治療が一段落したところで、バレエエクササイズに変更。

『ここがつまってるんだって分かってはいたんだけど、具体的にどこ?』な部分は、左の骨盤にありました。
一ミリも動かさないようにエクササイズをしてもらったところ、その具体的な部分を実際に感じてもらうことができました。具体的な場所を自分でつかめると自宅でも自習ができるのです。

『この太もものところが細くなった』という先生の言葉が単にやせたという意味ではないことは、お分かりですよね。
アンドゥオールができてくると、外側にはみ出たお肉がなくなってきて、脚はどんどんバレエ的に細くなっていくのです。

こつこつやってくださってる結果が、ワガノワスタイルを学びロシアのバレエ団で踊った経験を持つ先生からのお褒めの言葉。ほんの少しの成長でも、本場の経験を持つ先生の目にはちゃんとわかるのですね~

どうしても左の骨盤をずらしてしまいがちなNさまには、そうならないようなエクササイズを組み合わせさせていただきました。
今年秋にある次の発表会に向けて、『続けるわ~』と気持ちも新たにがんばっていらっしゃいます。

Posted at 19:53
 腰のラインが全然違う〜   M・Mさま


膝と股関節の治療から、パーソナルセッションに移られたMさま。カーニバルでご活躍のダンサーさんです。サンバダンサーさんの密かな悩みは、トレーナーだそうです。サンバがわかるトレーナーを探すのは難しそうです。
 
そうですね。
 
今回は三回目のパーソナルセッションでしたが、前回の復習でカラダのゆがみを拝見。でもさすが、とっても直ってきてるんですよ〜こうなると、その次の展開が楽しみ〜
 
基本エクササイズをしながら、Mさまの脚の動かし方の特徴をみて、動かす角度を微調整させていただきました。本日は、一人でも骨盤コントロールができるようにと股関節を緩めるエクササイズも足してのエクササイズ。最初はイメージ通りいかなかったりするのはよくあることなんですが、その理由は●●だから、なんです。
 
●● の答えは
【場所がはっきり分かっていない】です。


曖昧にならないように、場所をしっかり確認しながら、エクササイズをやっていくと、脚がどんどんストレートに伸びていきました〜
 
で、本日はブラジル行きを前に、サンバステップに役立つ内容もプラス。ステップを踏む時の膝の角度を微調整してやってみてもらいました。
すると、腰のフリが劇的に(イエ、ほんとにびっくりするほど瞬間的劇的に)、女性のサンバダンサーに求められる滑らかで八の字を描くラインに変わったんですね〜もう、ご本人びっくりな声が上に載せている声なんですが、実際セラピストの私もこの変化にはびっくり。やっぱりダンスの基本は骨盤コントロールにあるなあ、と思いました。
 
 
腰の動きが劇的に変わる骨盤コントロールはこちらから>>>ターンアウトアップ+プラス


Posted at 23:45
<< 前のページへ
|
次のページへ >>