バレエ治療院|ダンサーの鍼灸治療,コンディショニング,バレエ解剖学講座,ジュニアのコンクール・留学準備,フィギュア・新体操ジュニアの昇級テスト対策,新宿,代々木|鍼灸スペースあんじゅ

バレエ治療院、ダンサーのためのバレエ鍼灸、バレエ整体、コンディショニング、バレエ解剖学講座、バレエジュニア・フィギュア、新体操ジュニアのトレーニング。バレエ治療院鍼灸スペースあんじゅ@東京代々木

バレエ治療院,鍼灸・整体・ターンアウト改善・解剖学,渋谷区代々木,鍼灸スペースあんじゅ
トップ > ニュース

ポワントで立てないのは捻挫が原因なのか?

[2018年09月02日]
バレエシューズでは問題なく踊れていたのに、トウシューズになったら立てなくなった。
又、以前はポワントでも痛くなかったのに、いつの間にかアキレス腱周りが痛くて立ちにくい。
 
このような場合、以前に捻挫をしたことがあるからそれが原因、とは限りません。
 
一般的にケガをした後のカラダは修復されていくため、最初のケガから3年も経つのに捻挫が治らないのだとしたら、他の原因を推測する必要があります。
 
今回は、捻挫と言われたけれど、実際は違っていた症例をお伝えします。