バレエ治療院|ダンサーの鍼灸治療,コンディショニング,バレエ解剖学講座,ジュニアのコンクール・留学準備,フィギュア・新体操ジュニアの昇級テスト対策,新宿,代々木|鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院、ダンサーのためのバレエ鍼灸、バレエ整体、コンディショニング、バレエ解剖学講座、バレエジュニア・フィギュア、新体操ジュニアのトレーニング。バレエ治療院鍼灸スペースあんじゅ@東京代々木

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

ダンサーズ症例ケース

ダンサーが悩むケガの症例と治療について紹介しています。
【テーマ】
■■アキレス腱■■
■■膝痛■■
■■腰痛、ぎっくり腰、ヘルニア■■
■■股関節痛■■
■■側湾■■
■■肉離れ■■
■■有痛性外脛骨・三角骨■■
■■ダンサーの甲■■
■■バレエ留学への道■■
■■バレエ整体■■
■■過去のケガの再発■■

左右差が気になる時 脊柱・骨盤  [2017年06月16日]
 

先日、始めてバレエ整体で伺わせていただきましたTと申します。

素晴らしい施術に感激いたしました。感謝いたします。

是非、次はターンアッププラスで伺わせていただきたいと思います。

T・Yさまのお母様より

 一生懸命レッスンしてきたのに上手く行かないことがある、このような場合、その原因は、カラダの歪みだったりします。例えば、右脚は上がるのに、左脚はあがりづらい、 左パッセは立っていられるのに、右パッセは保たない、など左右差があるケース。 
 
 特に、成長期でカラダ自体は柔らかいジュニアの場合、無理な力の入れ方が姿勢や骨格の変調や変化につながったりすることもあるので、注意が必要です。
 
 長座前屈で背中を少し丸めた時、左右の筋肉に差がでている時には、なるべく早い段階で修正することが大切です。
 
バレエ整体では、色々なケースに対応しています。股関節の動きに左右差が出ている時は、骨盤周囲筋だけでなく肩関節の動きも調整していきます。更に、左右差が深層筋のコリの場合は、バレエ鍼灸に移行することもあります。
 
今回のケースでは、10代の柔軟性のあるカラダであることから、整体からトレーニングメニュー、【ターンアウトアップ+プラス】で左右差をコントロールしていくことになりました。
 
バレエのステップができない、だけでなく、左右差が気になる場合は、その原因をしっかり見つけて修正していくことで、ジュニアであれば骨格に歪みを作らずに踊っていくこともできます。
 
 
テーマ:側湾
Posted at 10:11