バレエ鍼灸、バレエ整体、ターンアウト改善、解剖学講師兼フロアバレエ資格者による施術、アキレス腱痛、足首の捻挫、三角骨障害、股関節痛、膝痛、アラベスクラインの修正、フィギュア、新体操、シンクロジュニアの開脚改善、東京、代々木、バレエ治療院、鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

【テーマ】
■■骨で踊ろう■■
■■クライアントボイス・なう■■
■■バレエジュニアのカラダづくり■■
■■講習会・出張講座■■
■■バレエ鍼灸ヒストリー■■
■■コンクール・ヴァリエーション■■
■■バレエ留学■■
■■バレエ・ダンス考察■■

総合芸術高校合格 おめでとうございます  [2018年02月28日]
Sさんのお母さまから連絡をいただきました。
 
ご報告が遅くなってしまいましたが、都立総合芸術高校の推薦入試に合格することができました!
 
(中略)かなり倍率も高かったのですが、身体表現のテストは楽しくできたようで、よい結果につながりました。
今後とも、先生にいろいろとご指導していただきたいと思っております。また次回からもよろしくお願いいたします。
このところの総合芸術高校は、年によって演劇コースの合格数が多いなど変化があるようです。
 
新国立劇場の研修所と同様、狭き門になっていますが、大切なことは変わりません。すごいテクニックがあることではなく、基本がしっかりしていること、これがポイント。
 
ではその基本とは何か?
その一つは姿勢です。
 
膝を押して立っていたり、足首が立っていない状態でプレパレーションに入っても、少し動いただけで、審査員である先生方にはバレバレです。
 
又、当然のように今は一定以上の身長が求められます。どんなに32回転をドゥーブルで回ろうが、高くジャンプしようが、コンクールで常勝していようが、150cm台の身長では合格できなくなっています。
 
遺伝的に身長が伸びない、という要因もありますが、ご両親ともある程度の身長があって自身が同じようにならない、その要因の一つが、脚の筋肉だけで踊るくせをつけてしまい、それを改善できないからです。
 
力が抜けているダンサーの筋肉はプルゥンとしていてしなやかです。それは、しっかりバレエの力学に則ってレッスンをしてきたからこそ。
 
中高生の成長期とは言え、ふくらはぎが硬くてコリコリ、太もももパンパンがいつも変わらないは、この力学が働いていないから力を使わざるえない証拠。だから身長も伸びなくなってしまうのです。
 
13歳〜15歳までの伸びが今ひとつ、と感じているバレエジュニアは、今一度、立ち方、姿勢、カラダのコントロールを見直してみてほしい。
 
若い今だからこそ、修正も可能なんです。その土台は、自分で気づく、ということ。自分のカラダがどう動いているのかを外から客観視できるくらいの視点を持つこと、これが大切です。
 
彼女も一生懸命頑張りました。まだまだ、夢への道は続きますが、しっかりカラダを作っていってくれる、と思います。そのためにあんじゅもサポートしていきます‼︎
 
Posted at 10:46