東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

母趾が痛い その原因

母趾痛、外反母趾、長母趾屈筋腱炎、バレエ・ダンスのケガ、バレエ治療院あんじゅ

『足の親指の付け根が痛いのです』

 

足の一番大きな指が痛くなる症状として有名なのは、外反母趾です。外反母趾は遺伝でもなることがあります。

また、ハイヒールなど、靴による負担が原因になることも知られています。それ以外に、それぞれの指の形も関係があります。

Mさんのケースは外反母趾ではありませんでした。

付け根が痛いというので、診てみたところ、長母趾腱などに炎症は出ていません。音叉で腱の状態を確認しても痛みは出ません。

Mさんのケースは彼女の脚の形と関係がありました。

彼女の脚はダンサー脚と言われる、反張膝。理想的な脚と言われる反面、後ろ体重になりやすく膝もはいりやすいため、高いルルベをする時に指に負担がかかってしまっていました。

その証拠に、痛みが出ている反対側、つまりふくらはぎの奥が硬くなっているのです。この状態で踊っているため、いくら理想的な反張膝でもルルベをする時に母趾に負担がかかってきたのです。

母趾の付け根が痛いからと言って、甲側だけを診ていると見逃してしまいます。下腿のコリをしっかり解していくと膝のお皿がしっかり上に上がるようになり、ルルベでも母趾を押しにくくなっていきます。

足裏を強化したい時、ティッシュを指で持ち上げる、ボールエクササイズなどが有名ですが、エクササイズをしてもレッスンでそれが使えなければ意味がありません。大切なのは、足より上の上半身。

しっかり引き上げたところでタンジュを繰り返してみてください。足裏のトレーニングなら6番でも効果が出てきますよ。つまり痛みが出ているということは、引き上げが足りていない可能性があるということです。

炎症による痛みやケガはバレエ鍼灸でしっかりおさまりますが、大切なのは再び痛みを引き起こさないカラダづくりです。あんじゅでは、タンジュのコツもお伝えしています。

 

母趾痛、外反母趾、長母趾屈筋腱炎、バレエ・ダンスのケガ、バレエ治療院あんじゅ

 

 

 

 

投稿者プロフィール

市川 淑宥子(ようこ)
市川 淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。