バレエ鍼灸、バレエ整体、ターンアウト改善、解剖学講師兼フロアバレエ資格者による施術、アキレス腱痛、足首の捻挫、三角骨障害、股関節痛、膝痛、アラベスクラインの修正、フィギュア、新体操、シンクロジュニアの開脚改善、東京、代々木、バレエ治療院、鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

【テーマ】
■■骨で踊ろう■■
■■クライアントボイス・なう■■
■■バレエジュニアのカラダづくり■■
■■講習会・出張講座■■
■■バレエ鍼灸ヒストリー■■
■■コンクール・ヴァリエーション■■
■■バレエ留学■■
■■バレエ・ダンス考察■■

気になるニュース 小中学生が老化?  [2016年12月16日]
バレエジュニアのカラダ作りについて、コラムを上げているところに、思わぬニュースを発見しました。
なんと、小学生、中学生の4割にロコモティブシンドロームが忍び寄っていると言うのです。
 
ロコモティブシンドロームとは、カラダの機能が落ちてきてしまう現象です。一般的には骨や関節などに支障が起きてくる年代が注意しなくてはいけないものと医師会や協会が普及活動をおこなっていますが、普通に考えると、成長期にある小中学生にその恐れがあるなんて想像しにくいのですが、、、、
 
埼玉県医師会が県内の幼稚園から中学生までの子供1343人に運動機能の検診をおこなった結果、約40%の子供にロコモティブシンドロームの兆候が見られたというのです。
現代の子供の運動量が減っていることがその原因と考えられていますが、それだけでなく、運動量は多いけれど、単一運動、つまり一つの運動しかしていない場合、ロコモティブシンドロームに陥りやすいのだそうです。
 
バレエジュニアは、お稽古でカラダを使っています。週5~7通っている子もいます。バレエは全身をつかう運動ですが、これだけしかやっていないと運動はしていても単一運動、と言うことになるのです。
 
スプリッツやカエルができるできない以前に、カラダがゆらゆらして真っ直ぐ立てていないジュニアがいる理由がここにあるのだと痛感しました。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
 
Posted at 15:04