バレエ治療院|ダンサーの鍼灸治療,コンディショニング,バレエ解剖学講座,ジュニアのコンクール・留学準備,フィギュア・新体操ジュニアの昇級テスト対策,新宿,代々木|鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院、ダンサーのためのバレエ鍼灸、バレエ整体、コンディショニング、バレエ解剖学講座、バレエジュニア・フィギュア、新体操ジュニアのトレーニング。バレエ治療院鍼灸スペースあんじゅ@東京代々木

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ
[ソート] 投稿日順
1件中1件-1件

骨で踊ろう

ヴァリエーション 改良中 ②
現在、ヴァリエーションを改良中のジュニア。パは全部こなせていて、通しのビデオでも踊れているのは分かります。 けれど、本人的には、足りない。先生にも、もっと慌てない、余裕をもって、と言われる、...
2017/11/19 01:01:00

プロのダンサーも足首捻っています
足首の捻じれについて、記事を書きましたが、実は、ジュニアだけでなく、プロのダンサーや教師でも足首捻じれている人は少なくありません。というのも、フレックスがはまっているようで、ちゃんとした位置にはまって...
2017/11/17 10:55:00

ボディーイメージをクリアにするバレエの解剖学
レッスンでは、プリエやタンジュはしっかり教えてきましたが、意外とやっていなかったのが、腕と上半身でした。確かに、腕と体幹がつながると、しっかり脇がたちあがって、骨盤も立たせやすくなります。これからは、...
2017/11/01 10:54:00

ただいま、ヴァリエーション改良中 ①
現在ユースアメリカングランプリ日本予選真っ最中ですね。今年は、このコンクールに出るクライアントはいませんが、年末年始のコンクールに参加するジュニア達のヴァリエーションをブラッシュアップしています。&n...
2017/10/27 11:22:00

中足骨は大事だけど、、、、 【副題】バレエの解剖学をカラダの一部で考えるのは危険
解剖学を含め、いろいろ研究されている先生から質問されたのが、中足骨。『市川先生は、中足骨が大事と言ってましたが、5本ある中足骨の長さが揃っていないから、外側に体重が流れてしまうんですか?』と聞かれまし...
2017/10/20 13:23:00

何故、バレエで解剖学が求められるのか?
 中学生のクラスで、試したら、腕のラインを直すだけで、ピルエットアンデダンがクルッと回れるようになったんです。大人の方も、腕のラインを注意するようになってきたら、スクッとするようになってきて...
2017/10/06 11:05:00