東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

足首が痛い時 足首だけを診るだけでは足りない

足首痛とふくらはぎの関係、バレエ・ダンスのケガの治

足首が痛いといって来院するダンサーさんの中には、一年以上痛みを抱えている人もいます。レッスンやリハーサルを休めない、休みたくないなどの事情は解かりますが、そのままレッスンをしていても痛みが消えない場合は、やはり治療をいれることが大切です。

Kさんも一年抱えた痛みの末に来院した方です。痛みを感じるのは足首だといいますが、実際に炎症が出ているのは、長伸筋腱と伸筋支帯です。そして長趾伸筋が伸びている甲にも炎症が出ていました。

皮下にある炎症は湿布を張ってもなかなか治りにくいため、プリエをするたびにかばってレッスンをするようになっていきます。そのため、Kさんも膝下の筋肉がガチガチになっていて、それで一層足首に負担がかかりやすくなってしまっていたのです。

下部にある症状は、かばって踊り続けることで、足首から膝、そして股関節や腰などに影響を及ぼすこともあります。彼の場合は、まだ若いこともあり、大きな範囲には広がっていませんでしたが、一年も痛みを抱えているのはもったいないです。

炎症がある部分は施灸でしっかり治療した後は痛みがなくなります。加えて重要なのは、膝下の筋肉をしっかり緩めること。痛みを抱えて踊ってきたため、膝と足首にねじれが出ていました。腰から下のバランスを整えて、フレックスとポワントが楽にできるようになることは、=捻じれが減ってきていることです。

 

足首痛とふくらはぎの関係、バレエ・ダンスのケガの治

 

図にあるように、膝下の筋肉の殆どが足首の内側、外側を通ってゆびや足裏に向かっています。足裏が柔らかく使えなくなると、プリエの調子が悪くなり、膝や股関節に負担もかかりやすくなる。冷房が入って、中と外の気温差が出てくるこの時期は、ふくらはぎの肉離れの危険も出てきます。

小さな痛みでも、大丈夫とほっておかないこと、これも踊りを続けるためには大切です。

 

 

投稿者プロフィール

市川 淑宥子(ようこ)
市川 淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。