バレエ鍼灸、バレエ整体、ターンアウト改善、解剖学講師兼フロアバレエ資格者による施術、アキレス腱痛、足首の捻挫、三角骨障害、股関節痛、膝痛、アラベスクラインの修正、フィギュア、新体操、シンクロジュニアの開脚改善、東京、代々木、バレエ治療院、鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

現在、移行中のサイトですが、新サイトにプログラムミスが発生しており、ご迷惑をおかけしています。
当座の処置として、旧サイトを表示させております。

新サイトの表示は今しばらくお待ちください。

変更後)https://www.ange-acucare.com/

※ご予約の受付は、変わらず行なっていますので、ご連絡ください。



【テーマ】
■■骨で踊ろう■■
■■クライアントボイス・なう■■
■■バレエジュニアのカラダづくり■■
■■講習会・出張講座■■
■■バレエ鍼灸ヒストリー■■
■■コンクール・ヴァリエーション■■
■■バレエ留学■■
■■バレエ・ダンス考察■■

タグ:「バレエ解剖学講座」の記事一覧

ここでカラダの構造を知ることができたので、振り返ることができます。疑問に思ったことがあれば、治療の時にも聞けるので助かっています。
治療がご縁で、解剖学講座、バレエアナトミーを受講くださったSさん。バレエ団の教え以外に、専門学校や大人クラスも教えていらっしゃいます。
 
今のダンサーもさん、バレエの先生は、子供だけ、バレエ団付属のスクールだけではなく、様々な施設で、いろいろな体型の方を教えていることがとても多いのです。
 
その時困るのが、自分のカラダでは分かるけれど、、どうして生徒が苦労するのかが、実際のところよく分からない、ということ。
 
すべてのダンサーや先生が、柔軟性やアンドゥオールについて全く苦労せず成長していったという訳ではありません。なので、自分が通ってきた道、悩んだことは理解しやすいです。けれど、どうしてもドゥミで立ちきれない、膝がどうしても伸びない、上体を落とさないようにしてと言ってもどうしても伝わらない、というのが現状です。
 
バレエの解剖学講座、
というのも、今の日本のバレエ教室では、様々な年齢、骨格、キャリアの人が習っているからです。そのため、どこに焦点を置いて伝えていけばいいのか、ダンサーであった先生方は悩むんですね。
 
『若い頃は、自分のカラダが動くので、かなり難しいことをさせていたな、、と思い出します。でも今は、カラダ自体のことを考えて、なるべく伝わるような内容になっていきました。』と先生の教え方にも変遷がでてくるもの当然です。
 
その時、客観的に、外からの視点でカラダのことを見られる土台、それが解剖学だと考えています。
 
今は、いろいろなところで解剖学に触れるチャンスは増えていますが、バレエの怪我の治療を背景に、何故、生徒が迷うのかについて、脳科学的に、筋肉的に、骨・骨格的に分析したバレエの解剖学が、役に立てる面があると考えています。
 
それがあんじゅの解剖学講座、バレエアナトミーです。
 
 
 
 
>>>電話:090-9362-0080
 
 
 
Posted at 10:12
<< 前のページへ
|
次のページへ >>