東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

リフトの後、肋骨が痛い、深いカンブレで肋骨が痛い時

肋骨の痛み、治療、バレエ治療院あんじゅ
バレエの解剖学でも大切な肋骨。普段はあまり意識しない骨ですが、このくしゃみの反動でヒビがはいることもあるなど、繊細な構造をしています。

 

肋骨の骨は全部で12対。

 

肋骨が痛い、リフト、ダンス

 

 

 肋骨が痛い、リフト、ダンス

 

その内1番目から10番目までは真ん中の胸骨についている(正確に言うと胸骨に接続しているのは第7まで)なのですが、11番目と12番目は、浮肋といって胸骨には接続しておらず浮いています。

 

ただ、この浮肋以外に踊っていて痛める場合もあります。それは、リフトでの接触で思わぬ負荷がかる場合が多い。いずれにせよ、背中が柔らかい女性ダンサーには時々ここを痛める人がでます。

 

肋骨は痛めてもコルセットがしにくく、処置も少ない箇所であることが辛いところ。リフトやコンテンポラリーのコンタクトなどで接触した結果、軽い骨折やヒビがはいったり、肋骨の間の筋膜を痛めることもある。

 

バレエ鍼灸ではこの症状も治療可能です。捻挫や筋膜炎に効果の高いお灸のパワーが治癒を早めてくれます。

 

治療+α大切なのは、ポスチャー=姿勢。
最近のダンサーは色々なジャンルを踊るせいもあり、頭部からトルソー、骨盤までのラインが崩れやすかったりします。そこを見直すことで、挫傷後の回復もより早まります。

 

バレエ・ダンスのケガの治療、バレエ鍼灸、バレエ治療院あんじゅ

投稿者プロフィール

市川淑宥子(ようこ)
市川淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。