東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

足の親指を動かす腱が炎症をおこし腫れている 症例ケース

バレエの甲、ポワント
バレエジュニアのお母さまから問い合わせをいただきました。

 

『整形外科にかかり、右のみ痛み止めの注射をしました。 親指を動かす腱が炎症をおこし腫れており まげのばしの時の腱のスライドがうまくいっていない状況とのこと。 タイミングをみて腱が動きやすくなるよう周辺の骨を削るという選択肢も提示されています。』と相談をいただきました。

 

痛みは足首とふくらはぎにあり、ポワントをはきはじめた頃から、少しあったそうです。
特に痛みが強くなった最近は、レッスンもお休みをしているし、整形での治療で痛み止めの注射もしたのに痛みがとれない状況で来院されました。

 

前回のアキレス腱と似ていますが、Yさんの痛みの原因はふくらはぎにありました。

 

かかとにも炎症が出ていましたが、アキレス腱の炎症はそれほど大きなものではなく、施灸は一度で痛みはなくなっていました。 ただ、ふくらはぎの奥には、まだとりきれない硬結が残っており、膝の内側、大腿骨の内側にはカチンコチンになっている。

 

そこで、ふくらはぎの内側には鍼灸治療、温熱療法、徒手療法を加え、最後に立つラインを確認してもらいました。

 

Yさんも、かかと体重で歩いており、膝をなるべく曲げないように、とでも言うかのように脚をつっぱらせて歩くのです。 これでは、ふくらはぎは常に外にひっぱられるので、痛みがへらないわけです。

 

整形外科は、腱の炎症がとれないなら、腱が付いている骨を削る、と言う方法を提示していましたが、腱の断裂や骨片を取り除く必要があるなど、必要でない限り、骨を削る手段は最終の最期だと考えます。

 

ジュニアのカラダは成長しており、筋肉や骨が発達していくことでカラダに対応性が生まれることが多々あるのです。 骨はカラダを支える大事な支柱。 特別な状況以外では、未だ可能性のある治療法を考えるのが大切と考えます。一度メスを入れたカラダの組織は二度と同じにはならないからです。 バレエジュニアの足首や膝の痛みで、お悩みの方はご相談ください。

 

バレエ・ダンスのケガの治療、バレエ鍼灸、バレエ治療院あんじゅ

 

 

 

>>>電話:090-9362-0080

 

 

 

バレエ治療 バレエ鍼灸

 

投稿者プロフィール

市川淑宥子(ようこ)
市川淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。