バレエ治療院|ダンサーの鍼灸治療,コンディショニング,バレエ解剖学講座,ジュニアのコンクール・留学準備,フィギュア・新体操ジュニアの昇級テスト対策,新宿,代々木|鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院、ダンサーのためのバレエ鍼灸、バレエ整体、コンディショニング、バレエ解剖学講座、バレエジュニア・フィギュア、新体操ジュニアのトレーニング。バレエ治療院鍼灸スペースあんじゅ@東京代々木

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ
トップ > ニュース

スプリッツの左右差に潜んでいた意外な原因とは

[2018年08月21日]
左右開脚、スプリッツ、新体操やフィギュアだとバックルなど、脚を大きく開く動きで、初めから左右ぴったりそろってできるというケースは多くはありません。もちろん、関節にとても柔軟性があってどちらも楽という人もいますが、右利き左利きがあるようにどちらかがちょこっと苦手というのはよくあること。
 
ジュニアの場合、カラダにはまだまだ柔軟性があるので、しばらくがんばって続けていくと多くが克服できていくのですが、左右だけでなく上下のバランスが崩れていると苦手は方はいつまで経ってもできません。できないのが悔しいので踏ん張ってつづけてしまい、脊柱が大きく歪んだケースもあるのですが、よくよく診ると原因は脚や股関節だけにあるのではない、というケースもあります。
 
今回の原因は?
 
こちらからご覧ください。
 
スプリッツの左右差