バレエ治療院|ダンサーの鍼灸治療,コンディショニング,バレエ解剖学講座,ジュニアのコンクール・留学準備,フィギュア・新体操ジュニアの昇級テスト対策,新宿,代々木|鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院、ダンサーのためのバレエ鍼灸、バレエ整体、コンディショニング、バレエ解剖学講座、バレエジュニア・フィギュア、新体操ジュニアのトレーニング。バレエ治療院鍼灸スペースあんじゅ@東京代々木

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

【テーマ】
■■骨で踊ろう■■
■■クライアントボイス・なう■■
■■バレエジュニアのカラダづくり■■
■■バレエ・ダンス考察■■
■■バレエ鍼灸ヒストリー■■
■■コンクール・ヴァリエーション■■
■■バレエ留学■■

プロのダンサーも足首捻っています  [2017年11月17日]
足首の捻じれについて、記事を書きましたが、実は、ジュニアだけでなく、プロのダンサーや教師でも足首捻じれている人は少なくありません。
というのも、フレックスがはまっているようで、ちゃんとした位置にはまっていない、人がたくさんいるからなんです。
プロのダンサーでも、そういう人がいるのは事実。
 
特に今怪我をしている人は、きちんと両方のくるぶしが揃っていないケースがおおいので、フレックスがきちんとはまらないことがほとんど。他にも、若いダンサーでガンガンに動けていると自分では思っている人の中にも、最後の仕上げで、フレックスを確認すると、きちんとはまっていない人がいるんですね。
 
ただ、年齢的に若かくて動けていると、カラダ全体のコーディネーションでつじつまを合わせられてしまうため、ちゃんと両方の足で床を踏めていないことに気付けなかったりするのです。特にジャンパータイプの人にそういうタイプが多い。
 
公演やリハーサルが立て込んできて、踊る量が増えていくとだんだんと歪みが表に出てきます。公演で人に見せるのだから、もっと開かなくてはという意識が先になるのは十分わかります。けれど、足先だけで捻って踊っていると、結果歪みからラインが崩れていく。
 
床に立つとき、膝を後ろに押さずに、両方のくるぶしが揃えられるか?そして、その足でフレックスがしっかりはまるか、そこをチェックすることが大切です。
 
 
 バレエのケガ、足首、鍼灸スペースあんじゅ
 
テーマ:骨で踊ろう
Posted at 10:55