東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

コンクールの結果をお知らせいただきました

コンクールサポート、ターンアウト改善、バレエ治療院あんじゅ

今年初めらからバレエのジュニアのカラダづくりメニュー【ターンアウトアップ】を受けてきたMちゃん。小学生ながら、コツコツと自分のカラダを変えていくためのエクササイズに取り組んでいました。そのがんばりが、嬉しい結果に繋がりました。

 

2019年チャリティーバレエコンクール プレコンクールAで銅賞をいただいたそうです。おめでとう!!

 

最初のうちは、開脚も自分のカラダをどうコントロールしていくのかがつかみにくかったようですが、時間がかかってもいいのです。コツコツと続けていく先に、踊れて楽しい!が見えてくるのです。

 

ジュニアなので、結果につながらない時にはどうしても気持ちもダウンしがちなのですが、トレーニングでは、カラダの感覚を掴んでいく過程はしっかり診えていました。これまでのコツコツが実っての今回の結果。

 

先日のトレーニングでは、手と体幹がもっとつながってくると、ターンアウトもしやすい、と言う感覚が育ってきているのが診えました。これから、カラダはどんどん成長していくので、時にはバランスを崩したりということも起きるのが、ジュニアの女子。けれど、カラダが変わっても、ここで支えると安定するという感覚を掴んでいると迷いが減ってくるのです。来年のコンクールを目指している彼女をこれからもサポートしていきます。

 

あんじゅでは、開脚やターンアウト、膝の伸びやつま先で悩んでいるバレエジュニアのサポートを行っています。まず大切なのは、脚だけで開くのではなくターンアウトしやすくなる姿勢を育てること、です。

 

膝を上から押したり、つま先を固めて甲を出そうとしても、ターンアウトは完成しません。けれど、多くのジュニアが『つま先は固めてでも趾を伸ばさなくてはいけない』と思い込んでいます。その思い込みが逆に膝を固めされる原因になっていることを指導者の先生方には気づいてほしいと思います。
バレエジュニアのからだづくりはこちらから

 

 

バレエコンクール・留学サポート、バレエジュニアのからだづくり、バレエ治療院あんじゅ

投稿者プロフィール

市川 淑宥子(ようこ)
市川 淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。