バレエ治療院|ダンサーの鍼灸治療,コンディショニング,バレエ解剖学講座,ジュニアのコンクール・留学準備,フィギュア・新体操ジュニアの昇級テスト対策,新宿,代々木|鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院、ダンサーのためのバレエ鍼灸、バレエ整体、コンディショニング、バレエ解剖学講座、バレエジュニア・フィギュア、新体操ジュニアのトレーニング。バレエ治療院鍼灸スペースあんじゅ@東京代々木

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

ゆがみ解消のコツとツボ

バレエ治療院あんじゅがお届けする読むバレエセラピー
バレエ・ダンスのための『コツとツボ』の解説です。

ターンアウトのためにはカラダを固めないことが大切。楽に踊れる方法、それはカラダを支える点を意識することです。その方法をお伝えしています。

ツボの名前は覚えなくていいです。
それより、それぞれの場所を確認して自分のカラダで記憶していきましょう。

【ボディの位置を決めよう】  [2013年01月03日]
最初にも書きましたが、きれいに立つ、これが簡単なようでうまくいかない。。。
子供のころに、そして大人で再開して、又ケガをしてたりすると、軸が見当たらなかったりしますよね。
第二回目も、立つ時に役に立つ『コツとツボ』です。

最初に紹介した、鎖骨。これはバレエポーズではとても大切な骨です。
この鎖骨の内側の点とつなげてほしいのが、これ、「きょっこつ(曲骨)」です。
きょっこつの位置は、骨盤の下、恥骨結合のど真ん中。
骨盤下のど真ん中にある点(ツボ)と、トルソにある鎖骨の二つの点をつなげる意識を持ってみましょう。
真ん中に集める、という感覚がつかめてきますよ。




タグ:トルソジャンブ
Comment(0) | Posted at 11:29

この記事へのコメント一覧

コメントの投稿

お名前*
メールアドレス
URL
件名*
内容*

※画像の文字を入力してください。(大文字小文字を区別いたします)