バレエ鍼灸、バレエ整体、ターンアウト改善、解剖学講師兼フロアバレエ資格者による施術、アキレス腱痛、足首の捻挫、三角骨障害、股関節痛、膝痛、アラベスクラインの修正、フィギュア、新体操、シンクロジュニアの開脚改善、東京、代々木、バレエ治療院、鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ

【テーマ】
■■骨で踊ろう■■
■■クライアントボイス・なう■■
■■バレエジュニアのカラダづくり■■
■■講習会・出張講座■■
■■バレエ鍼灸ヒストリー■■
■■コンクール・ヴァリエーション■■
■■バレエ留学■■
■■バレエ・ダンス考察■■

どうすればいいんですか? この疑問が大切  [2018年04月12日]
パーソナルセッション・ターンアウトアップ+プラスでの出来事。
コンクールにも出て、少しずつ自分の踊る方向性を考え始めたMさん。
 
『私、自主練はかなりやる方なんですが、ただ闇雲に練習しててもダメだなって思ったんです。先生(これ、私のことです)は、何か違うって思った時は、どうしてるんですか?』
 
そうそう、こういう反応を待っているのです。
 
足りないカラダのためにこれをやりましょう、とエクササイズを渡してやる、これも大切なんですが、それよりももっと大切なのは、自分で違い気づき、何故上手くいかないのか?を自分の頭で考えて、じゃあ次はどうすればいいんだろう、と試行錯誤すること、なんです。
 
目の前のエクササイズをただ続けるだけでは、やり難いことは上手くならない。
ここまで来てくれたのはブラボー‼︎ こうなるとカラダの変化も少しずつ早くなっていく可能性が見えてきています。
 
なので、こう答えました。
『例えば因数分解の問題を間違えたら、、、』
と例えを出したら、
『あ、、数学、苦手なんです^^;』だったので、英語で伝えてみました。
 
『英語の文章問題で間違えたら、代名詞を間違えたか?人称を間違えたか?語順か?って分解して再度確認するでしょう?それと同じことをすればいいのよ』
 
に英語の得意なMさんは『英語もバレエも同じなんですね』と納得したよう。
どうやって分解していくかは、この質問が出る前にエクササイズでやっている時に、色々分解して伝えてやってくれているんですが、ただ、やっているだけ、よりも、自分で気づいて、このことなのか?と理解しながらやると、脳とカラダの関係は更に密接につながって、カラダの反応は良くなっていくのです。
 
分解していくには、バレエの解剖学が土台でお見せできませんが、確実に60分でラインが変わってきます。
 
自分のカラダを見直して、ラインを変えていきたいジュニアは、こちらからお問い合わせください。
 
 
 
 
 
>>>電話:090-9362-0080
 
 
 
 
Posted at 23:14