東京都渋谷区代々木2-23-1-572
バレエ治療院あんじゅ
090-9362-0080
休診:金・日・祝

慢性的な疲れがとれてすっきりしました

バレエのための鍼灸治療、バレエ鍼灸

初めて受けた後の帰り、すごく目がスッキリして、満月のクレーターが鮮やかに見えたのが印象に残ったんです。その後、ステージの話がポンポンと続いてやっ てきて気が通ったのかしら。カラダだけじゃなくて心の準備もできた感じでステージで思う存分楽しめたんですよ。そうするとお客様の反応もすごくいいんで す。私の踊りはオリエンタルなので、オリエンタルな東洋哲学というところも心地良いです。

Yさま
慢性的な疲れと首肩のこり、目の疲れでいらっしゃったYさま。
初回受けた感想をいただきました~

 

バレエ鍼灸

 

 

>>>電話:090-9362-0080

 

投稿者プロフィール

市川淑宥子(ようこ)
市川淑宥子(ようこ)バレエ治療院あんじゅ院長
一般社団法人日本バレエワークアウト協会理事
バレエ解剖学講師/バー・アスティエ講師

2008年にこれまでになかったバレエ・ダンスのための鍼灸治療をバレエ鍼灸と命名、バレエ治療院あんじゅを四ッ谷にオープン。以来、国内外のダンサーの治療に当たる。

2013年NPO法人バー・アスティエ協会の講師資格を取得、2014年以降バレエの解剖学運動学に基づいたトレーニングメニューやフロアバレエクラスをスタート。

2019年『骨盤が立てばあなたの開脚は変わる』を出版し、バレエ・ダンス・表現スポーツに欠かせない開脚エクササイズを紹介している。