東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

バレエダンスの腰痛 Ⅱ 仙腸関節痛はなぜおきる?

バレエの姿勢づくり、バレエ治療院あんじゅ

では、
何故、バレエやダンスにおいて仙腸関節痛が起きるのでしょうか?

 

仙腸関節痛の考えられる原因

 

◯ターンアウトの間違い
◯オーバーユース

バレエ治療10年の臨床で、この二つに集約されると痛感しています。

ターンアウトの間違い
バレエにおいて股関節から脚を外旋させる=ターンアウトは我々日本人にとって本当に難しい。しっかり引き上げて股関節(ヒップソケット)から脚を外旋させていれば、それほど仙腸関節に負担はかかりませんが、それがうまくいかない時に、仙骨に負担がかかってしまいやすいのです。
では、海外のジュニアやプロのダンサーなら簡単にできるのか?というと、そうでないケースもあり、ジュニアのうちは5番ポジションではしっかりターンアウトしているのに、パのつなぎだったり、走って下手、上手へ移動するときなどを診ていおると、脚が縦になっている人は少なからず見られます。

オーバーユース
プロのダンサーでも仙腸関節痛をおこすことはあります。例えばディヴェロペでしっかり上半身を引き上げていれば、骨盤は安定した状態で必要な角度を保てるのですが、リハーサルが続いていたり、他の公演も重なっていたりすると、どうしてもコントロールが効かなくなってきて、腰にのっかってしまいやすくなってしまいます。その時負担がかかりやすいのが股関節とこの仙腸関節なのです。

 


ターンアウトの間違いがみられる状況
人間のカラダはバレエを踊るようにできるいるわけではないため、全てのパを脚を外旋してできるようになるには長〜い訓練が必要だ、ということなのですが、その過程で起きやすいのが、このような状態です。

◯無理にお尻に力を入れてポジションに立つ
◯仙骨を立てようとして、骨盤ごと動かしている
◯プリエをする度に、お尻が出ないように腰回りに力をいれる
◯上半身を固めてアンシェヌマンをこなしている

オーバーユースで診られる状況
トッププロであっても、又、バレエ教師でも、カラダのコントロールをキープできなくなる場合もあります。ホルモンバランスの乱れや、長時間の移動、又、特に最近多い、多方面に動くコンテンポラリー作品などの影響もあります。プロの場合、仙腸関節に痛みが出ている時、柔軟なカラダだからこそ、他の箇所にひずみがでていたりします。

◯骨盤・トルソーの歪み
◯一過性の側弯
◯大転子の落下
◯膝と足首の捻れ
仙腸関節痛を伴う腰痛になったケースでは、上のような状態が多くみられます。

では、バレエダンスでの仙腸関節痛、どうやって治療するか?に移ります。

投稿者プロフィール

市川 淑宥子(ようこ)
市川 淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。