バレエ治療院|ダンサーの鍼灸治療,コンディショニング,バレエ解剖学講座,ジュニアのコンクール・留学準備,フィギュア・新体操ジュニアの昇級テスト対策,新宿,代々木|鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院、ダンサーのためのバレエ鍼灸、バレエ整体、コンディショニング、バレエ解剖学講座、バレエジュニア・フィギュア、新体操ジュニアのトレーニング。バレエ治療院鍼灸スペースあんじゅ@東京代々木

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

【テーマ】
■■骨で踊ろう■■
■■クライアントボイス・なう■■
■■バレエジュニアのカラダづくり■■
■■バレエ・ダンス考察■■
■■バレエ鍼灸ヒストリー■■

パドゥドゥの前にきちんと治しましょう バレエ鍼灸  [2017年05月19日]
おはようございます。
 
先週、木曜日に治療していただいたKです。
 
金曜日にはまだ多少、痛みがありましたが土曜日には痛みがなくなり、月火の男性とのリハーサル、無事に終えることができました。
 
  ---------------------------------------
市川先生
昨日も治療ありがとうございました。
 
今朝、起きてみると痛みがだいぶ退いていて階段の上り下りが信じられないくらいスムーズでした!
今日、レッスンしてみてまた様子をみてみます。
 ダンサーや先生方はカラダの感覚が優れているため、ちょっと不調があっても何とか乗り切ってしまう力があるのです。けれど、それを続けているとカラダ自体はキレがなくなってきます。
 
  それも、実際の舞台が迫ってきて踊る量がドンドン増えてくる時期に限ってカラダが悲鳴を上げるのです。
 
 足首、膝、股関節など、負担のかかりやすい箇所に違和感があるダンサーはリハが立て込んでくる前にしっかり治しておきましょう。
 
 その方が、安心してリハーサルにも取り組めるし、舞台でスッキリ気持ちよく踊れます。
 
 
 
 
 
 
Ballet Acu Ange
Posted at 10:53