バレエ治療院|ダンサーの鍼灸治療,コンディショニング,バレエ解剖学講座,ジュニアのコンクール・留学準備,フィギュア・新体操ジュニアの昇級テスト対策,新宿,代々木|鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院、ダンサーのためのバレエ鍼灸、バレエ整体、コンディショニング、バレエ解剖学講座、バレエジュニア・フィギュア、新体操ジュニアのトレーニング。バレエ治療院鍼灸スペースあんじゅ@東京代々木

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

【テーマ】
■■骨で踊ろう■■
■■クライアントボイス・なう■■
■■バレエジュニアのカラダづくり■■
■■バレエ・ダンス考察■■
■■バレエ鍼灸ヒストリー■■

45度×2で、膝押しを解消しよう Ⅱ  [2017年01月09日]
「キレイに膝を伸ばしたい」がケガの元になっている!

「お膝を伸ばしましょう」はレッスンで必ずと言って言われる注意。舞台写真を見ても膝が曲がったアラベスクになっているプロのダンサーはいません。自分では同じようにやっているのに、どうして膝が伸びないのだろう、、、発表会やコンクールの写真を見てがっかりと言うことも少なくないですね。
 
では、ここで膝押しをしているかどうか、チェックしてみましょう。   バレリーナ、甲出し、ポワント

◎膝押し可能性チェックテスト 

◇床で膝を抱えて座る(体育座り)
◇骨盤を立てる
◇膝を揃えたまま前に真っ直ぐ伸ばしていく


A膝がぽっこり浮いてしまう      膝押し可能性大
B膝は伸びるけれどつけ根が突っ張る  膝押し可能性中
C膝が伸びて内側が自然に揃う     膝押し可能性小

治療院で診ていても、膝が浮いてしまうケースが少なくありません。そして、膝は伸びてなくてはいけないと思っているため、ほとんどの人が膝を押し込めようとするのです。これは、バー・アスティエのエクササイズの一つ、『床でのディベロペ』でも似たようなことが起きます。左右の脚を真ん中に閉じてくる時に膝が浮いてしまうため、膝を押そうとするのです。
 
では、どうして、膝を押そうとするのか?膝押しになってしまうのか?
そのの原因について、次に書いていきます。

実はCの人でも、実は膝押しをしてしまっている可能性があるので、続きを読んでくださいね。
テーマ:骨で踊ろう
Posted at 17:13