バレエ治療院|ダンサーの鍼灸治療,コンディショニング,バレエ解剖学講座,ジュニアのコンクール・留学準備,フィギュア・新体操ジュニアの昇級テスト対策,新宿,代々木|鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院、ダンサーのためのバレエ鍼灸、バレエ整体、コンディショニング、バレエ解剖学講座、バレエジュニア・フィギュア、新体操ジュニアのトレーニング。バレエ治療院鍼灸スペースあんじゅ@東京代々木

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

【テーマ】
■■骨で踊ろう■■
■■クライアントボイス・なう■■
■■バレエジュニアのカラダづくり■■
■■バレエ・ダンス考察■■
■■バレエ鍼灸ヒストリー■■
■■コンクール・ヴァリエーション■■
■■バレエ留学■■

前の記事  |  次の記事
脚を高く上げるために必要なこととは?  [2017年12月05日]
12月3日、今年最後のバー・アスティエクラスを終えました。ご参加の皆さまお疲れさまでした〜
 
この日は、バレエの解剖学講座を受けた先生方が3人参加されていたので、途中、そして終わってからも、いろんな方向に話題が行って盛り上がりました。
 
話題のひとつが、アラベスクでどう高く脚を上げるのか?でした。
コンクールの写真などを見ると、高い位置で脚が伸びている姿が載っていたりしますよね。
ああいうのを見るとどうしても生徒さんも高くと思うのは分かります。
 
けれど、脚は高く上げるのではないんです。
 
え?
 
いえいえ、そうなんですよ。
バレエの力学的に診ると、きちんと支えられて軸に乗れていると脚は高く上がっていく、のです。
 
コンクールで上位にいって次につなげたい、上手くなって、発表会で良い役をもらいたい
、そういう思いは分かります。
 
けれど、ドゥヴァンを高くあげたいと踏ん張ると太ももの腱を痛めて、股関節周囲に痛みが出たりする、又、アラベスクの脚をもっと高くしようと背中を反らすと、脊柱起立筋にかかる負担の左右差から側弯を作ってしまう、そのような状態になりかねないのです。
 
そんなことをして脚を上げていたとしても、それがバレエの基本からは外れているのは、審査員の先生方やお教室の先生から見れば直ぐ判ること。結果、アンドゥオールができていないなどの評価になったりするのですよ。
 
大切なのは、軸に乗れていること。
英語で言うと『on the foot』
 
footだからと言っても、足だけのことではありません。
逆に足だけで『on the foot』しようとすると、片足を外せなくなりますよ。
つまりは、パッセもできない、ということです。
 
 
脚は高くあげなくては、膝を伸ばさなければ、つま先だけは伸ばさなくては、脚は外を向いていなくては、そればかり考えてレッスンしているので、この『足の上に乗る』というシンプルなこともできなくなってしまうのです。
 
バレエは足技が多いから、どうしても下半身ばかりに目がいきがちですが、ダンサーさん達の、先生の背中は腕はどうなっていますか?
 
よぉーく目を凝らして見て欲しい。
大切なのは、カラダ全体でアンドゥオールを育てていくことなんです。
 
迷えるジュニアは、一度自分が『on the foot』できているか、チェックしにきてください。
今のところ、一回で『on the foot』できたジュニアは一人もいませんでした。
けれど、その後幾つかのエクササイズをしていくと、ちゃんと軸に乗れて、反対の脚が軽くなっていくのを味わっています。
その先にあるのが脚が高くあがっていく、ということなんです。
 
今までの感覚が変わっていきますよ(^_−)−☆
 
 
 
Posted at 10:59