東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

カラダを立体的に見せるには バー・アスティエクラスで実践

バレエ解剖学+フロアバレエ講習会_2015_2、バレエ治療院あんじゅ

本日3日はグレーの曇り空でしたが、アスティエクラスの日でした。今日は、中学生・高校生のジュニアが3人参加していたこともあり、カラダを立体的に使って踊るエクササイズを組んでみました。

バー・アスティエでもバレエでも、ダンスはどうしても脚を開かなくてはいけないと思い込み過ぎていると逆に開くというよりも平面的なカラダになってしまいます。

バレエのアラベスクも同じです。脚だけで後ろに高く上げたいと頑張りすぎると、あの【アラベゴン】になってしまう。。。やりたいのはアラベスクなのに、カラダが開いて平面的になってしまいますよね。これと同じことがバー・アスティエでも言えるのです。

ではどうするか?

バー・アスティエには床に座ってのフェッテアラベスク、床に寝た状態でのフェッテアラベスクがあります。そのエクササイズで、平面的になるパターンと立体的に見えるパターンを見せ、解剖学的に分解・解説、一人ひとりのラインを直す、という手順でじっくり取り組みました。

ポイントは

1.上半身をしっかりキープシておくこと

2. 足趾(あしゆび)と足首のちからを抜くこと

です。

 

バレエ解剖学+フロアバレエ講習会_2015_2、バレエ治療院あんじゅ

 

(写真は2015年6月の芸術家のくすり箱イベントでおこなったフロアバレエと解剖学ワークショプです)

 

上半身のエクササイズは、前半の椅子のパートでたっぷり動かします。すると、腰が上がりやすくなるので、脚も動きやすくなるんですね。これは、バレエでも同じなのです。

 

さて、今年最後のアスティエクラスは来月12月1日日曜日です。

ピンときた方、ぜひご参加ください。

バー・アスティエクラス

 

投稿者プロフィール

市川 淑宥子(ようこ)
市川 淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。